6/21発売 ブタメン BIG とんこつ

6/21発売のセブン&I限定の「ブタメン BIG とんこつ」を食べました!

「ブタメン」というと、あの「ベビースター」で有名な
おやつカンパニーが出している駄菓子的なカップ麺ですね!

それがエースコックの共同開発という形でBIG版として登場しました!

6/21発売 ブタメン BIG とんこつ

「ブタメンをBIGにしてどうするんだ」という気もしますが・・・;

おやつカンパニーというと、「松田産業」という名前だった時代に
「味付中華めん」というインスタント麺をチキンラーメンよりも早く
発売していたことでも知られるなど、即席麺とは縁が深いのですよね!

6/21発売 ブタメン BIG とんこつ(内容物)

ええっと・・・麺以外は粉末スープとごましか入っていません;

もともとの「ブタメン」も具(?)は白ごまだけなのですが、
このBIGバージョンもごま以外の具は一切入ってないようです;

潔いというか何と言うか、ちょっと不安にもなってきますね(;゚ω゚)

6/21発売 ブタメン BIG とんこつ(できあがり)

いつもだったら具材を整えてから写真を撮るのですが、
今回は整える具材すらないという斬新な形になりました!

まずはその味ですが・・・あぁ、これは実にレトロですね!(●・ω・)

ベースのスープは豚骨なのですが、本格的な豚骨ではなく、
完全にスナック的で、なおかつラードで押すわけでもなく、
スナック感と軽いまろやかさのカップ麺的な豚骨そのものです!

ただ、面白いのはここに味付麺が合わされているところなのですよね!

この麺には醤油や動物系エキスが練りこまれていることで、
食べると焦がし醤油的な香ばしさなどがけっこうやってきます!

麺の風味はチキンラーメンはもちろんカップスターよりも弱めですが、
それでも麺を食べるとちゃんと風味が感じられるぐらいの強さはあります!

また、この麺の風味がスープのほうにも影響を与えるのですよね!

それによって、ベースこそシンプルなカップ麺的な豚骨ながらも、
焦がし醤油や揚げた肉のような香ばしさがふんわりと加わって、
チープでレトロながらも意外とクセになる風味に仕上がっています!

スナック的なスープと味付麺という組み合わせはいかにも旧世代的で、
「数十年前ぐらいのカップ麺はこんな感じだったのかな」と思わせますが、
それが逆に今ではなかなか味わえないスープとなってるのも確かです!

単にチープなだけでなかったのは、今回の大きな収穫でしたね!(*゚◇゚)

ちなみに「ブタメン」が発売されたのは1993年とそこまで古くなく、
駄菓子系カップ麺の中では比較的新しい部類に入るのかもですね!

「ブタメン」以前にも駄菓子屋向けカップ麺はいくつかありましたし!

スープの原材料を今回のBIG版とオリジナル版で比較してみます!

(BIG版)
食塩、植物油脂、ポークエキスパウダー、デキストリン、糖類、しょうゆ、
オニオンパウダー、香辛料、チキンパウダー、香味油、全卵粉

(オリジナル版)
食塩、ポークエキスパウダー、植物油脂、デキストリン、ぶどう糖、ごま、
香辛料、粉末しょうゆ、精製加工油脂、乳糖、チキンパウダー、香味油

順序に一定の違いはありますが、内容はかなり近くなってますね!

ごまの有無の違いはBIG版ではごまがかやくの欄に書かれてるからです!

なので、大きな違いはBIG版のオニオンパウダーぐらいでしょうね!
エースコックはオニオンパウダーをよく使うという傾向がありますので!(*゚ー゚)

麺は中細ぐらいで、ややしっかりとした食感の油揚げ麺です!

味付麺ですが、チキンラーメンに比べると食感は緩みにくく、
それなりにプリッとした食感を楽しめる麺となっています!

麺の原材料もこのBIG版とオリジナル版で比較してみます!

(BIG版)
小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、鶏・豚エキス、砂糖、野菜エキス

(オリジナル版)
小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、砂糖、たんぱく加水分解物、
ポークエキス、卵白、ポークエキスパウダー

オリジナル版には醤油や塩以外はポーク系のみなのに対して、
BIG版は鶏や野菜なども入ってより幅広い構成となっています!

