札幌 味の時計台 店主 志釜利行氏監修 みそ味

渡辺製麺の「札幌 味の時計台 店主 志釜利行氏監修 みそ味」を食べました!
近くのスーパーでやっていた北海道フェアで販売されていたカップ麺です!

「味の時計台」は北海道を中心に展開しているラーメン店ですね!

札幌 味の時計台 店主 志釜利行氏監修 みそ味

以前の「とかち麺工房」の商品はこの渡辺製麺に引き継がれています!
「氷結乾燥ノンフライ麺」という表現も「とかち」と同じですしね!

ただ、自分としては「とかち」の商品はやや苦手なのですよね;

麺もやや旧世代的で、なおかつ価格がかなり高めですからね!
特に以前の「末廣ラーメン本舗」が全く合わなかったですので;

でも今回は気になったので思い切って購入してみました!(`・ω・´)

札幌 味の時計台 店主 志釜利行氏監修 みそ味(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、レトルトかやくとなっています!
しかしこれだけ内容物が多いとたしかに高いのもわかりますね!

価格帯が高くても具が充実してたりすると不満もなくなりますしね!

レトルト具材はちゃんと2分ほど温めて、液体スープも湯煎しました!
液体スープの量が多いので、温めないとスープがかなり冷めますしね!

札幌 味の時計台 店主 志釜利行氏監修 みそ味(できあがり)

スープの量が多く見えますが、ちゃんと規定の量で作っています!
液体スープとレトルト具に入っているスープでかさが増すのですよね!

まずはスープですが・・・うん、まさしく札幌らしい味噌ラーメンですね!(●・ω・)

まろやかさのある味噌の香味野菜の旨味がしっかりとあって、
さらに多めの油脂によってパンチを強く打ち出しています!

この多めの油脂がいかにも札幌系の味噌ラーメンと言えますね!

ラードだけでなく植物油脂も入っているので重くはないですが、
それでも全体のまったりとした雰囲気はかなり高めてくれます!

ベースとなっているのは豚系に鶏も加えた動物系のスープですが、
そこに魚介や昆布の旨みも重ねることで風味に厚みを出しています!

以前の「末廣ラーメン本舗」では醤油一辺倒の味にやられましたが、
こちらは札幌味噌らしい風味になっていて不満はなかったです!(*゚ー゚)

スープの原材料は味噌、野菜ペースト、植物油脂、醤油、砂糖、
豚脂、ポークエキス、みりん、発酵調味料、チキンエキス、食塩、
かつおエキス、昆布エキス、香辛料という組み合わせになってます!

麺はやや太めで縮れのある「氷結乾燥ノンフライ麺」です!
湯戻し時間は4分ですが、4分だと明らかにゴリゴリしてますね!

なので、今回はわざとトッピングを整えるのに時間をかけましたが、
そうすると多加水麺らしいみずみずしさに軽くプリッとした食感と、
それを追いかけるようにこの麺らしい質感が軽くやってきたりと、
特に不満を感じさせられることもなく食べることができましたね!(=゚ω゚)

やはりこの麺は規定よりもけっこう長く待つのがいいのでしょう!
いっそ6~7分くらい標準で待ってみてもいいかもしれません!

麺の量は60gで、カロリーは571kcalとかなり高いです!
脂質は25.8gで、さすが札幌系の味噌だけあって高いですね!

レトルトのチャーシューによる部分もけっこうありそうですが!

麺の量は60gと少ないですが、別に不満は感じなかったのですよね!
食べごたえもありましたし、体感的にはもっと多く感じましたね!

具はレトルト具材のチャーシューとメンマ、スープの一部としてごま、
乾燥具材として茎わかめ、もやし、玉ねぎ、ネギが入っています!

高価格帯の商品だけあって、具の充実度は極めて高いですね!(*゚◇゚)

レトルトチャーシューはしっかりと煮込んだバラの煮豚で、
食べるとほろっとほどけるようなやわらかさを見せます!

いかにもレトルト的ですが、ちゃんと高級感は感じられますね!

枚数もけっこう入っているので、量に関しても不足感はないです!

メンマは優しい風味のやわらかい食感のものとなっています!
普通にスーパーで売られているメンマとほぼ同じ感じですね!

面白いのは茎わかめで、一見すると味噌ラーメンとは不釣合いですが、
これによって生まれる軽い磯の香りが意外とアクセントになっています!

玉ねぎも麺に絡むことで食感と風味にいい変化をつけてくれますね!

どちらも単体で食べるというよりは自然に麺と絡む感じです!

麺を長めに戻して、かつ味噌系のスープだったのが功を奏したのか、
これまでとは違って不満を感じることなく食べ進められましたね!

価格は高いものの、それに見合うだけの具材の充実度もありましたし!

いかにもお土産向けのカップ麺といった雰囲気ではありましたが、
ちゃんと札幌味噌らしさを楽しめる商品になっていましたね!

