8/15発売 大阪ラーメン あまから醤油

8/15発売のエースコック「大阪ラーメン あまから醤油」を食べました!
この「大阪ラーメン」は2011年頃から定期的に発売されていますね!

8/15発売 大阪ラーメン あまから醤油

産経新聞の企画としてこの「大阪ラーメン」が始まったのですが、
もともとはカップ麺ではなく普通のラーメンだったのですよね!

大阪を代表するラーメン店である「カドヤ食堂」の協力のもとで、
「甘辛」と「始末」をコンセプトとしたラーメンが作られました!

ただ、その後カップ麺化するにあたってカドヤさんとの協力は解消され、
エースコックとの間で同様のコンセプトのカップ麺が新たに作られました!

このようにけっこうゴタゴタとしたものを感じさせる経緯ですが、
その後は1つのカップ麺としてそれなりに定着ができています!

そして今回は「大阪王将」が開発に協力しているとのことです!(*゚ー゚)

8/15発売 大阪ラーメン あまから醤油(内容物)

内容物はかやくと粉末スープというシンプルな構成となっています!

これまで「大阪ラーメン」はずっと縦型カップでの販売でしたが、
今回は初めてどんぶり型のカップでの発売となってるのですよね!

縦型での販売だったらスルーしようかなと思っていたのですが、
カップの形状が大幅に変わっていたので今回は買ってみました!

8/15発売 大阪ラーメン あまから醤油(できあがり)

とろろ昆布が入っている点は縦型カップ版と変わらないですね!

まずはスープですが・・・これまでと基本的に変わってないですね!(●・ω・)

やや甘めの醤油ダレに昆布の旨味と玉ねぎを風味を強めに効かせる、
この味の方向性は今回もちゃんと堅持されているみたいですね!

このカップ麺は「大阪ラーメン」と名付けられてはいるものの、
大阪で実際に定着しているラーメンをカップ化したものではなく、
大阪で好まれそうな味をカップ麺にしたような感じなのですよね!

なので、できた経緯はいろいろグダグダだなぁと思いはしつつも、
大阪人としてけっこう気に入る味になっているのはたしかですね!

色は濃いめですが、醤油のシャープな印象はほとんどないですし、
甘さのバランスもくどくなく、ちょうど食べやすいラインですし、
かつうどんだしに近すぎることもなく、まとまりはいいですね!

昆布と甘めの醤油ダレだけだとうどんに近くなりすぎますが、
玉ねぎとチャーシューダレなどがラーメンらしさを作り出し、
甘辛を生かしたラーメンとしてきちんと仕上がっています!

なので、一つのラーメンとしての完成度はけっこう高いですね!(=゚ω゚)

大阪のラーメンでは普段から置いているところもよく見ますし!

スープの原材料は食塩、砂糖、しょうゆ、鶏・豚エキス、香辛料、
オニオンパウダー、たん白加水分解物、酵母エキスとなっています!

麺は中ぐらいの太さのオーソドックスな油揚げ麺となっています!

どんぶり型向けの油揚げ麺としてはごく普通な感じですが、
ほどよい硬さとプリ感があって、スープの邪魔もしないですし、
このラーメンを作るうえでは悪くない麺と言えるでしょうね!

あまり主張の強い麺にしてもこのラーメンには合わないでしょうし!

麺の量は60gで、カロリーは292kcalとかなりの軽さです!
脂質は9.5gで、油揚げ麺のカップ麺としては非常に低いです!

麺の量が60gを下回るとカロリーは200kcal台になることも多いですが、
麺の量が60gで300kcalを下回るというのはほとんど見ないですからね!

ただ、脂質が少ないからといって味の満足度は低くないのですよね!
この油脂に頼らなくても味がまとまっているのは大きな長所です!

具は鶏そぼろ、とろろ昆布、玉ねぎ入り揚げ玉、ねぎです!

鶏そぼろはスポンジ系ではなく、ちゃんと味があるものです!

さすがに「大阪ラーメン」の名前であのスポンジそぼろでは、
ちょっと情けない印象を与えることになるでしょうからね;

今回は鶏の風味もちゃんと感じられるそぼろとなっています!(*゚◇゚)

とろろ昆布は具というよりはスープの一部といった感じですね!

今回のポイントの一つである玉ねぎ入り揚げ玉なのですが、
そこまで玉ねぎの風味がダイレクトに来るわけではないですね!

これなら普通に玉ねぎを入れたほうがおいしいとは思いますが、
大阪ではうどんやそばにサービスで揚げ玉が入ることが多いので、
そうした演出も意識して揚げ玉にしてみたのかもしれないですね!

