8/1発売 富山ブラック

8/1発売の東洋水産「富山ブラック」を食べました!
あまりにも潔いネーミングのカップ麺ですね!(*゚ー゚)

8/1発売 富山ブラック

「富山ブラック」というと、塩分濃度の高い黒醤油スープに
ガツンと効かせられた黒胡椒がキーとなるラーメンですね!

注意書きに「大変塩辛いラーメン」と書かれていますし、
かなり忠実に富山ブラックを再現してきたのでしょうね!

8/1発売 富山ブラック(内容物)

内容物はかやく2袋と後入れ粉末スープ、液体スープです!
手前に見えているかやくの袋は白ねぎのFDブロックですね!

8/1発売 富山ブラック(できあがり)

ちょっと麺や具材が沈んでしまったビジュアルになりましたが、
具材は白ねぎを中心に量もけっこうたくさん入っていますね!

まずはスープですが・・・おぉ、これはたしかに塩辛いです!(`・ω・)+

特に具材だけを食べたときにその塩分濃度がわかりますね!
お湯を少し多めに入れたのですが、それでもかなりのものです!

とはいえ、富山ブラックはこうした塩分濃度も魅力の一つなので、
これといってネガティブな印象は受けない塩辛さなのですよね!

ベースは豚系のスープで、そこにやや少なめの豚脂が加えられ、
黒醤油系のタレによって醤油の主張をピシッと立てています!

黒醤油系のスープの中でもとりわけシャープと言える路線ですが、
生姜は特に強くないので抜けの強さみたいなものはそれほどなく、
その攻撃性をシンプルに感じ取ることができるスープになっています!

そしてもう一つの特徴の黒胡椒ですが、たしかにけっこう効いてますね!(●・ω・)

ただ富山ブラックとしては、むしろ控えめと言っていいかもです!

なので、胡椒の刺激が好きでない人にも食べやすくはなってますが、
逆に胡椒の刺激を求めるとやや物足りなく感じてしまうかもですね!

自分としては胡椒に関してはもっと強烈に効かせてほしかったですね!

ただ、胡椒に関しては自宅にあるものを加えてしまえばいいですし、
刺激が足りないと思った場合は自分でカスタマイズするといいでしょう!

富山ブラックは醤油のカドを胡椒の刺激がカバーすることによって、
全体の刺激をプラス方向に転化するところに特徴があると思うので、
胡椒が弱まると醤油の主張ばかりが目立ってしまう形になりますし、
胡椒についてはもっと思い切っても良かったのではと思いますね!(=゚ω゚)

食塩相当量は8.4gと、カップ麺としては非常に高い数字となっていて、
スープ単体で飲むのはかなり厳しいといいぐらいの塩辛さがあります!

スープの原材料は醤油、ポークエキス、食塩、豚脂、香辛料、
砂糖、粉末野菜、植物油、鶏脂という組み合わせになっています!

麺はけっこう細めで縮れのついたノンフライ麺となっています!

「この太さで湯戻し5分?」と思うような細さなのですが、
実際はちゃんと5分待ってもやや硬めに仕上がるぐらいです!

東洋水産って、細麺なのに湯戻し時間の長い麺が多いですね!
そのおかげで時間が経っても食感が緩みにくかったりもしますが!

食感はプリプリ系というよりは低加水寄りの食感となっていて、
最初の頃は細麺ながらもややがっしりとした質感すらありますね!

麺の量は70gで、カロリーは328kcalとかなり軽めです!
脂質は4.3gで、こちらもけっこう少なめの数字ですね!

具は白ねぎ、味付豚肉、メンマという組み合わせです!(*゚◇゚)

白ねぎはフリーズドライということもあって質は非常にいいです!
なおかつ、FDブロック全体がねぎなので量もかなり入ってます!

このねぎは今回の具材の中でも主役と言っていいでしょうね!

白ねぎと麺を絡めつつ食べることでシャキシャキ感が加わり、
さらにねぎの辛味や甘みとスープの刺激が上手くマッチします!

豚肉は東洋水産らしいリアル系の豚肉具材となっていて、
質・量ともになかなか充実したものを見せてくれます!

メンマも食感のコリコリ度合いが良く、量もけっこうありますね!

具は3種類のみながらも、どれも充実した内容となっています!
具に強い東洋水産の良さがしっかりと発揮されていますね!

黒醤油の主張、高い塩分濃度と富山ブラックらしさを打ち出しながら、
白ねぎにリアル系豚肉などの具材と全体の充実度は非常に高かったです!

ただし、胡椒が他の富山ブラックに比べて弱いという特徴があるので、
胡椒に関しては自分の好みに合わせて調整するのがいいでしょうね!

また、塩カドに関してはあえて強めに立てられたスープとなってるので、
塩辛いスープが苦手な人は手を出さないほうが無難ではありますね!

富山ブラックの特徴を引き出しつつ、具も充実した一杯でした!(゚x/)モッキュルー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
たしかに胡椒はもっと利いていたほうがいいかなと自分も感じました。
富山ブラックにしては胡椒は控えめでしたね。
おそらくでくるだけ万人向けになるよう作られたのでしょう。
できればここに「追い胡椒の小袋」なんかあったらおもしろかったですね!

麺はホントにこれで5分戻して大丈夫?という細麺でしたが
食感や味わいはよかったと思います。

具はさすがマルちゃんでしたね!
FDのネギのボリュームは圧巻。
味付豚肉もこのスープの中でしっかり味を感じることができました。

富山ブラックのカップ麺の中では自分の好みに合った内容で
とても美味しくいただけました。
たういさん、こんにちは!

フタのデザインなどから本格度がかなり高そうでしたが、
胡椒に関してはちょっと控えめのバランスでしたよね!

その一方で塩分濃度や醤油の主張は非常に攻撃的で、
胡椒以外は相当な本気度を感じさせてくれました!(●・ω・)

麺についてはあの麺で5分というのは驚きでしたね!
しかも5分ちゃんと待ってもやや硬めなぐらいでしたし!

具についてはどれも文句の言いようのない内容でしたね!

シャキシャキのFDねぎに豚肉と、質・量ともに充実してましたし!
東洋水産のいいところがいろいろと発揮されていましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
注意書きにタジタジなんですけど…w

実際の富山ブラックも強烈なんでしょうし、
そう思えば再現性の高さとして加点要素ですよね。

黒胡椒が控えめなのは減点かも…
(↑極度の黒胡椒バカの意見w)

> 富山ブラックは醤油のカドを胡椒の刺激がカバーすることによって、
> 全体の刺激をプラス方向に転化するところに特徴があると思うので、
そう! そこなんですよ! まさに!!
なので今回は自分で黒胡椒を追加しますw

> 塩辛いスープが苦手な人は手を出さないほうが無難ではありますね!
ブログさえやってなかったら…w
takaさん、こんにちは!

takaさんとしては注意書きはかなり気にはなりそうですが、
それでも不意打ちではないのでとっつきやすいとは思います!

「富山ブラック」という名前だけでも準備ができますしね!(●・ω・)

黒胡椒が控えめだったのは個人的には大きな減点でした;

ただ、比較的個人でカスタマイズしやすい部分なので、
そこを考慮すれば「まぁいいか」と思える範囲でしたが!

自分もこうした黒醤油系のスープは苦手にあたるのですが、
黒胡椒があることでそれを楽しむことができているので、
やはり「富山ブラック」に胡椒は欠かせないのでしょうね!

とりあえず前半は塩分濃度の高さに苦しみながら、
後半は胡椒との調和を楽しむようにしてください!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.