6/27発売 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛

6/27発売の明星「麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛」を食べました!

「麺屋こころ」は台湾まぜそばの元祖である「麺屋はなび」の
流れを汲むお店で、現在は東京などを中心に展開されています!

少し前にその「麺屋こころ」監修の「台湾まぜそば」が出ましたが、
それに続いて監修商品として「台湾ラーメン」も発売されました!(*゚ー゚)

6/27発売 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛

商品名などがずいぶんと斜めになっているのが気になりますね!

また「魚介のきいた」という表現がちょっと珍しいですね!
台湾ラーメンで魚介というのはあまりポピュラーでないですし!

6/27発売 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛(内容物)

内容物は粉末スープ、液体スープ、後入れかやくとなっています!
ダイスミンチはあらかじめカップの中へと入れられています!

6/27発売 麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛(できあがり)

肉具材にニラに輪切り唐辛子と、台湾ラーメンらしさは出てますね!

まずはスープですが・・・おぉ、たしかに魚介が効いてますね!(●・ω・)

液体スープに入った調味油による豚脂の風味も強いですが、
魚介による旨味もそれに負けないぐらいの比重を占めています!

また、ベースの豚系スープはそれほど濃厚というわけではなく、
動物系の要素に関してはラードが担っている面が強いですね!

特に粉末スープだけを入れた状態でスープを少し飲んでみると、
動物系の風味よりも魚介の旨味のほうが先にやってきますしね!

大盛仕様ということもあって、それなりのヘヴィさもありますが、
それでも魚介が入ることで食べやすい台湾ラーメンになってます!

自分は台湾ラーメンはある程度シャープなぐらいが好きなのですが、
こちらはそのシャープさを魚介が少なからず緩和しているので、
台湾ラーメンの鋭さがやや苦手な人でも手を出しやすいですね!

辛さはほどほどなので、辛いものが苦手な人でもいけるでしょう!(=゚ω゚)

スープの原材料はラード、食塩、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、
香味油、かつおぶし粉末、香味調味料、酵母エキス、植物油脂などです!

これを見ると、液体スープに含まれていた油脂は大半はラードのようですね!
ラードに辛味付けをしてラー油風にしたものと見て良さそうな感じです!

この前半のラードの重さはちょっと人を選ぶ面もあるかもですね!

麺はごく普通の中細ぐらいの油揚げ麺となっています!

食感もどちらかと言えばゆるめで、スナック感は意外と強いです!

スープの個性が強いので麺勝ちしているという印象はないですが、
このタイプの麺が大盛になると後半に飽きがきやすいかもです!

できればもう少し硬めでスナック感が弱めのほうが良かったかもです!
なので、規定の時間よりもちょっと早めに食べ始めてもいいでしょう!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは531kcalとなっています!
脂質は24.5gで、具の効果もあってかけっこう高くなってます!

具は豚ダイスミンチに後入れのニラ、ねぎ、にんにく、輪切り唐辛子です!

ニラは後入れにしたほうが食感などは良かったりするのですよね!
先入れだと戻りすぎて食感がクタクタになってしまいがちですし!(*゚◇゚)

効果的なのがにんにくで、最初はフライドガーリックらしさが出て、
後半はスープを吸って刻みにんにくのような雰囲気が強まります!

台湾ラーメンに必要な要素はきちんと押さえられていますね!

ダイスミンチは台湾ラーメンらしいかと言えば疑問はありますが、
それでも量も多く、そのワイルドな風味はスープに合ってますし、
このラーメンの持つ野生的な部分を上手く強調してくれています!

魚介の効いた台湾ラーメンはエースコックの「にたく」もありましたが、
それに比べると魚介に過剰さを感じない調和の取れた内容でしたね!

ラードが強めで油揚げ麺ということでワイルドさも強めでありながら、
魚介が入ることで食べやすさもあるというバランスになっています!

