8/8発売 沖縄風ソーキそば

8/8発売の明星「沖縄風ソーキそば」を食べました!
夏になると沖縄そば系統のカップ麺が増えてきますね!

8/8発売 沖縄風ソーキそば

今回は沖縄そばの中でも「ソーキそば」がモデルとなっています!

「ソーキそば」は豚のあばら肉の煮込み(ソーキ)が入った沖縄そばです!
しかも今回はレトルト具材が使われているという気合の入りそうです!

ただしそれだけに販売価格もかなり高めに設定されています!
コンビニで買うと300円を超えるのでその点は注意が必要です!

8/8発売 沖縄風ソーキそば(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、レトルト具材、紅生姜となっています!
紅生姜も生タイプとなってますし、これは本気度が非常に高いですね!

コストを度外視してでも本気で作る、という意思が見えてきますね!(`・ω・´)

8/8発売 沖縄風ソーキそば(できあがり)

油脂が少なめのあっさり系の沖縄そばといったビジュアルです!

まずはスープですが・・・うん、これぞ正統派の沖縄そばですね!(●・ω・)

最初にやってくるのがかつお由来のしっかりとした魚介系の旨味で、
特に粉末スープのほうはこうした魚介の旨味が軸となっています!

また、昆布も加えることで旨味がさらに下支えされていますね!

そしてここに沖縄そばらしく豚の風味が加わってくるのですが、
ここでもレトルト具材のソーキの風味が効いているのですよね!

レトルト具材ということで煮込んだときのスープが少し入っていて、
それを加えることでほんのり甘辛く、豚の潤沢な旨味が加わります!

油脂は極めて少なく、非常にすっきりとした口当たりになってますね!

自分は沖縄そばというと、こうした油脂の少ないタイプが好きなので、
自分の理想に近い沖縄そばのスープと言ってもいいぐらいでしたね!(*゚ー゚)

方向性としては少し前の「麺職人 沖縄そば」に近いと言えますが、
そこにソーキを煮込んだだしの風味が入る点が大きな違いですね!

でも「麺職人 沖縄そば」が好きだった人なら強くおススメできます!

スープの原材料は食塩、かつおエキス、糖類、香味調味料、
豚・鶏エキス、魚介エキス、かつおぶし粉末、昆布エキス、
香辛料、しょうゆ、香味油、植物油脂などとなっています!

これを見ても粉末スープはやや魚介系優位なのがわかりますね!

麺はノンフライのやや白っぽい平打ちの麺となっています!

いかにも沖縄そばらしい麺で、ノンフライ麺ならではのしなやかさ、
乾麺を思わせる小麦の風味、そしてそのなめらかな食感などなど、
沖縄そばの麺が備えるべき要素がきっちりと取り揃えられています!(*゚◇゚)

すっきり系の沖縄そばは油揚げ麺を合わせると麺が勝ちすぎるので、
こうしたノンフライ麺を合わせるのは非常に重要なのですよね!

そのおかげでスープの持っているポテンシャルも十分に生きています!

麺の食感も「麺職人 沖縄そば」のものに勝るとも劣らないですし、
スープだけでなく、麺もまた非常に本気度の高いものとなっています!

麺の量は80gと多めで、カロリーは412kcalとなっています!
脂質は9.5gと、こちらは一見すると標準的な数字ですね!

ですが、おそらくスープに含まれる脂質は5g以下程度で、
残りの脂質は具材のソーキに由来するものでしょうね!

そして具材はソーキ、紅生姜、かまぼこ、ねぎとなっています!

かまぼことねぎは普通ですが、沖縄そばとしては必須ですよね!
ビジュアル面においても欠かせない存在と言っていいですし!

次に紅生姜ですが、やはり沖縄そばとの相性は抜群ですね!(=゚ω゚)

特に麺と絡めながら食べたときに訪れる風味の変化が素晴らしく、
リアルな沖縄そばらしさを高めるという点での貢献度は大きいです!

量もけっこう入っているので、それもまた高く評価できますね!

そしてソーキですが・・・参りましたね、これは素晴らしいです!(*゚◇゚)

肉の部分はホロホロとやわらかく、それでいてパサつかずしっとり、
甘辛い味わいもしっかりと染みていて、弱点が全くないですね!

