6/20発売 カップヌードル BIG プーパッポンカレー

6/20発売の日清「カップヌードル BIG プーパッポンカレー」を食べました!

プーパッポンカレー・・・つい書き間違えそうになりますね!
間違えて「プーポッパンカレー」と書かないように注意します;

6/20発売 カップヌードル BIG プーパッポンカレー

このプーパッポンカレーはタイのカレーを使った料理の一つです!

プー=蟹、パッ=炒める、ポン=粉という意味だそうなので、
日本語にすると「蟹のカレー粉炒め」ということになりますね!

実際には蟹と卵をカレー粉で炒めた料理だそうなのですが、
名前には「卵」を表す言葉は含まれていないようですね!

写真には写ってないですが、実際は後入れオイルがついています!

6/20発売 カップヌードル BIG プーパッポンカレー(内容物)

蟹と卵の料理ということで、かにかまと卵が入っていますね!

蟹系のカップヌードルというと「チリクラブ」もありましたね!
「チリクラブ」はカレー要素がなかったので方向性は違ってますが!

6/20発売 カップヌードル BIG プーパッポンカレー(できあがり)

仕上げに後入れの調味油を振りかけると完成となります!
最近は調味油のついているカップヌードルBIGが増えましたね!

まずはその味ですが・・・おっ、これは思っていた以上に優しいですね!(●・ω・)

カレーらしいスパイス感はしっかりと感じ取ることができますが、
どろっとした濃厚系のカレーではなく、風味もサラリとしています!

そして、それと同時に目立つのはほんのりとした甘い風味ですね!

糖類による甘さと同時にココナッツミルクの甘さも少し加わり、
くどい感じではないものの、甘さが大きな特徴となっています!

ただ、マッサマンカレーのような強烈なココナッツミルクではなく、
あくまで甘みを生み出す一要素として軽く入っているだけですね!

なので、ココナッツミルクが好きでない人でもそこそこいけそうです!

そしてここに蟹の持っている旨味がけっこう強めに加わるのですが、
蟹の甲羅などによる甲殻類特有の香ばしさを前面に出すというよりも、
蟹の身の持っている自然な甘みと旨味がメインと言えそうですね!

後入れの調味油もそうした蟹の優しい旨みをサポートしています!(=゚ω゚)

味のイメージで言うと、かに玉から酸味を除いてカレー風味を加えた、
そんな感じで蟹の旨みと甘さが効いていると考えると近いかもですね!

なので、タイ料理とは言ってもそこまでエスニック感は強くはなく、
アジア系の香草の香りが得意でない人でも受け入れやすそうです!

ただ、カレーの持っているスパイス感はそこまで強くはないので、
スパイスの香りに関してはそれほど求めないほうがいいでしょうね!

スープの原材料は糖類、豚脂、植物油脂、小麦粉、香辛料、でん粉、
カレー粉、食塩、香味油、玉ねぎ、魚醤、えび醤、ココナッツミルク、
卵粉、魚介調味油、かにエキスという組み合わせになっています!

豚脂が中心なのは、いかにもカップヌードルのカレーらしいですね!(*゚◇゚)

麺はいつものカップヌードルカレーを思わせる麺となっています!

原材料の並びも同じですし、おそらくは全く同じ麺だと思われます!
普通のカップヌードルよりはいくぶん幅の広い麺となっていますね!

いつものように比較的食感がゆるみやすい麺ではあるのですが、
そうすることでスープと一体感を出したほうが今回は合いますね!

風味が優しく、ほんのりと甘みもあり、また軽くとろみもあるので、
スープを麺を包むような感覚が出てくるとなかなかいいのですよね!

麺の量は多めの80gで、カロリーは491kcalとけっこう高めです!
脂質は22.1gで、カップヌードルとしては高めの数字ですね!

もともとカップヌードルのカレー系は脂質がそこそこありますし、
今回は後入れ調味油の効果もあってやや高くなってるのでしょうね!

かといって、風味に重さを感じさせられることはなかったですが!

具はかにかま、卵、赤ピーマン、ねぎ、玉ねぎとなっています!

かにかまはあくまでかにを模しただけのものではあるのですが、
このスープと合わせるとかにらしさがちょっと増すのですよね!

なので、思っていたよりも効果的な存在になっていました!
麺の合間につまむとかにらしさをちゃんとプラスしてくれます!(*゚ー゚)

卵はかき玉系のやわらかいもので、普通につまんで食べるというより、
麺をすする際に自然と絡んできてまろやかさを加える感じですね!

もう少しぐらい入っていてくれるともっと良かったのですが、
この卵が加える丸みのある風味もなかなかいい仕事をしてました!

赤ピーマンは基本的に彩りを添えるための存在なのですが、
ちょっと酸味のある甘さがアクセントにもなっていますね!

玉ねぎはカップヌードルカレーに入っているものと全く同じで、
ときどき底から拾って食べるとなかなかおいしいのですよね!

もともとの料理が「カレーを使った炒め物」ということで、
スパイス感の主張はそれほど強いものではなかったのですが、
かにの旨みとともに優しい甘さとスパイスが融合する様は
これまでのカレーではなかなか味わえないものでしたね!

なおかつエスニック料理としてはかなり食べやすい仕上がりで、
インパクトは控えめながらも幅広く好まれる力を感じました!

