6/6発売 スーパーカップ1.5倍 ポーク&ジンジャー味 タンメン

6/6発売のエースコックからの新作
「スーパーカップ1.5倍 ポーク&ジンジャー味 タンメン」
を食べました!

これも夏向け商品の一環という位置づけなのでしょうかね!(*゚ー゚)

6/6発売 スーパーカップ1.5倍 ポーク&ジンジャー味 タンメン

「爽やか塩スープ」とあるようにすっきり系みたいですね!

スーパーカップって全体的にジャンクな印象がありますが、
こうしたすっきりとしたスープにも意外と強いですしね!

6/6発売 スーパーカップ1.5倍 ポーク&ジンジャー味 タンメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、調味油となっています!
いたってオーソドックスな構成と言ってよさそうですね!

6/6発売 スーパーカップ1.5倍 ポーク&ジンジャー味 タンメン(できあがり)

タンメンというだけあって、野菜がどさっと入っています!

まずはスープですが・・・おっ、たしかに生姜が効いています!(●・ω・)

基本はやや白濁しながらも清湯寄りと言ったほうが近い豚スープに、
オニオンなどの香味野菜を効かせた王道のタンメンスープなのですが、
そこに生姜を強めに効かせることで清涼感がグッと高まっています!

その生姜も決して過剰さはなく、バランスを重視しつつ強めた感じで、
ピシッと一本筋の通ったタンメンスープとしての旨さを見せています!

でもって、ベースとなっている豚スープもちゃんと深みがありますし、
大味な印象を持たせないきちっと調ったスープとなっていますね!

また後入れの調味油は植物油脂がメインなので重さはないです!
あくまで野菜の旨みなどをプラスしてくれる役割ですね!

これなら普段スーパーカップを食べない人にも向いてそうですね!
すっきり系ながらも麺が多いことでちゃんと食べごたえもありますし!

スープの原材料は食塩、豚エキス、植物油脂、豚脂、砂糖、酵母エキス、
香辛料、オニオンパウダー、魚介エキス、発酵調味料となっています!

豚と香味野菜以外に魚介の旨みも軽く加えられているようですね!(=゚ω゚)

麺はスーパーカップとしては細めのカドメンが使われています!
断面の四角い表面のがっしりとした食感が特徴の油揚げ麺ですね!

カドメンというとがっしり感と強い力強い食感が特徴ですが、
今回は麺が細めなのでそこまで強さをアピールはしないですね!

むしろ細麺ながらも弱さを感じさせないという長所が光っていて、
カドメンの持っている良さを違う側面から感じさせてくれますね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは466kcalとなっています!
脂質は17.2gで、大盛系であることを考えると普通の数字ですね!

具はキャベツ、鶏・豚そぼろ、コーン、ねぎ、しょうがです!

具材のメインとなっているのは間違いなくキャベツですね!

量が多いことでタンメンらしさを上手く演出してくれてますし、
今回のスープとの相性についてもいいものを見せてくれてます!

コーンとねぎについてはそれほど多くは入っていないですが、
コーンはその甘みで時折いいアクセントとなってくれます!

そしてそぼろですが・・・今回はちゃんと味がありますよ!(`・ω・´)

このところ例のスポンジそぼろの登場頻度が下がってますね!
スカスカ感はなく、噛むとちゃんと肉らしい味が広がります!

そぼろが普通になるだけで具の満足度も大きく上がりますね!

そしてスープの表面をよく見ると小さな生姜が浮かんでいます!
これが口に入ることでふっとさわやかな風味が広がりますね!

タンメンとして押さえるべき点を押さえつつ、生姜で清涼感を出し、
カドメンの持つ良さも出し、肉そぼろの改良で具も充実させるなど、
スーパーカップの中でもとりわけ安心して手に取れる内容でした!(*゚◇゚)

全体的に好き嫌いが分かれなさそうなタイプの仕上がりでしたし、
タンメンを食べたいと思ったときには十分にオススメできますね!

スーパーカップらしさを上手く夏向けに生かしたタンメンでした!(゚x/)モキュー

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
自分はこのスープ、最初のポーク風味でダメかな??
ッて思いましたよ・・・ww
スープが殊の外スッキリだったので救われましたがね (^_^;)

でも生姜風味はもうちょっと利かせてほしかったですね~~。
そしたらもっとさわやかな製品になっていたと思います。

あとタンメンにしては味が濃すぎです。
これなら半分塩ラーって感じ。
せっかくレア種のタンメンテーマのカップだから
もっとスッキリ味してほしかったですね!

あと肉そぼろはまた改良版でしたね。
もうスーパーカップの肉そぼろは改良版がデフォになるのかな?
ほかの商品含め、そうあることを願いますww
たういさん、こんにちは!

おっと、ポーク風味でやられそうになったのは意外でしたね!
もしかすると豚系の清湯スープにも多少抵抗があるのかもですね!

油脂もそこまで強くないので食べやすい印象でしたが!(=゚ω゚)

生姜に関してはもっと強くしても良かったかもですね!

自分としてはけっこう強めに効いてると思いましたが、
食べ進めるうちにだんだんと慣れも出てきますからね!

タンメンとしては味が濃いめなのはたしかでしたね!
自分は塩系の濃いめは好きなので良かったのですが!

もう少し香味油で野菜の風味を強めても良かったかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
お、ちょうど今さっきパパのブログで
コメントを入れてきたところなんですけど、
記事を比較すると感想に歳の差が現れてますね(笑)

調味油の感じ方も違ったようですし、
生姜の主張に関してもイメージが異なるので、
続けて読めたことで得るものがあったような気がします。

そもそもタンメンって関西ではメジャーじゃないですよね?

自分の中には漠然としたイメージしかないので、
タンメンらしさの定義が少し曖昧だったりするんですよ(苦笑)

以前、日清食品の太麺堂々から出たタンメンが
調理感も強くて深く印象に残っているので、
カップ麺での基準になりつつあるのですが。

で、ひとつ気になったのが、調理後の完成写真。
珍しく分けずに真ん中寄せ集め系じゃないですか!笑
takaさん、こんにちは!

今回はたういさんとくっきりと感想が分かれましたね!

魚介系のスープや油脂の強いスープだとけっこうわかるのですが、
今回は似た感想になると思っていただけに驚きもありましたね!笑

たういさんは今回の沖縄そばのほうの感想にもあるように、
豚を強く打ち出したタイプの清湯は意外と苦手なのかもですね!

なので、豚清湯への耐性が感想を大きく分けそうに思いますね!(=゚ω゚)

>そもそもタンメンって関西ではメジャーじゃないですよね?

そうそう、基本的には関東の麺料理ですもんね!

おそらくたういさんの中ではもう少しあっさりとした塩清湯ベースで、
パンチが控えめで野菜の旨みの生きたスープという印象が強い気がします!

自分は逆にイメージがあまりなくて、塩系のスープに
野菜が入ってればまぁいいんじゃないかという感じなので、
パンチが強くても弱くても特に気にならなかったりします!笑

そのあたりは以前のちゃんこラーメンのときにも感想の違いに出てましたね!

>で、ひとつ気になったのが、調理後の完成写真。
>珍しく分けずに真ん中寄せ集め系じゃないですか!笑

最初は分けようかとも思ったのですが、分けた図を連想したとき、
「分けてもあまり意味がなさそう」と思ったのでまとめました!

タンメンのように具が多いものって分けにくいというのもありますが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.