2/13発売 欧風カレーメシ バター&ビーフ

2/13発売の日清「欧風カレーメシ バター&ビーフ」を食べました!
「カレーメシ」が熱湯調理へと切り替わってから第4弾となります!

2/13発売 欧風カレーメシ バター&ビーフ

今回は欧風カレー+バターということで、かなりまろやかっぽいですね!
そこに「カレーメシ」シリーズらしいスパイス感がどう出るのか気になります!

2/13発売 欧風カレーメシ バター&ビーフ(内容物)

またついつい具材を取り出してからの撮影になってしまいました;

ちょっと驚いたのは具材にチーズブロックが入ってる点ですね!

最初は「バター&ビーフ」とあるからバターかもと思ったのですが、
原材料を見ると普通に「チーズ加工品」と書いていましたからね!

チーズが入るなら、商品名に「チーズ」と入れても良かった気がしますが!(*゚ー゚)

2/13発売 欧風カレーメシ バター&ビーフ(できあがり)

今回は熱湯調理版カレーメシの中でもとりわけとろみが強いですね!
前回の「スパイシーカレーメシ チキン」とは全く違っています!

また、カレーソースの色もいかにも欧風カレーらしくなってますね!

まずはその味ですが・・・おぉ、欧風カレーらしいまったり感ですね!(●・ω・)

欧風カレーの中でもとりわけまったりとした風味が意識されていて、
ベースのカレーソースのコクに重厚さを強く感じさせられます!

中でもビーフカレーらしい牛のコクをしっかりと感じることができ、
強めのとろみ、バターのまろやかさ、フルーツの優しい甘みが合わさり、
実に上品で深いコクのある欧風カレーとして仕上がっていますね!

さらにここにチーズのまろやかさとその風味が加わるわけですから、
全体のまったり感は事前に想像している以上のものがありましたね!

第1弾の「カレーメシ ビーフ」では軽めのカレーソースとなっており、
それゆえにいつもの重厚さが欠けるといった声も聞かれましたが、
今回はそうした不満を払拭すべく厚みのある味わいとなっています!

そうした重厚なソースですが、くどいと感じさせられることはなく、
さらにスパイス感も同時にきちっと感じられるものとなっています!

食べ始めの頃はまろやかな風味がとにかく前面に出てくるのですが、
食べ進めるとじわじわと遅効性の辛味が舌を刺激してくるのですよね!

「ジワる辛さ」というのはその通りで、ほんとじわじわやってきます!

こうした重厚さと遅効性の辛味の両立は実に面白いところで、
今回のカレーソースの完成度の高さを象徴してもいますね!(=゚ω゚)

カレーソースの原材料は動物油脂(豚、牛)、小麦粉、砂糖、
クリーミングパウダー、食塩、カレー粉、香辛料、オニオンパウダー、
トマトパウダー、バター、フルーツペースト、野菜調味油、香味油です!

そしてご飯ですが・・・食感がこれまでと比べてアルデンテ的ですね!

熱湯調理第1弾の「カレーメシ ビーフ」では食感がやわらかめで、
芯まで戻りながらも、表面はややダレる感じがあったのですが、
第3弾の「スパイシーカレーメシ チキン」ではもう少し硬めになり、
今回はそれと比べてもよりアルデンテ的な食感になりました!

そのため中心のあたりに多少芯が残るような食感になるのですが、
初期の表面がやや溶けてしまうような食感は批判も多かったので、
少々硬めながらもこれまでより幅広く好まれるようになりそうです!

もともとレンジ調理版の「カレーメシ」のご飯も硬めだったので、
よりその食感へと近づいたというふうにも評価できますね!(*゚◇゚)

熱湯調理版に切り替わったときは懸念する声も多かったのですが、
ちゃんと商品を重ねるごとにご飯を改良してるのはいいですね!

全体量は103gで、カロリーは451kcalとなっています!
脂質は15.1gで、前回の「スパイシーカレーメシ」とほぼ同じです!

風味の面では重厚感が高まっているだけに少々意外ですね!

具材は牛ダイスミンチ、チーズブロック、人参となっています!

チーズ加工品は具材というよりはカレーソースの一部なので、
具材らしい具材は牛ダイスミンチと人参の2つと言えますね!

まずは牛ダイスミンチですが、これはクオリティが高いですね!(`・ω・´)

噛みしめると明らかに豚のダイスミンチとは違う風味があり、
ダイスミンチといういかにもカップ麺的な具材でありながらも、
ちゃんとビーフカレーらしさを感じ取れるのは見事でしたね!

しかも一粒一粒が大きいので、食べごたえもありますし、
一粒ごとの風味に強さを感じられるのはポイントが高いです!

人参はごく普通ながらもコリコリとした食感が楽しめます!

「スパイス感もある欧風カレー」という「カレーメシ」シリーズの
王道をとことん突き詰めて作った商品と言ってもいい内容で、
新しい「カレーメシ」の本気を見ることができた気がしましたね!

まろやかながらも、ピリッとした刺激も楽しめる濃厚なカレーでした!(゚x/)モキュリール

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
今回の製品はひじょうによかったですね。
ごはんが良くなったと思いつつ食べていたのですが、
やはり少しずつ改良が加えられているんですね。

これならもうレンチンバージョンにこだわる必要ないです。
このごはんの食感なら問題ないと思います。

ルゥのいい感じに欧風カレーらしくなっていて美味しかったです。
とくにバターとチーズの風味がマッチング取れていてとてもよかったと思います。

ダイスミンチもたっぷり入っていて満足感が高かったです。
もうカレーメシはお湯入れバージョンでOK!

あとはカップヌードルごはんや雑炊類がどうなるかが注目です。
日清の開発の方はこれらもなんとかお湯入れバージョンでできるよう
日々努力しているのでしょう・・・。
チーズは意表でした…バターちゃうんかい(^_^;)

でも結果的に満足度は高そうですね!

今回はルゥの粘度もバッチリみたいですし♪
(やっぱカレーメシはネットリしてないと…笑)

しかもライスもマイナーチェンジしているとは…
でもコレどこにも売ってないんですよ(´;ω;`)
たういさん、こんにちは!

熱湯調理版カレーメシで、ここまで素直に満足できたのは
自分としては今回が初めてというような気がしますね!

前回も良かったですが、あともう一歩という感じでしたし!(=゚ω゚)

これなら今後も熱湯調理版でいいと思わせてくれる内容でしたね!
やはりご飯の改良を重ねてきたことが大きかったと思います!

そして味についてもカレーメシの本領発揮といった感じで、
欧風カレーの良さ、バターとチーズのまろやかさに加えて、
ビーフのダイスミンチも非常に味わいが良かったですね!

他のご飯系商品は、まずは雑炊系あたりが熱湯調理になりそうですね!
ただカップヌードルごはんなどはまだ数年かかりそうに思いますが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

まさかチーズまで入っているとは意外でしたね!
バター&チーズというダブル乳製品になってましたし!

ただ、それだけあってまろやかさは見事なものがありました!
でもって、欧風カレーとしての満足度も高かったですし!

粘度については熱湯調理版の中では今回が一番でしたね!
まぜているとあっという間にとろみが強まってきましたし!

ご飯についてもちゃんと改良を重ねてきたのがわかりますよ!(●・ω・)

>でもコレどこにも売ってないんですよ(´;ω;`)

takaさんはたういさんに仕入れを依頼するようにしたほうがいいかもですね;
このところ調達作業だけでかなり大変になってるように見受けられますし;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.