8/16発売 ばくだん屋監修 汁なし担々麺(2016年)

8/16発売のエースコック「ばくだん屋 汁なし担々麺」を食べました!
ファミリーマート専売商品で、昨年に続いての登場となります!(=゚ω゚)

8/16発売 ばくだん屋監修 汁なし担々麺(2016年)

こちらは広島を中心に展開する「ばくだん屋」が提供している
「汁なし担々麺」をカップ麺化した商品ではあるのですが、
実際はそれとはちょっと違った背景も持ってるのですよね!

というのも、エースコックは「ばくだん屋 汁なし担々麺」以外にも、
これと似た「汁なし 担担麺」というファミマ専売商品があるのですよね!

この両者は細かいところまで見るといくつか違いはありますが、
大きな枠組みとして見れば兄弟商品と言っていいほどに近いです!

なので、この「ばくだん屋 汁なし担々麺」は店カップというより、
「汁なし 担担麺」のバージョン違いと言ったほうが近いのですね!

どうも春に「汁なし 担担麺」、夏から秋にこの「ばくだん屋」と、
似た商品を半年ごとに発売するという形ができつつあるようです!

8/16発売 ばくだん屋監修 汁なし担々麺(2016年)(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、後入れスパイスとなっています!

この構成は昨年のバージョンと特に変わってはいないようですね!
また、「汁なし 担担麺」とも共通した構成となっていますね!

8/16発売 ばくだん屋監修 汁なし担々麺(2016年)(できあがり)

仕上げに後入れのスパイスをふりかけると完成となります!

まずはその味ですが・・・うん、やはり味のまとまりはいいですね!(`・ω・)+

ほどほどにピリッとした辛さを立てつつ、ラー油の風味を生かし、
そこに練りごまを加え、さらに醤油と味噌を合わせたタレが絡む、
油脂感、甘み、辛味のバランスのいい担々麺となっています!

汁なし担々麺ということで、油脂はそこそこ多くなっていますが、
麺がノンフライ麺なのでお腹にたまる感じがないのがいいですね!

汁なし系のカップ麺って麺量が多いのでどうしても重くなりますが、
こちらは油揚げ麺ではないので量はあっても重さはあまりないです!

ごまの旨味もほどほどにありますし、タレもカドは感じさせず、
それでいてピリッとした唐辛子系の刺激も備えられているなど、
汁なし担々麺が好きな人なら安心して手に取れる味と言えます!

そして後入れのスパイスは主に花椒とごまで構成されています!

やや粗びきなのでジャリッとした食感も感じさせるのですが、
以前に比べると緩めになって気にならなくなってきましたね!

この後入れスパイスのおかげで花椒の痺れがプラスされるので、
それによってさらに王道の汁なし担々麺らしさが強まります!

エースコックはもともと担々麺系統には強いメーカーですし、
そうした強みが汁なしになってもきっちり生かされてますね!(*゚◇゚)

タレの原材料は植物油脂、しょうゆ、発酵調味料、食塩、砂糖、ねりごま、
みそ、醸造酢、鶏エキス、香辛料、コンブエキスなどとなっています!

原材料の並びなどを見る限り、昨年と変わりはないようですね!

ちなみに「汁なし 担担麺」の原材料は次のようになっています!

植物油脂、しょうゆ、ねりごま、鶏・豚エキス、
食塩、醸造酢、豆板醤、香辛料、砂糖など

こう見ると植物油脂としょうゆ、ねりごま、酢などはおおよそ同じで、
「汁なし」のほうがやや動物系優位となっているような感があります!

それでもトータル的に見ればかなり近いものがあるのはたしかですが!

麺は細めで普通に縮れのついたノンフライ麺となっています!

このタイプの麺はエースコックが以前によく使ってましたね!
自分はこの麺は汎用性が高くてけっこう好きだったのですよね!

細めながらももっちり感がしっかりあるので食感は申し分ないです!

ちゃんとプリプリ系ではなくもっちりとした食感に仕上げるなど、
汁なし担々麺に合うように調整されているのが伝わりますね!(*゚ー゚)

麺の量は90gで、カロリーは506kcalとなっています!
脂質は16.9gで、油揚げ麺のものに比べればやはり軽いです!

この商品のもう一つの良さは、麺量がちゃんと充実している点ですね!

ノンフライ麺の汁なしはどうしても麺量が少なくなりがちですが、
こちらは90gと、一般のカップ焼そばとほぼ同じ量が入っています!

