ふく流らーめん 轍 総本家 マゼニボジャンキー

寺田町の「ふく流らーめん 轍 総本家」に足を運んできました!
最近は本町の本店よりもこちらのほうばかりに来ていますね!

自分としてはどうしても寺田町のほうが行きやすいのですよね!(`・ω・)+

さて、今回はひさびさに「マゼニボジャンキー」を注文しました!

自分の中ではかなりのお気に入りでもあるまぜそばなのですが、
本町の本店が開店して間もない頃に一度食べたというだけで、
好きなのにその後は再び食べることがなかったのですよね;

そこで、自家製麺との相性も知りたくて改めて注文してみました!
もちろん今回も例によって麺は大盛にして注文しています!

ふく流らーめん 轍 総本家 マゼニボジャンキー

ざっくりと大きめにカットされたレアチャーシュー、玉ねぎのみじん切り、
大量の煮干粉末、そして背脂とねぎの入ったタレが奥に盛られています!

全体的な構成は最初に食べたときとそこまで変わってはいませんね!

レアチャーシューのカットが前よりもやや大きめになっていて、
玉ねぎの量がけっこう減ったというあたりが違っていますが!

さて、その味ですが・・・以前よりジャンク度がかなり増してますね!(●・ω・)

タレのキリッとした醤油の風味、背脂による甘みとどっしりしたコク、
たっぷり入った煮干粉末による煮干の旨味などは以前と同じながら、
にんにくに関しては以前と比べてかなり大幅に強まっていますね!

以前はジャンクながらもギリギリのラインでとどめていた感じでしたが、
現在はにんにくを思い切って効かせてパンチを強く押し出したことで、
煮干と香味野菜系のジャンク感の二本立てで攻めて来ている感じでですね!

煮干については大量ではありながらもクセなどは特に強く打ち出さず、
煮干の持っている旨さだけを伝えてくれるのは今も大きな魅力ですね!

このジャンクな中に光るバランス感覚の高さはやはり健在と言えます!

また、初期の頃と比べて醤油ダレの量がやや多めになったのか、
全体的にキリッとした印象が強まっていたのも変化の一つですかね!

このまぜそばのもとになったのは「煮干醤油らーめん」なのですが、
ラーメンのほうが煮干と背脂の2つが主役となっているのに対して、
こちらは背脂はやや後ろに下がり、煮干とにんにくで支える感じです!(=゚ω゚)

なので、素材は共通していながらも受ける印象は大きく違ってますね!
初期の頃は「煮干醤油らーめん」のまぜそば版という感じも強めでしたが!

とはいっても、背脂もかなり量が多く弱いわけではないのですが!
以前と比べてそれぞれの要素が全部強まっているとも言えますね!

トッピングのレアチャーシューは非常に大きくカットされており、
同じレアチャーながらラーメンに乗るものとは印象が違いますね!

ラーメンに乗るほうはスライスされることで、このレアチャーの持つ
フルーティーな香りとしっとりとした質感を楽しむという感じですが、
こちらはがっしりとした力強さを食べ手に強く印象付けてくれます!

「ジャンキー」という名前はこういうところにも反映されていますね!

単純に自分の好みならもう少し小さめのカットが良かったりしますが!(*゚ー゚)

レアチャーシュー以外の具材は玉ねぎと炒めた青ねぎですが、
これらはどちらも麺と自然に絡んでくるタイプの具材ですね!

青ねぎは大きめなカットによるザクザクとした食感が残っていて、
玉ねぎはシャクシャク感と同時にピリッとした辛味を加えます!

こうした薬味系の具材もまた全体のジャンク感を後押ししていますね!(*゚◇゚)

ふく流らーめん 轍 総本家 マゼニボジャンキー(麺のアップ)

麺はまぜそばらしく、もっちり感の強い太麺となっています!
この強いタレに負けない力強さも噛んだときに感じさせますね!

自家製麺になったことで、よりまぜそばに特化された麺になってますね!

このまぜそばのポイントの一つは多くの煮干粉末が入ることで、
タレの粘度が必然的に上がり、麺に非常によく絡むのですよね!

また背脂や青ねぎなども自然と麺に絡んでくるようになってますし、
まぜそばに必要な具材やタレと麺との絡みは実に上手く組まれてます!

