12/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨

12/13発売の東洋水産からの新作、
「マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨」
を食べました!

前回と同じくファミマ・サークルKサンクスのみの限定商品です!

ちょっとこの新作の登場にはまたしても驚かされましたね!

今週は「正麺カップ」の「スープの極み」のほうから新作が出るので、
それかと思って棚を見てみると「至高の一杯」の新作ではないですか!

「至高の一杯」はファミマ・サークルKサンクス限定の「正麺カップ」で、
「スープの極み」よりも一段上の高級感を持たせたシリーズなのですが、
ほんの2週間前に第1弾商品の「濃厚担担麺」が出たばかりなのですよね!

もしかすると第1弾だけで終わるかもしれないと思われたこのシリーズが、
早くも第2弾が登場したうえに、「スープの極み」と発売日までかぶるという、
ちょっとこれは想像を超えるような展開になってきてしまいましたね!(*゚◇゚)

カップ麺好きとしてはワクワクさせられてしまう展開ではありますが!

12/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨

「スープの極み」からの新作の名前が「濃厚しお豚骨」なのですが、
こちらは「濃厚醤油豚骨」と、方向性も近いものとなっています!

「正麺カップ」はリアル感の極めて高い多加水麺を武器としていますが、
醤油豚骨だと白湯系であっても多加水麺との相性はけっこういいですし、
今回もまたかなりの期待が持てますが、「濃厚担担麺」が凄すぎただけに、
ハードルを高くしすぎないように注意したいという思いもしてきますね!

とはいえ、税込300円近い商品なので甘く見るわけにもいかないですが!(`・ω・´)

12/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨(内容物)

内容物はかやく、海苔、粉末スープ、液体スープです!
粉末スープは例によって後入れ仕様なので注意が必要です!

12/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨(できあがり)

うん、いかにも豚骨醤油ラーメンらしいビジュアルですね!

まずはスープですが・・・おっ、ベースの豚骨がしっかりしてますね!(●・ω・)

いわゆる粘度のあるタイプの豚骨醤油スープではないですし、
油脂感で押すタイプでもないですが、豚骨特有の香りが強く、
濃厚系豚骨醤油スープが求める豚骨感がちゃんと備わってます!

一言で言うなら、しっかりとした豚骨感のある和歌山ラーメンですね!
魚介要素もないので、奇をてらわない実直な豚骨醤油となっています!

豚骨臭さをガンガン前面に押し立てているというわけではないですが、
豚骨らしい香りは明確にあり、なおかつ豚脂のクセもほどよく出ていて、
この豚骨と豚脂のバランスの取り方の上手さがとりわけ光っています!

「濃厚担担麺」のときほど、ずば抜けた感覚を与えるわけではないですが、
濃厚系の豚骨醤油ラーメンとして押さえるべき点は全て押さえられていて、
下手なお店のラーメンを食べるよりは遥かにいいと思わせる力はありますね!

東洋水産は濃厚さの演出の仕方が他のメーカーとはちょっと違っていて、
油脂や粘度でわかりやすく押さずに、その素材特有の香りを引き出すので、
そうした東洋水産らしい良さを感じ取ることのできるスープになってましたね!

醤油ダレのほうもそこそこ強めなので、やや塩分濃度を高く感じるかもです!
そういう点からすると、ご飯と一緒に食べるのに向いてるとも言えるでしょうね!(=゚ω゚)

スープの原材料は醤油、ポークエキス、豚脂、植物油、ゼラチン、
砂糖、鶏脂、香辛料、発酵調味料、香味油脂などとなっています!

ただただ素直に豚系の素材が中心にあるのがわかりますね!

麺はいつもの「正麺カップ」らしいリアル感の高い中華麺です!(*゚ー゚)

普通の豚骨スープだと低加水麺を欲しくなってしまうのですが、
今回は豚骨醤油なので多加水麺でも違和感は全く感じないですね!

むしろスープがそれなりにタレの主張を強めにしてることもあって、
これぐらいのはっきりとした主張のある麺のほうが合っていますね!

麺そのもののクオリティは風味、食感ともに申し分ないものですし、
現在のカップ麺の中では最も質の高い麺と言ってもいいでしょう!