それでいてノンフライ麺なので食べやすいという特徴があるので、
このあたりは非常にポイントが高いと言っていいのではないですかね!

ちなみに「汁なし 担担麺」のほうは麺量が80gとなっているので、
この麺量の差こそが両者の最大の違いと言ってもいいかもです!

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎのみという実にシンプルな構成です!

そしてそぼろですが・・・これは例のスポンジ系ではありません!(`・ω・´)

さすがにここにスポンジそぼろだったらがっかりしましたが、
こちらはちゃんと肉らしい風味も楽しめるそぼろとなっていて、
汁なし担々麺らしいワイルドさを出すのに大きく貢献してます!

ねぎも量が多く、これも全体にいいアクセントを出してますね!

タレの原材料、麺量、栄養成分、具材とどれも昨年と同じなので、
おそらくは昨年と内容を変えずに再発売されたものと思われます!

それでもそのクオリティの安定感は昨年からいいものがありましたし、
王道の汁なし担々麺としての強みは十分に感じることができましたね!

ノンフライ麺の汁なし担々麺を求めるなら間違いのない一杯と言えますね!(゚x/)モッキリー

【関連記事】
ばくだん屋監修 汁なし担々麺(2016年)
ばくだん屋監修 汁なし担々麺(2015年)
ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌(カップ版)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
記事拝見した感じでは去年バージョンとほぼ同製品のようですね。
カロリーの506kcalもまったく同じです。
でもタレやかやくの袋が何故か違う・・・。
これは明星の一平ちゃんでも言えることですが、
なんで外装だけ変更するのでしょうね?

そしてJANコードも違いますね。
ということで中身は同じでも商品としては
まったく別物なんでしょう。

この製品の麺はとても美味しいです。
汁なし系のノンフライ麺はやはり高クオリティ!
もっと各社とも取り扱ってほしいです。
おはよございます~

これ食べたい~~
昨年も買わなかったんですよ。。。
ストック多すぎだし(カレーが。。)
カロリーや塩分も気にしててちょっと控えようと。。
でも見てたらおいしそうですね~~
やっぱ買おうかな~~。。
たういさん、こんにちは!

へぇー、袋の色などが変わっていたのですね!

昨年の段階では内容物の写真を撮っていなかったので、
そこまでさすがにチェックできていませんでした!

今たういさんのブログで昨年版の記事を見ましたが、
たしかに袋の色がどれも変わっているようですね!

しかしたういさんもなかなかすごいところに気付きますね!
たういさんらしい目の付け所と言ったほうがいいのかもですが!(=゚ω゚)

味については今年も安心できるものがありましたし、
何よりノンフライ麺が使われているのがうれしいですね!

汁なしノンフライはごくまれに各社から発売されるのですが、
どうしてもトータルとしてはかなりの少数派になりますよね;

もっと意欲的に開発してもらいたいと思ったりするのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まうさん、こんにちは!

ブログをやってるとどうしてもストックがたまりますよね;

自分はここ1年弱は新商品メインに移行したこともあって、
以前よりはストックが増えすぎることはなくなりましたが、
それでもストックとにらめっこする日々ではありますね!

ノンフライ麺なのでカロリーは比較的抑えめではありますが、
それでも汁なし系ということで500kcalは超えてきてますからね!

このあたりは汁なし系商品の難しいところではありますね!(●・ω・)

ファミマで見かけたらぜひ手を出してみてくださいませ!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
虚偽というのは『常習的な 』の部分でしょうか?
まず、常習的、常習犯という言葉を初めに使ったのはタレコミ主でした。 僕のブログでは定期的に細かなので表現を変えることにしています。永福町大勝軒の味変のように、読み手は気がつかないような些細なことであっても定期的にマイナーチェンジを行うことにしているのです。その文章表現に関するマイナーチェンジを悉く被せてくる。模倣を繰り返しているというのがタレコミの内容でした。

偶然もあり得ますし、僕もばかばかしいと思ったのですが、指摘された部分を確認してみると見事な追従性を示しており驚いたというのが始まりでした。数回であれば偶然と思いますが、何ヶ月にも渡って模倣を繰り返していたのです。

ブログの読み手としては些細なことですが、ブログを書いて表現を発信するものとしてはどうなのでしょうか?

このコメントは管理人のみ閲覧できます
>猫なーめんさん
貴方への返信は今日更新した記事をもってかえさせていただきました。

貴方からの書き込みは今後は中身の確認も行わず無条件で削除します。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.