また、オリジナル版の麺には卵白が練りこまれていますね!

このラーメンは麺からの風味も全体に影響を与えているので、
印象の違いが出るとしたら麺による部分が大きいでしょうね!

麺の量は78gで、カロリーは368kcalとなっています!
脂質は11.6gで、麺量を考えるとけっこう低い数字ですね!

調味油も具材も入ってないからというのが最大の理由でしょうけども!

具はごまのみで、これも具というよりは味付の一部に近いですね(;・ω・)

このカップ麺で最大のネックになるのはこの具がないという点で、
それゆえに生じる単調さを気にしないでいられるかでしょうね!

自分は袋麺を具なしで作ってしまうことが多いタイプなので、
カップ麺が具なしでもそれほど気にはならなかったのですよね!

なので、袋麺を具なしで作って食べても平気な人は大丈夫でしょうし、
そうでない場合は後半にかけてどんどん飽きが来てしまうでしょうね!

そしてもう一つネックなのは、コストパフォーマンスが良くない点ですね!

自分はスーパー(イトーヨーカドー)で買ったのでまだマシでしたが、
具なしのカップ麺で100円台後半というのはちょっと高いですからね;

普通に考えれば120~130円ぐらいでないと厳しい内容ですからね!

ただ、レトロな風味の中に新しい発見などもあったりしましたし、
これはこれで面白い商品であることは間違いはないのですけども!

まさかこのカップ麺がBIG化するとはと思わせてくれた一杯でした!(゚x/)モッキー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
食べ比べした感じでは、
ビジュアルは違うものの
スープの味はほぼ同じように感じました。
反面、麺は太さも色も食感もけっこう違いました。

でも食べ比べるマニアなんてごく少数ですから、
全体的にほぼ同じでしっかりBIGカップに移植されていると思います。

しかしおっしゃるように割高ですよね、これ・・・。
まぁオリジナル版が37gで70円前後、
このBIG版が87gで187円で
1gあたり価格も高いし、やはりかなり割高感あります。

まぁ、とにかくこの麺量を具なしで食べるのはとにかく単調 (^_^;)
自分はトッピングは必須ですね・・・。

もし次も出るならぜひレギュラーカップでお願いしたいです。
たういさん、こんにちは!

たういさんを記事によると、麺は色が特に違ってましたね!
でもって、やっぱり食感も大きく違っていたのですね!

こちらはどうしても麺量が多くて後半に食感が緩むので、
それを考慮してややしっかり目の食感にしたのかもですね!(=゚ω゚)

このカップ麺の弱点はやっぱりコスパですよね!
実は最初購入する際にそれで少し躊躇しましたし;

オリジナル版のほうもけっこう価格は高めですし、
それにともなってかBIG版も高かったですからね;

どうしても具なしのせいで高く感じてはしまいますね!

あとはこの単調さにどれくらい耐えられるかですね!笑
具なし袋麺に慣れている自分はけっこう平気でしたが!

適切な麺量はおそらくは55~65gぐらいという感じがしますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
> 「ブタメンをBIGにしてどうするんだ」
見付けた時に全く同じことを思いましたw

あれは、あのサイズだからこそ
美味しいのではないのか…って(笑)

ほぼ実直にサイズアップしたような
仕上がりになっているようですね!

ある意味、再現カップ麺? としては
理想的な仕上がりとも言えますけど、
カップ麺(1食)としての弱みは感じてしまいますね。

特に具材が胡麻のみという部分ですが、
(ブタメンに何の具材を…って気もしますけどw)
キャベツくらい入っててもよかったかなー、って。

まぁ自分も袋麺は素でイケるので、
そういった意味では意外と平気かもしれませんが、
やはりカップ麺は具材デフォのメリットが大きいですし…w
takaさん、こんにちは!

最初にイトーヨーカドーでこれを見かけたときは、
「・・・えっ?」というのが率直な感想でしたしね!

何かのギャグというか、一種のツッコミ待ちかと思いましたし!笑

たういさんの比較によると、麺に多少違いがあるのを除けば、
ノーマル版の「ブタメン」に極めて近い内容みたいですね!

「具まで真似しなくていいだろう」と思わなくもないですが!(゚◇゚)

具なし78gは自分としては平気なレベルではありますが、
購入した大半の人はさすがに後半は飽きるでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.