綿麺 フライデーナイト Part112 (16/6/24) とりくんつけ麺 2016

6月第4週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!

この日はあいにくの雨だったのですが、行きと帰りの時間帯は
ちょうど雨が止んでくれていたので非常に助かりましたね!

かさは持って行きましたが、最後まで使わずに済みましたし!

さて、今回の限定は「とりくんつけ麺 2016」とのことです!(`・ω・´)

この名前の限定は2013年最後のフライデーナイトにも登場しましたね!
「鶏の燻製つけ麺」ということで「とりくんつけ麺」となっています!

ただし、今回はこれまでの「とりくんつけ麺」とは大きく違います!

6月第2週の「鶏醤油ラーメン」と同様に親鶏が使われてるのですよね!
今回も親鶏使用で来るとは実は予想してなかったのですよね!

「とりくんつけ麺」はトッピングの燻製鶏肉も主役の一つなのですが、
そこに肉質が硬めの親鶏を採用するのは難しいと予想してましたので!

しかしこうして親鶏を使った「とりくんつけ麺」が来るということは、
親鶏を旨く食べさせる方法を編み出したということなのでしょうね!

今回はその燻製親鶏の旨さに期待しながら食べてみようと思います!

さて、厨房を眺めているとご主人が包丁を研いでいたのですよね!

そしてその研いだ包丁で鶏肉らしきものを薄くスライスしていました!
なるほど、親鶏の肉質に負けないよう事前に研いでいたのですね!

綿麺 フライデーナイト Part112 (16/6/24) とりくんつけ麺 2016

おぉ、親鶏の燻製肉が2種類に、さらに卵も標準で1個分ついてますね!

まずは麺からですが・・・フライデーナイトらしいむっちり麺ですね!(●・ω・)

今回の安心のクオリティで、噛んだときのむちっとした質感と
ほどよく力強い押し返し、ほんのりと甘みのある小麦の風味と、
麺単体でもおいしく、どんなつけ汁とも合う万能性が魅力です!

フライデーナイトでこの麺に出会うのはつけ麺が最も多いのですが、
まぜそばなどの汁なし系のメニューにも抜群に合うのですよね!

他にもソース焼そばなど、麺の旨さが楽しめる料理にはよく合います!

そしてつけ汁ですが・・・おおっ、これはいい燻製の風味がありますね!(*・ω・)

つけ汁のベースは親鶏を使ったコクの深い鶏のスープで、
そこに魚介の旨みや酸味による引き締め効果などが加わり、
燻製による深みのある香ばしさがビシッとやってきます!

普段の綿麺の鶏スープは若鶏の丸鶏を使うことが多いはずですが、
今回は親鶏ならではの深みがつけ汁にもしっかりと生きてますね!

このところいろんなお店で親鶏のスープを味わう機会を得てますが、
若鶏と比べても鶏ならではの風味がギュッと詰まってるのですよね!

肉質が硬めということで扱いの難しさのある素材なのですが、
それでも使われる意義があることがはっきり伝わってきますね!

つけ汁にはダイス状にカットされたバラチャーシューに焼きねぎ、
そして燻製された親鶏の皮が細かくカットされて入っています!

この皮は具材としてだけでなく、燻製の香りを移す効果も見せてますね!

具材としてもコリコリッとした親鶏の皮ならではの食感が楽しめます!
どうも自分は皮に関しては若鶏よりも親鶏のほうが好みのようですね!

このコリコリとした小気味いい食感はクセになるものがあります!(=゚ω゚)

ただ、燻製の香りはこの鶏皮によるものだけではなさそうです!
おそらく燻製の香りを含んだ油などが入ってるように思いました!

後半よりも食べ始めのほうが燻製の香りを強く感じましたし、
作る際にフライパンに入っている液体を少し加えていたので、
それがこの力強い燻製の香りを与えていたのではないですかね!

それによって、麺をつけてすすると燻製の香りが一気にやって来て、
それが鶏の旨みと一体となって口の中にふわっと広がるのですよね!

この香りの力強さは2013年の「とりくんつけ麺」より遥かに強く、
ガンガン攻めの姿勢を取る今年の綿麺を象徴していましたね!

ほんと今年のフライデーナイトは例年以上の驚きと旨さがあります!

綿麺 フライデーナイト Part112 (16/6/24) とりくんつけ麺 2016(麺とトッピングのアップ)

そして今回の大きな主役がこの燻製の親鶏をはじめとした具材です!

一番左は脂がないので胸肉かささみあたりの燻製でしょうね!

そして、この燻製はちょっとたまらないものがありましたね!(●・ω・)

本当に完成され尽くしてると言えるほどの上質なスモークチキンで、
燻製することで硬さが抜け、スッと噛み切れるやわらかさに持ちつつ、
親鶏ならではの肉の旨みと燻製の香りが一体となってやってきます!

親鶏の肉をおいしく食べる方法をいろいろと模索していく中で、
燻製することで旨味と食感を両立されることが見えたのでしょうね!

この燻製親鶏のレベルの高さには大きくうならされましたね!

自分はアルコールは飲まないのですが、お酒好きの人なら
お酒のお供にこのスモークチキンを食べると最高でしょうね!

そして中央にあるのは脂身も少しある部位の燻製となっています!

もう一つの燻製がスッと噛み切れるタイプの燻製肉だったのに対し、
こちらはもっちり感とコリッとした感触が合わさったような食感で、
親鶏らしい噛みしめることで広がる旨味と燻製の香りが楽しめます!

ちゃんと2種類の燻製で食感や特徴をはっきりと変えてきてますね!

このコリッとした食感は貝類の燻製あたりと通じるところもあって、
その食感と親鶏の旨味と燻製の香りが楽しめる仕上がりとなってます!

そして一番右の卵ですが・・・こちらも燻製の卵なのですよね!(`・ω・)+

3年前の「とりくんつけ麺」では燻製卵は数量限定のサイドメニューで、
それがものすごくおいしくて今回も食べたいと思ってたのですよね!

ただ今回はサイドメニューとしてその燻製卵が書かれてなかったので、
「今回はないのかな」と思っていたら、標準でついてきてくれました!

この燻製卵は自分がこれまで食べた味玉の中で最も好きなもので、
表面の燻製の香りもさることながら、食べたときに卵黄から広がる
スモークチーズのようなまろやかで香ばしい旨味が最高なのですよね!

その燻製卵に再び出会えたのは自分としては非常にうれしかったですね!

今回はカウンターに綿麺夫妻の息子さんが修学旅行で買ってきた
高級な七味が置いてあったので、それを燻製肉に少しかけてみると、
軽い辛味と七味のさわやかな風味でよりその旨さが増しましたね!

ただ、自分も含めてみんな「飾り物かなぁ」と勘違いしていたので、
食べ終わりのあたりまで見るだけで使ってなかったりしましたが!(*゚◇゚)

親鶏ならではの旨味のギュッとつまったスープもさることながら、
「親鶏の身をその旨味を生かしつつ、いかにおいしく食べるか」
という点が燻製という形で見事に結実していたのが見事でしたね!

これほどまでにおいしく食べられるのかと感嘆させられました!

スープに燻製肉と、親鶏の旨さをとことん堪能できるつけ麺でした!(゚x/)モキリュー

[メニュー]
綿麺 券売機

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.