ラーメン向けのレトルト具材って、けっこうコケがちな印象ですが、
これはそうしたレトルト具材とは明らかに一線を画していますね!

普通にこれだけで具材として販売して勝負できるレベルにあります!

そしてこのソーキには軟骨がけっこう多くついているのですが、
そのコリコリとした食感がまた想像以上に絶妙なのですよね!

硬すぎずやわらかすぎず、軽く噛み切れながらコリコリ感が楽しめる、
よくぞこのラインに食感を整えてきたなぁといたく感心させられました!

明星は以前に「ぼっかけ焼きそば」でもいいレトルト具材を見せましたが、
どうもレトルト具材への強さは各メーカーでトップと言えるのかもですね!

「明星のレトルト具材は質が高い」というイメージが生まれつつあります!(`・ω・)+

スープ、麺、具材のどれをとっても弱点らしい弱点が見当たらない、
「カップ沖縄そばの完成形」と呼んでもいいぐらいの素晴らしい内容で、
沖縄そば好きであれば迷わず手に取ってほしいと思える仕上がりでした!

「カップ麺でここまでやるか」と思わせてくれる内容でしたからね!

その分だけ値段も高いというところは意見が分かれると思いますが、
このクオリティであれば300円超えもやむなしかなといった印象です!

これ以上はもうないのではないかと思えるほどの本気の沖縄そばでした!(゚x/)モッキリリリリ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これは価格はお高めですが、
ひじょうにクオリティも高そうな一品ですね!

自分は麺職人の沖縄そば大好き派なので
この製品も十分楽しめること間違いなしですね♪

そしてレトルト具材が秀逸ですか!!
軟骨を感じられるソーキのいうのもカップ麺用に
食べやすくアレンジされているのもポイント高いですね。
そしてその煮汁がスープに滲み出るなんてたまりません~~(^O^)/

紅しょうがもしっかりしたものが別封で添付されているし
しっかり値段に見合った内容になっているようで
これはハイクオリティの素晴らしいカップ麺って感じ!
期待が持てます。
たういさん、こんにちは!

これはほぼ確実にたういさんは気に入ると思いますね!

価格との兼ね合いをどうとらえるかは人によりそうですが、
あっさりしつつも深みがあり、そこにソーキのタレの味が染み、
麺もハイクオリティで、さらにソーキの仕上がりも抜群と、
カップ沖縄そばでここまでやるか、と言わしめる仕上がりでした!(●・ω・)

レトルト具材は肉に臭みもなく、ほろりとほどける質感に、
やわらかくもコリコリとした軟骨と非の打ちどころなしでした!

「これだけでお酒と食べたい」と思う人も多そうです!笑

すでに購入してると思うので、ぜひ期待しつつ食べてみてください!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
コンセプトが「贅の逸品」級ですよね!

しっかり正統派のスープにノンフライ麺、
さらに注目株のレトルト炙り軟骨ソーキですから、
値段は高くても相応の満足度が得られそうな予感。

しかもソーキのクオリティもバッチリみたいですし!
アテにしたくなる気持ちを抑えながら食べなくてはw

カップ麺でもココまでやるんだぞ、
といった度外視系のコンセプトは大好きなので、
このカップ麺の実食と評価をするのが楽しみです。

ふと、いつの間にか消えた「GooTa」を思い出しましたw
takaさん、こんばんは!

あー、GooTaと通じるものはたしかにありますね!

GooTaは特定の具が突出している印象がありましたが、
この沖縄そばの凄さはレベルの高い具が入っていながらも
全体との調和が素晴らしいという点が挙げられますね!(●・ω・)

その点は「贅の逸品」に近いと言えそうな感じですね!

ここまで本気でやってくれたというのもうれしいですが、
それが違和感なくピタッとハマっているのは素晴らしいです!

>アテにしたくなる気持ちを抑えながら食べなくてはw

自分はお酒を飲まないですが、そんな自分であっても、
「これはお酒を飲む人はたまらないだろうな」と思いますもんね!

軟骨の絶妙な食感を味わったときの感激度は凄かったです!

ぜひともtakaさんもこのカップ沖縄そばの究極形を味わってくださいませ!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.