揚げ玉とこのラーメンの相性自体はけっこう良かったですし!

どんぶり型になったものの味は縦型と特に大きな違いはなく、
縦型バージョンが好きだったら人なら安心して手に取れますね!

これをご当地ラーメンと呼べるかというと大いに疑問ではありますが、
「大阪(人が好みそうな味に仕上げた)ラーメン」にはなっていますし、
それを体感してみるという点で買ってみるのも面白いかもですね!

甘めで昆布と玉ねぎの風味がビシッと効いたラーメンでした!(゚x/)モキュルー

【関連記事】
大阪ラーメン あまから醤油
それゆけ! 大阪ラーメン(第3弾)
それゆけ! 大阪ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
今日、コンビニの店頭で、ずっと買うべきか
悩んでいたのですが...結局買わなかったのデス...

そう言えば、タテ型カップで売ってましたよね...
そっか...それのドンブリ型なんですね...
この製品も初回発売から約4年半・・・
もう何回もリニューアル発売されてそろそろ製品自体完成形に入ったかな?
と思ったらなんと今回の大幅リニューアルにはビックリしました。

どんぶり型カップに変更ってかなりの勇断ですよね~。
どんぶり型→タテ型は今流行りのスタイル&食べやすさ追求型で
わかるのですが、逆の変更は驚きでした。

内容的にも具は大きな変更点がありとてもインパクトありました。
肉具材は、スポンジ入りじゃなかったのは有り難かったww

スープの方向性やとろろ昆布具材はいつもどおりで安心・・・
でも昆布のボリューム減ったのでそれは残念!

しかしこの製品が「かどや食堂」が由来しているとはビックリしました。
メンさん、こんにちは!

あー、これは買わなくてもいいかもしれないですね!

縦型カップのアレンジ版とかそういうことでもなく、
ただ単にカップの形状が変わったというだけですしね!

今でもスーパーだと縦型が並んでることがあるので、
お店によっては両方販売されていたりもしますからね!

しかも味についてはそれほど大きな変更点はないですし(;゚ω゚)

基本的にはコンビニで定価で買うにはややもったいなく、
スーパーで100~120円ぐらいで買うのに向いていますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんにちは!

今回も発売情報を見て「あぁ、また出たのね」と思っていたら、
カップの形状がどんぶり型に変わっていてびっくりしましたね!

ただ、味の方向性自体は微調整といった感じではありましたが!(●・ω・)

具は初代の玉ねぎが入っていたバージョンが好きでしたね!
玉ねぎの風味が強いので、具も玉ねぎがやはり合いますし!

とろろ昆布についてはもう少し多くても良かったでしょうね!

もともとはカップ麺としての企画ではなかったのですよね!
カップ麺化にあたって関係が解消されることになりましたが!

ちなみにその後、いくつかのラーメン屋さんで
この「大阪ラーメン」の普通のラーメン化企画があって、
自分もJunk Storyさんが作ったバージョンは紹介してますね!
http://fairysbible.blog22.fc2.com/blog-entry-2129.html

普通のラーメン(カドヤ食堂)
→ カップ麺
→ 普通のラーメン(大阪の数店舗)

という逆輸入的な流れだったはちょっと面白かったですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
> 大阪を代表するラーメン店である「カドヤ食堂」の協力のもとで、
なんとそんな背景が…_φ(. .*)

途中で筋肉マンとコラボしたり、今度は大阪王将だったり、
なんか色々とリニューアルの度に忙しいカップ麺ですよねw

自分はタテ型が好みの路線だったので、
どんぶり型も素直に楽しめるような気がします。

っていうか、カップ麺の味よりも・・・
> 今回は「大阪王将」が開発に協力している
前作から大きな進展は見られないようなのに
どう開発に協力したのかが気になるところですw
takaさん、こんにちは!

>なんとそんな背景が…_φ(. .*)
カップ麺化にあたって関係が解消されたという経緯もあって、
公式には「なかったこと」みたいになってる面がありますからね;

なので、カップ麺化されるまでの流れを知ってる人が
あえて触れない限りは知らない人が多いでしょうね!

味の路線に関しては今回も安心して食べられましたね!

何だかんだで甘辛+昆布+玉ねぎの組み合わせはおいしいですし、
一つのカップラーメンとしての完成度は十分に高いと思います!(=゚ω゚)

>前作から大きな進展は見られないようなのに
>どう開発に協力したのかが気になるところですw

これは自分もちょっと思いましたね!笑

あくまでどんぶり型にする上での微調整があっただけで、
大阪王将らしさが加わったなんてこともなかったですしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.