高めではあるものの、しっかりと楽しめる札幌味噌ラーメンでした!(゚x/)モキュッ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
ほほぉ〜、これは知りませんでした。
地域限定の通年商品なのでしょうか?

氷結乾燥ノンフライ麺は我が強いので
札幌味噌系との相性は良さそうですね!

> いっそ6~7分くらい標準で待ってみてもいいかもしれません!
そうそう、4分は明らかに設定ミスですよw
せめて5分と表記すべきですね。自分的には足りませんけどw

渡辺製麺のカップ麺は基本的に高価格帯ですが、
これは値段に見合った価値の感じられる製品みたいですね。

うんうん、こういう仕上がりなら好印象です。
巡り会えそうな確率が極めて低いことを除いて…w
自分もこの商品は初見ですね。
渡辺製麺さんはお土産的な限定カップもたくさん発売されておられるので
我々が知らない製品がたくさんありそうですね。

価格はやっぱり298円(別)ですか??
渡辺製麺さんの製品はハイエンド価格ばかりですが、
そのハイエンド製品の中でもかなり当たり外れがあるようですね・・・。

ビジュアルが高級感あってなかなかいいですね!
この製品のようにスープが美味しくて、
しっかりレトルト具材まで入っていれば価格に見合う内容だと思います。

しかし、作り方の表示で
「スープをフタの上で温める」
というのは止めてほしいですよね・・・ (^_^;)

スープ冷めてしまって、麺も半戻り・・・
美味しく食べれないだけなのですからマイナス効果があるのみです。

せめて「スープは別の容器のお湯につけて温めて下さい」とすべきです!
我々のように「湯煎しろ!」までは言いませんのでww
takaさん、こんにちは!

渡辺製麺って商品情報がネットにほとんどないので、
この商品の詳細もほとんどわからないのですよね;

ちなみにあの「利尻昆布ラーメン」と一緒に売ってました!
おそらく普段から北海道ではよく扱われているのでしょうね!(●・ω・)

比較的やわらかい麺が好きなtakaさんでなくても、
渡辺製麺の麺を規定時間で食べ始めるのは酷ですよね;

あえて長く待つことで不満も一気に取り除けますし、
これはもう思い切って長く待つのがいいのでしょうね!

スープ、かやくともにしっかりとしていましたし、
価格は高いもののけっこうな満足感は得られました!

レアな商品を買えたという希少価値もありましたし!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんにちは!

「利尻昆布ラーメン」が紹介されていたのを見て、
こちらも一緒に購入したのかなと思っていましたが、
売られていたのは「利尻」のほうだけだったのですね!(=゚ω゚)

渡辺製麺は商品ラインナップがほとんど不明なので、
こうしてたまたま見かけるしかないのが難しいですね!

価格は他のものと同じく298円ぐらいだったはずですよ!

渡辺製麺の商品って具がさみしいことも多いですが、
今回はレトルト具も充実していて内容は上々でした!

>「スープをフタの上で温める」
>というのは止めてほしいですよね・・・ (^_^;)

これはものすごくわかりますね!笑

渡辺製麺の液体スープって量がかなり多くなってるので、
フタの上で温めるだけだと十分に温かくならなくて、
スープを入れた瞬間に急速に冷めるでしょうからね;

しかもレトルト具も一緒にそうしてしまおうものなら、
あっという間にお湯の温度が常温化してしまいそうですし;

さすがに別容器にお湯ぐらいは用意しないとですね!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
初めまして、こんにちは。

いつも凄い内容の濃い素晴らしいレビュー、拝見させて頂いてます。

コチラはワタシも初めて見ました。

渡辺製麺さんの麺は本当に個性的ですものね。
でもワタシはとかちの時の初めて出会った時の衝撃が残っていて、個人的には好きなんですよ笑

コチラでも北海道フェアで出会えるといいなと思いました。

ものグラムさん、はじめまして!

「誰からコメントが来たのだろう」と思って見に来たら、
なんとものグラムさんということでビックリしました!(=゚ω゚)

ものグラムさんのブログもときどき覗かせていただいてます!

ものグラムさんというと、とにかく更新頻度がすごいですよね!

インスタント麺を食べている杯数という点では
カップ麺ブロガーの中でも断トツですよね!

この「味の時計台」のカップ麺、やはり相当レアなようですね!
このカップ麺を入荷してくれたスーパーに感謝しないとですね!笑

地方のインスタント麺って寒干しなど独創的な方法で
乾燥させられていることが多いので、こうした麺に出会うと
「地方のお土産」的な非日常感が楽しめるのはいいですよね!

このカップ麺はまさにそうした一杯といった感じでしたし!
ちなみに近くのスーパーでは早くも完売しておりました!(`・ω・´)

早速ですが、いい機会でしたのでリンクを貼らせていただきました!
またものグラムさんのブログのほうにもお伺いいたしますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.