まったりとした優しさを感じさせるカレーでございました!(゚x/)モキューン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
タイということでもっとスパイシーでまた香草が利いた感じかな?
と思っていたのですが、ぜんぜん違いました (^_^;)

自分はこのスープはけっこう気に入りましたよ!
ココナッツミルクインのスープってなんか甘くて好きじゃなかったのですが、
このスープは加減がちょうど自分に合っていました。

具にカニ身でも入っていたらメチャサプライズなのですが、
やはりコストの壁は大きいですね・・・、でもカニカマでも十分!
卵はちょっと柔らかすぎてばらけちゃうのが難点ですよね・・・。

最近はいろいろなカレー味のカップが各社から発売され、
幅広い味が楽しめるのがうれしいですよね!
こんにちわ~
 
自ブログのコメントにも書きましたが。。。
元々カレーてわけではなく。。。
カレー風味のおかず。。なんですよね~~~
それをカップヌードル風にアレンジしたものなんですよね。。
だから風味だけでかなり別物なんだと思いますが。。。
かに玉風なものをトッピングしたカンジでも面白いかも。。
そんなカップ麺はムズカシイのかしらん。。

カニカマが入ってますが。。。
カップ麺とかってカニのFDはできないんでしょうか。。
海老はあるけど。。。
カニの入ってるスープとかでもカニカマ。。ですよね。。
たういさんも書かれてますけど~~~
コストが上がっちゃうのかな。。。

プーパッポン。。
以前ヤマモリさんのレトルト(手を加えるタイプ)でいただきましたけど。。
もう忘れたし~~
また見つけたら買ってみよう。。
食べてみたくなりました!

ついでに。。。
カニのカレー。。。。(2012/05/01アップ)
カルディさんのレトルトのカニカレーはめっちゃカニです(笑)
機会があれば是非。。。

たういさん、こんにちは!

エスニック系のカレーということで鋭い感覚と
かにの風味が合わさったようなものかと思いきや、
実際にはほんのり甘めで優しい風味でしたよね!

ガーリックなども効いてはいましたがきつさはなく、
ココナッツミルクも強烈な感じではなかったですし、
全体的にあまり人を選ばない味という印象でしたね!(●・ω・)

それでいて、かにの風味もきっちりと感じられましたし、
なおかつかにの甘さとスープの甘さがマッチしていたので、
そういう点でもまとまりの良さを感じさせてくれましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まうさん、こんにちは!

マッサマンカレーなどはカレーそのものでしたが、
今回のプーパッポンカレーはちょっと違うのですよね!

カレーではなく、カレーを使った炒め物がモデルですもんね!(=゚ω゚)

それゆえに味の比較とか再現度をはかるのは難しそうですね!
スープとして食べるか、卵料理として食べるかだけで違ってきますしね!

かに玉的な具材も技術的には可能な感じはしてきますよね!
でも、どうしてもかき卵的な路線に走るケースが多いですが!

どうしてもコスト面で壁ができてしまうのかもしれないですね!

かに身はわたりがにのほぐし身とかだと可能な気もしますが、
一番のネックは海老と違って身がばらけてしまう点でしょうね!

形の整ったものにしようとするとコストが跳ね上がりますし、
ほぐし身を成形する技術がどう発達してくるが鍵になりそうですね!(●・ω・)

ちゃんとした卵料理としてのプーパッポンは完全に未体験ですし、
一度タイ料理屋さんなどで食べてみたくはなってきますね!

>カニのカレー。。。。(2012/05/01アップ)
>カルディさんのレトルトのカニカレーはめっちゃカニです(笑)
http://karesuki1122.blog.fc2.com/blog-entry-303.html

こちらの記事ですね!
このカレーは今まで見た記憶がないですね;

最近レトルトカレーはLEEばかりでマンネリ化してるので、
見つけられたら迷わず購入してみようかと思います!(`・ω・´)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ほんとに色んなカレーがあるんだなぁ…
って、カップ麺から学ぶ機会が多いですww

とくに最近のカップヌードルビッグは
世界の料理がテーマになってますからね!

今回かなり優しい路線みたいなので
期待値を調整しとかないと肩透かしを
喰らうかも…みたいな雰囲気を感じました(苦笑)

カップヌードルのカレーは
いつも豚脂の含有量が多いですよね!

でも豚骨の時に感じる豚脂とは役割が違うというか、
同じ原材料なのに不思議だなー、って漠然と(笑)

優しくてバランス型の甘口カレー風味として食べてみます!
takaさん、こんにちは!

カレーもそうですし、エスニック料理に関しても
カップ麺から教えてもらう機会が多いですよね!

特に「カップヌードル」と「世界のグル麺」には感謝です!(=゚ω゚)

最近はカップヌードルビッグに独自性が出てますよね!
このところは世界の料理路線に特化しつつありますし!

今回はおいしさそのものに期待するというよりは、
「蟹+卵+甘み」といった構図から味をイメージして、
その答え合わせをする感じで食べるのがいいかもですね!

カップヌードルカレーって、豚脂が多いにもかかわらず、
食べていて「ラードが強いな」とは別に思わないのですよね!

スパイスは油脂に対して風味が出やすいとよく言われているので、
スパイスの風味を溶け込ませる媒体として使っているのでしょうね!

それゆえにそれほど豚脂らしさを感じないのかもです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.