10/31発売 らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば

10/31発売の明星「らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば」を食べました!
明星が得意とする縦型ノンフライによる再現系カップ麺ですね!

このタイプのラーメンはコンビニに並ばないことが多いのですが、
今回はけっこういろんなお店でこの商品を見かけるのですよね!(*゚ー゚)

10/31発売 らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば

鶏系の正統派中華そばということで、同じく今週に日清から発売された
THE NOODLE TOKYO 播磨坂もりずみ 限定鶏醤油らぁ麺」に近いですね!

「THE NOODLE TOKYO」という縦型カップ麺屈指のシリーズに対して、
こちらがどれだけのパフォーマンスを見せるのか楽しみです!

10/31発売 らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば(内容物)

具材を整える時間なども考慮して今回はふたを全はがししました!
ノンフライ麺にしては湯戻し時間が3分とけっこう短いですしね!

10/31発売 らぁ麺やまぐち監修 芳醇醤油鶏そば(できあがり)

縦型カップ麺らしく、具材の充実度がなかなかのものとなってますね!

まずはスープですが・・・おぉ、これは非常に深みがありますね!(●・ω・)

「THE NOODLE」は後入れの鶏油のインパクトが控えめだったのですが、
こちらは鶏油の量が多めながらもくどさを感じさせることもなく、
それでいて鶏の持つコクと旨味を存分に広げてくれています!

カップ麺でここまで良質の鶏油と出会えるとなかなかうれしいですね!

とりわけ前半はこの鶏油がほどよく麺に絡みながら旨味を運んで、
そこにバランスのいい醤油ダレが合わさって見事な調和を生みます!

そして後半になるにつれてベースのスープの存在感が高まりますが、
そのベースもまたほぼ純粋な鶏の清湯スープとなってるのですよね!

実際には多少は豚のエキスもミックスされているみたいなのですが、
体感的には主役となっているのは間違いなくシンプルな鶏ですね!

カップ麺においてほぼ鶏だけで良質なスープを作るのは難しいのですが、
ほぼ鶏のスープと鶏油だけでここまで仕上げてきたのは見事ですね!

このあたりは縦型でもノンフライ麺が使える明星の強みもありますね!(`・ω・´)

スープの原材料はチキンオイル、食塩、香味調味料、しょうゆ、
鶏・豚エキス、糖類、香味油、香辛料、植物油脂、酵母エキスなどです!

麺は中細で断面の丸い少し縮れたノンフライ麺となっています!

明星は縦型カップでもノンフライ麺を使うことがよくありますが、
それでもどうしてもどんぶり型の麺よりは多少は劣るのですよね!

しかしながら今回の麺は縦型でありながらも麺の密度感が非常に高く、
さらに噛んだときのもっちり感や小麦の風味も実にしっかりしてます!

この麺はこうした正統派のスープと合わせるには最適と言えるもので、
今後もこのタイプのスープとの融合に期待が持てる仕上がりでしたね!

でもって、ノンフライ麺なので油揚げ麺のような主張はほとんどなく、
今回のような正統派のスープを壊すことが全くないのですよね!

いやはや、今回の麺は実に素晴らしいクオリティでございました!(*゚◇゚)

麺の量は65gで、カロリーは339kcalとなっています!
脂質は9.7gで、鶏油が多めでありながらも軽いですね!

具材は蒸し鶏、鶏ダイスミンチ、メンマ、ねぎとなっています!

正統派のラーメンにダイスミンチってちょっと違和感はありますが、
ちゃんとスープに合わせて鶏ダイスミンチにしてるのがいいですね!

また、蒸し鶏という正統派具材とダイスミンチを並べることによって、
さっぱりとして鶏らしい繊維質の食感を楽しむことができる蒸し鶏と
ややワイルドさを内包したダイスミンチと2つの個性が楽しめます!

メンマも量が多く、コリコリとした食感をしっかり楽しめますし、
ねぎもちゃんとリアル感のあるものでどの具も質が高いですね!

正統派の鶏スープの旨さと鶏油との融合がきれいにハマったスープに、
縦型向けながらももっちり感を強く感じさせてくれるノンフライ麺、
そして充実した具材と、スキを全く感じさせない仕上がりでしたね!

縦型における正統派ラーメンのお手本とも言えるような一杯でした!(゚x/)モッキー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
このカップ麺は自分の周りでも
取り扱っている店舗が多かったです!

そういえば東洋水産の「TRY」企画(新人大賞部門)からも
「らぁ麺 やまぐち」の再現カップ麺が発売されてましたよね!

その時も鶏油のパンチが好印象だったんですけど、
単に東洋水産だから鶏油の個性が際立っていたわけではなく、
今回も鶏油の存在感が印象的みたいなので、お店の特徴なんでしょうね。

それに今回はノンフライ麺ですし期待したいと思います!
なんか日清の「もりずみ」との差が明確になり過ぎたこの製品・・・
まさか子会社のほうの製品が圧勝スつとはね~。
親の日清、しっかりせぃ!って感じです。

「もりずみ」ではなんか物足りなかった部分が
この製品はほぼすべて補完されていたので
そのクオリティの差は明確だったと思います。

麺とスープの相性がとくに素晴らしかったですね。

>具材を整える時間なども考慮して今回はふたを全はがししました!
おっと~、3分戻しでフタ剥がしましたか!
なかなか思い切ったことやりましたね。

とくにこれといった問題も無さそうですね。
たしかに今後はカップヌードルなどは
フタ剥がしきっても問題ないことが判明しましたね。
自分も一度チャレンジしてみます。
takaさん、こんにちは!

やっぱり今回の商品はけっこう並んでますよね!
見つけにくいかなぁと思っていただけに意外でした!

「TRY」で出た「やまぐち」は全く把握してなかったですね;
自分がまだ東洋水産の縦型をスルーしがちだった時期のようです;

takaさんの記事を見ると、やはりその時期の商品だったようですし;

当時は今と比べても油揚げ麺臭満載の縦型が多かったですからね!(●・ω・)

それを考えると、今回はかなり印象が違ってくると思います!
ノンフライ麺であるがゆえのメリットがかなり生きてましたし!

鶏油の持っている旨さもストレートに伝わってきますし!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんにちは!

なんだか麺とスープが反対になったような印象でしたね!

こちらは鶏油でスープのほうにもけっこうインパクトがあるので、
こちらのほうが油揚げ麺と合わせてもバランスは良かったでしょうし、
逆に「もりずみ」はノンフライ麺でないと厳しいタイプでしたからね!(●・ω・)

「もりずみ」はこちらと比べると完全に調和重視型なので、
少しでも油揚げ麺臭が入ってくるとバランスが崩れますしね!

それゆえに「もりずみ」は「もう少し鶏油のインパクトがあれば・・・」
ということも思いましたが、それがこちらで実現されてましたしね!

実は3分戻しでのふた全はがしはけっこう頻繁にやってたりします!

具の取り出し、麺をまぜる作業、具をトッピングする作業を
スムーズに行おうとすると3分でも全はがしがいいのですよね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.