9/5発売 油そば専門店 春日亭監修 鳥豚油そば

9/5発売のエースコック「油そば専門店 春日亭 鳥豚油そば」を食べました!
東京で展開している油そば専門店「春日亭」の油そばの再現カップ麺です!

9/5発売 油そば専門店 春日亭監修 鳥豚油そば

エースコックの油そばというと、油脂の量がそれほど多くなく、
その一方で醤油ダレのカドが強いことが多い印象があるのですが、
今回はお店の監修カップということでそこは安心できそうですね!

油脂の旨さをガツンと効かせた一杯になっていることに期待です!(`・ω・´)

9/5発売 油そば専門店 春日亭監修 鳥豚油そば(内容物)

内容物は液体たれとかやくのみという極めてシンプルな構成です!
このシンプルさは東洋水産の「珍々亭」に通じるものがありますね!

9/5発売 油そば専門店 春日亭監修 鳥豚油そば(できあがり)

うん、まさに奇をてらわない王道の油そばといった感じですね!

まずはその味ですが・・・おおぉ、これは想像以上にヘヴィです!(●・ω・)

王道の油そばではありますが、「珍々亭」はかなりベクトルが違います!

「珍々亭」が醤油ダレと動物&植物油脂を軸にお酢を使うことで、
油脂の旨味を楽しませながらもどこかさっぱりしているのに対し、
こちらは酸味などはあまりなく、とにかく重さに徹しています!

醤油ダレはチャーシューダレやベーシックな中華そばを思わせるもので、
そこに大量のラードや鶏油などの動物油脂を叩き込むスタイルとなっていて、
植物油脂の比重が他の油そばに比べてずいぶんと低いのがわかります!

同じ油脂でも体感的な重さは動物系の油脂のほうが強く出てくるので、
その点でもこの油そばの持つ重さというのがより強調されていますね!

また、ガーリックについてもほんのりと効かされています!

この油そばは動物系の要素が油脂だけでなくタレにも強く備わっていて、
醤油ダレの風味にも豚や鶏の旨味というのがちゃんと出ているのですよね!(=゚ω゚)

それが醤油ダレから感じる「中華そば」らしさにも繋がっていますが、
こうしたラーメンぽさと動物系の重さの融合は実に力強いですね!

ヘヴィな油そばというと明星が出している「ぶぶか」もありますが、
「ぶぶか」がマヨネーズなどの変化球を多用するタイプなのに対し、
こちらは極めてストレートに動物系のみで重さを強調してくるので、
食べ進めるほどにお腹にドスドスとパンチを打ち込んできますね!

ちなみにお店の油そばはもっと個性的なようで、油脂で攻めるというより、
鶏と豚骨によるドロドロの白湯スープをタレに使ってるようなのですよね!

さすがにそれをそのまま再現するのはかなり難しそうなのですが、
動物系の主張を軸に置くという点では頑張っている仕上がりですね!

たれの原材料は動物油脂、しょうゆ、鶏・豚エキス、植物油脂、
発酵調味料、砂糖、食塩、醤油調味料、カツオエキス、香辛料です!

麺はまぜそば仕様のかなり太めの油揚げ麺が使われています!(*゚◇゚)

エースコックの太麺がブリブリとした力強さがウリなので、
今回もそうしたずいぶんと暴れるタイプの麺かと思いきや、
いつもの太麺よりはいくぶん細く、食感も穏やかでしたね!

ゴリゴリに暴れるタイプを予想していたので少し拍子抜けでした!
暴れるタイプの食感が好きな人は4分30秒ぐらいでもいいかもです!

ただ、タレとの融合などを考えればこれぐらいでちょうどいいのでしょう!

油そばらしい力強さと、ほどよいもっちり感が上手く組み合わさっています!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは780kcalという極めて高い数字です!
脂質も38.8gと、油そばと呼ぶにふさわしい多さの油脂が入っています!

これらの数字は今年発売された「ぶぶか」とほとんど同じですね!

具材はキャベツとメンマのみという実にシンプルな組み合わせです!

今回は油脂がかなり多いので、キャベツも油脂まみれになり、
量はけっこうあるもののそれほど箸休めにはならないですね!

むしろ麺と一体化してタレの重さを運んでくるような感じです!(*゚ー゚)

メンマは醤油ダレに王道の中華そばらしさが少なからずあることから、
タレとの相性という点ではなかなか優れたものを見せてくれています!

それだけにもっと多く大きめのものが入っていても良かったかもですね!

そのビジュアルからは「珍々亭」のような酸味の効いた王道路線に見えますが、
実際にはお酢によるさっぱり感やラー油などの変化球をほとんど排除して、
ひたすら動物系に特化したような直球の重さを見せる油そばでした!

それゆえに油そばが苦手な人は手に取ってしまうと危険な内容ですし、
一方でとにかくがっつり行きたい人には最適とも言える一杯です!

動物系の持つ力に圧倒されたい人にオススメしたい油そばでした!(゚x/)モギュルルル
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
自分と麺の湯戻しの好み・方向性が違うので
やはり麺については別物のように仕上がりますね。
自分はあまり主張してこないようなので好きなので長め湯戻しがよかったです。

たれの味は思ったよりもオーソドックス。
特長ないですが反面、無難に美味しかったです。
でも130gの麺量もあって、やはり全体的に重かったですね。

具の少なさ、具のシンプルさがその重さをいっそう強調してしまってました。
また自分のだけかもしれないですが、
茶色いキャベツ、酸味強いメンマが妙に気になったりして・・・ (>_<)

良くも悪くも記憶に残らない製品だったかな? (^_^;)
たういさん、こんにちは!

エースコックの太麺はわしわし系のものが多いですが、
今回は標準時間でもどちらかといえばしっとりしていたので、
たういさんからも比較的とっつきやすい麺ではあったかもですね!

もしいつものわしわし麺でこのタレだとノックアウトされてたかもですし(;゚ω゚)

この油そばは実店舗のほうはどうももっと重そうなのですよね!

たとえるならドロドロ系鶏白湯と無鉄砲のスープと背脂を合わせて、
それをさらに煮詰めたものを麺にかけてるような感じっぽいですし;

ただ、さすがにそれをカップ麺で再現するのは難しいのでしょうね!

でもエースコックは背脂パックには強いという点があるので、
もしかするとそうした方面にもいずれ手を出してくるかもですが!

具についてはこちらはそれほど気になるものはなかったですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.