麺の量は65gで、カロリーは387kcalとなっています!
脂質は10.7gで、そこまで高い数字にはなっていませんね!

具はチャーシュー、海苔、メンマ、ねぎとなっています!

具はさすがに「濃厚担担麺」に比べるとちょっと少なめですね!

チャーシューは1枚1枚はやや薄いですが、2枚入っています!

そこまで高級感を感じさせるタイプのチャーシューではないですが、
麺に巻いて食べやすく、スープとの相性にはなかなか優れています!

メンマはなぜかやたらと薄く、量も多くないので存在感は希薄です!
メンマがあまり目立っていなかったのはちょっと意外ですね!

ねぎはリアル感のあるもので、食感・風味ともによくできています!

そして具材の中で最も映えていたのは2枚入っていた焼き海苔ですね!(*・ω・)

こうした豚骨醤油系のスープと海苔はものすごく合うのですよね!

スープをしっかり吸わせたうえで麺を巻くと抜群においしいですし、
ご飯と一緒に食べる人はそれをご飯に乗せてもいいでしょうね!

具を含めた総合力で見ると「濃厚担担麺」がやはり上ではありますが、
こちらも豚骨醤油が求めるべき豚骨感をしっかりと表現できていて、
豚脂の量や香りも絶妙であるなど、完成度は非常に高かったですね!

「スープの極み」に「至高の一杯」が同じ日に発売されたりするなど、
今後も「正麺カップ」シリーズからは目を離すことができませんね!(゚x/)モッキュルー

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
えっ!、また「至高の一杯」が発売されたのですか!
昨日はファミマ行ってないし、ファミマのHPに掲載されていないので
自分はぜんぜん知りませんでした。

たしかに今週は「スープの極み」の新製品も発売されていますし、
なんか話題性がひじょうに豊かという感じですね。

でもなんかますますノーマルの正麺カップの立ち位置が
ビミョーになってきますよね・・・。

ある意味やはり正麺カップもラ王と同じく迷走するのでしょうか・・・
それがとても気になります。
ノーマルはやがて量販店向けになってしまいそうのかな?・・・ (^_^;)

でも今回のこの製品も食べるの楽しみですね、
どれくらいの作り込みか興味深いです!
たういさん、こんばんは!

「これはたういさんもきっと驚くだろうな」と思いつつアップしました!(=゚ω゚)

自分はコンビニのサイトはチェックせずに買い出しに行くので、
お店でこれを見かけたときにはほんとに驚きましたね!

最初は「スープの極み」のほうかと誤解しましたし!

これまで「正麺カップ」はノーマル版、「スープの極み」、
「至高の一杯」と出てますが、自分の中では「スープの極み」の
立ち位置がどうにも微妙だなぁ、という印象になってますね!

「至高の一杯」は明らかにスープに高級感が感じられますし、
ノーマル版の「正麺カップ」との差別化も明確なのですよね!

「スープの極み」はそこまでの差別化はできてないですし、
一方でコストパフォーマンスではノーマル版には負けてしまう、
それゆえに今回の「濃厚しお豚骨」は鍵になりそうな気がします!(●・ω・)

今後の展開としてはノーマル版はあまり商品を増やさずに、
期間限定的な新作を「スープの極み」で出す手もありますし、
東洋水産がどのように動いてくるのかは要注目ですよね!

棚が流動的なコンビニは新作を出すのには向いてますしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ファミマの公式リリースがなかったので
完全に盲点でした…(;゚Д゚)

2週連続とはビックリですね!

> 濃厚系豚骨醤油スープが求める豚骨感がちゃんと備わってます!
これは自分でも期待してイイということですな_φ(. .*)
takaさん、こんにちは!

「至高の一杯」は極めて注目度の高い渾身の一杯だっただけに、
それがまた2週間後に第2弾が登場するとは思えなかったですからね!

しかも「スープの極み」と発売日までかぶせてきてますし!(=゚ω゚)

これはちょっと事前に予測するのは難しかったでしょうね!

ラーメンの路線としては「濃厚醤油豚骨」としてイメージするより、
「和歌山ラーメン」と考えたほうがピタッとハマりそうですね!

食べる人が「和歌山ラーメン」に求める要素がちゃんと入っていて、
スープの持っている豚骨感や豚脂の風味が非常に絶妙でしたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.