自分としてはより正統派かつ本格派路線の寿がきや版が好きでしたが、
こちらもまた違ったタイプの台湾ラーメンとしての良さを見せてますね!

ワイルドかつ食べやすく仕上げられた台湾ラーメンでございました!(゚x/)モキューン

【関連記事】
麺屋こころ監修 台湾ラーメン 大盛
麺屋こころ監修 台湾まぜそば 大盛
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これはたしかにスナック感強い台湾ラーメンでしたね!
麺がそうさせている部分がかなり大きい感じですが、
この麺は自分は嫌いじゃなかったので、
全体が最後まで美味しくいただけました!

ニンニクチップはひじょうに効果的でよかったと思います。
こういう細かいほうが全体に行き渡って今回はよかった!

しかし、おっしゃるように台湾ラーメンとしてのスープの味は
やっぱり寿がきやのノンフライ麺バージョンが抜きん出ていると思います。
あのスープの美味しさはとにかくヤバかった!
たういさん、こんにちは!

台湾ラーメンという点こそ同じではありながらも、
寿がきやが見せたスタイルとはかなり違ってましたね!

台湾ラーメンらしいシャープさと油脂感を上手くバランスし、
麺や具材も含めて本格派路線を徹底した寿がきやに対して、
こちらはダイスミンチに油揚げ麺によってカップ麺らしさがあり、
なおかつスープも魚介が入るなどアレンジされてましたからね!

時間が経つにつれて存在感の増すにんにくは良かったですね!
方向性は違いつつも、こちらはこちらで面白い台湾でした!(●・ω・)

寿がきやに関しては当分は台湾系1位の座は譲らないでしょうね!
あれだけ全ての要素をバランスよくまとめたのはなかなかないです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
こんにちは!

これは楽しみです☆

最近は台湾ラーメンのカップが本当にたくさん出てますよね!

というか、カップ以外でも本当にたくさん出てます。

今年はまぜそばもそうですし、ブーム的なものがあるのかな?と思いました。

ちょっと先ですが笑、楽しみに頂きたいと思います☆
ものっさん、こんにちは!

やはり昨今の流れは2年ぐらい前から始まった
「台湾まぜそば」ブームが非常に大きいでしょうね!

まだ数年前ぐらいまでは大阪でも一部の人しか知らなかったですが、
今では名古屋以外の地域でも誰もが知る存在になりましたからね!

そしてその流れで「台湾ラーメン」の注目度も上がって、
こうしてカップ麺がたくさん出てきたのでしょうね!(●・ω・)

「台湾まぜそば」はチルド麺でもよく出てますよね!
この「麺屋こころ」監修商品が日清から出ていますし!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
かーとさんと同じくエースコックの「にたく」で
台湾ラーメン+魚粉に違和感を抱いてしまったのですが、
今回は魚介の主張も比較的ネガティブではないみたいですね。

自分も方向性としては寿がきや食品の方が
好みに合いそうな雰囲気を感じたんですけど
これはこれで割り切って楽しみたいと思います!

にしても1ヶ月先に同じ店の監修商品を
2品レギュラーサイズ化して再販するとは…w

これ記事にしたら、そっちはスルーですね(笑)
takaさん、こんにちは!

「にたく」の魚粉はもともと台湾まぜそば向けに
量を調整したものなので、台湾ラーメンに使うには
ちょっと過剰だったきらいがありましたからね!

それに対して、こちらはちゃんと台湾ラーメン向けに
魚介が加えられていたので特に問題はなかったです!

ただ、方向性としては寿がきやのほうが好きではありますが!(●・ω・)

全体的にはすごく明星らしいジャンクさがあるというか、
「一平ちゃん」に通じる野性味がけっこうありましたね!

>にしても1ヶ月先に同じ店の監修商品を
>2品レギュラーサイズ化して再販するとは…w

これはちょっと突っ込みたくなりましたね!

明星はもともと一平ちゃんの焼そばなどで
こうした販売形態を取ることがありますが!

さすがにこれは自分もスルーするでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.