ふく流らーめん 轍 総本家 マゼニボジャンキー(締め飯)

もちろん最後はサービスでついてくる締めご飯を投入します!

こうして見るとタレの背脂の量がかなりあるのがわかりますね!
煮干やにんにくだけでなく、背脂も主役であることが伝わります!

まぜそばのタレにご飯を入れると麺よりもまったり感が強まりますが、
このまぜそばは背脂も多いので、そのまったり感もまた凄いですね!

それでいてジャンクさもあるので、麺で食べるときとはまた違って、
香味野菜の攻撃性と背脂の強さががっぷり組んだ味わいとなりますね!

締めご飯がここまで野性的というのはなかなか他ではないですね!

基本的な構成は初期の頃と大きくは変わっていないのですが、
タレ、背脂、にんにくなどのそれぞれがより強くなったことで、
より名前の通りのジャンキーな仕上がりになっていましたね!

ガツンと攻めてくるまぜそばを求めるときには最適でしょう!(゚x/)モキュキュッ

[メニュー]
ふく流らーめん 轍 総本家 メニュー(その1)

ふく流らーめん 轍 総本家 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府大阪市天王寺区寺田町2-5-6

【関連記事】
ふく流らーめん 轍 総本家 マゼニボジャンキー
ふく流らーめん 轍 総本家 鰹節と南高梅だしの冷やがけ&レアチャーシュー丼
ふく流らーめん 轍 総本家 味玉ふく流らーめん
ふく流らーめん 轍 総本家 濃厚担々麺
ふく流らーめん 轍 ダブル☆クラッチ
ふく流らーめん 轍 SHURI
ふく流らーめん 轍 冷やし醤油らーめん
ふく流らーめん 轍 冷やし塩らーめん
ふく流らーめん 轍 煮干醤油らーめん 背脂増し
ふく流らーめん 轍 ふく流らーめんRemix
ふく流らーめん 轍 マゼニボジャンキー
ふく流らーめん 轍 煮干醤油らーめん
ふく流らーめん 轍 味玉ふく流らーめん
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 
まぜそばは未食です。やっぱりスープが欲しくなる私です!(笑)
JoJoさん、こんにちは!

そういえばJoJoさんはラーメン一本といった感じですよね!
つけ麺に関してもあまり紹介されている印象がないですし!

まぜそばはひたすらがっつりいきたいときにいいのですよね!
何も考えずにただただかきこんでしまえる麺料理ですし!(●・ω・)

なので、食欲が湧いてるときはついつい汁なしにいきがちです!

まぜそばを初めて食べる人にオススメするとしたら、
やはりカドヤ食堂さんがベストという気がしますね!

まぜそばの良さと食べやすさが見事に調和していますし!

ちなみにJoJoさんが紹介されていた「砦」は気になりますね!
新町店のほうも含めて、貝系のスープって大好きですので!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
スープがないのは寂しいんですが、ビールのアテで食べれば問題なしw
汁そばを全汁するより、逆に健康的にも思えますねww
こちらも気になってるんですが、背脂攻撃はキツそうかなぁ~(;´∀`)
それにしてもいつも思うんですが・・・
かーとさんの写真って、カップ麺の時ばかりでなく
混ぜた後の写真も、締めご飯ショットでも、丼が汚れてなくて美しいですね~!!
ぴょんこさん、こんにちは!

たしかに塩分量でいえば汁ありより少ないでしょうし、
大盛+締めご飯みたいに量を欲張ったりしなければ、
実際には汁ありよりも健康的と言えるかもしれないですね!

まぜそばにはついついがっつり行きたくなる魔力がありますが!(●・ω・)

ただこちらはぴょんこさんには背脂が重そうな気もしますね;

一方で白湯スープ的などっしり感はそれほどないので、
大盛でなければそこまでお腹に残るタイプではないですが!

>かーとさんの写真って、カップ麺の時ばかりでなく
>混ぜた後の写真も、締めご飯ショットでも、丼が汚れてなくて美しいですね~!!

あれれ、自分では締めご飯ショットはあまりきれいじゃない、
と思っていただけに美しいと言っていただけたのは意外でした!笑

こう言ってもらえると、今後はよりきれいに撮れるようにと、
撮る際にちょっとした工夫も取り入れたくなってきますね!

ちなみにカップ麺のときはどんぶりの内側をふいてから撮るときもあります!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.