3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺

3/6発売の日清「ラ王 ピリ辛酸辣湯麺」を食べました!

今週は「日清ラ王」と「マルちゃん正麺」というライバルが
共に新商品を出すという非常に興味深い週になりましたね!

他の商品がどことなく大人しいものばかりになっているのは、
この対決と同じ週になるのを避ける理由もあるのかもですね!(*゚ー゚)

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺

今回はちょっと冬向けらしく「酸辣湯麺」となっています!
酸っぱくてピリ辛、今ではラーメンの定番の一つになってますね!

しかも今回はあえて卵に力を入れている点も気になるところです!

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺(内容物)

内容物はかやく2袋と液体スープという構成になっています!
青色のかやくは普通の具材、黄色のかやくは卵となっています!

3/6発売 ラ王 ピリ辛酸辣湯麺(できあがり)

本来は卵も先入れですが、見映えの関係で後入れにしました!
ほんと具材の中でも卵が主役というのがはっきり伝わりますね!

まずはスープですが・・・おおぉ、これは総合力が高いですね!(●・ω・)

なんというか「ラ王」ブランドの底力を感じさせられますね!

「醤油」や「味噌」などのレギュラーの商品に関しては、
「正麺カップ」の登場で水を開けられた印象がありましたが、
こうした新商品の安定感では「ラ王」に一日の長がありますね!

またアッパーブランドの「ラ王PREMIUM」も優秀なものが多いですし、
新作ではときどきコケることもあるライバルの「正麺カップ」に対し、
日清としての、「ラ王」としての総合力を強く感じさせてくれます!

まずスープはキリッとした酸味がしっかり効いてるのがいいですね!
この酸味の引き締め効果によって酸辣湯らしさが明確に出ています!

さらにベースとなっている鶏清湯スープもいい味が出てるのですよね!

そこに具材の椎茸が入ることによって旨味に重層感も出ていますし、
酸辣湯麺として最も押さえるべきポイントが押さえられています!(*゚◇゚)

酸辣湯のもう一つの主役であるラー油は風味はあまり強くないですが、
ごくごく軽めながらもピリリとした刺激を与える効果は出しています!

また、酢に関しては黒酢などのように特有の風味を生かすのではなく、
酢の持っている酸味にスポットを当ててシャープに仕上げられてます!

そのため「黒酢系の丸みのある酸辣湯麺」に比べると締まってますね!

ちなみに酸辣湯麺にありがちなとろみについては全くついてないです!

というのも、液体スープでとろみをつけるのはいろいろ難しいですからね!
片栗粉系の素材を液体スープに入れると湯煎の際に固まる原因になりますので;

スープの原材料は醸造酢、醤油、植物油脂、食塩、チキンエキス、
香辛料、ポークエキス、鶏脂、糖類、椎茸エキスとなっています!

やはり最初に醸造酢が来ているというのが目を引くところですね!

麺はストレートでやや平打ち気味っぽい細麺となっています!
この麺もまた「ラ王」ブランドの持つ総合力の高さが出てますね!(=゚ω゚)

ライバルの「正麺カップ」は中華麺としてのリアル感は断トツですが、
麺の種類が事実上2つしかないというのが一つのネックとなっており、
それゆえにスープの方向性が制限されがちな側面があるのですよね!

一方の「ラ王」はこのところやや低~中加水の麺をよく使うのですが、
今回はそれとも違った加水が高めながらもしっとりした麺となってます!

中華麺としてのリアルさという点では「正麺カップ」に及ばないですが、
この麺の引き出しの多さも一つのブランドとしての強みを感じますね!

でもって、強いプリプリ感ではなくどこかしっとりとした感覚があり、
なおかつ多加水麺的な良さもある、そのバランス感覚の高さは見事です!

麺の量は65gで、カロリーは326kcalとかなり軽めです!
脂質は7.2gで、こちらもあまり高い数字にはなってないですね!

具材はかきたま、蒸し鶏、チンゲン菜、椎茸となっています!

まず蒸し鶏、チンゲン菜、椎茸という酸辣湯麺で欠かせない
具材がきっちりと押さえられているのはポイントが高いです!

蒸し鶏はしっとり、チンゲン菜は青菜らしい風味がよく出ていて、
椎茸はスープに旨味を出すと同時に具としても存在感があります!

かきたまが多いことで、やや量が少ないという弱点もありますが!

そしてかきたまですが、これだけ量が多いとやはりうれしいですね!(`・ω・)+

単体の具材としてだけ見るとそれほど目立つものではないのですが、
量が多く自然と麺と絡むので、卵の風味がスープと一緒にやってきて、
酸辣湯麺のもう一つの特徴である卵の旨さが非常によく出てますね!

こうしたポイントの押さえ方の上手さがこの商品の大きなポイントです!

酢をキリッと強めに効かせることで酸辣湯麺の個性を明確に立て、
さらに麺にかきたまと総合力の高さをうかがわせるものが満載で、
「ラ王」ブランドの新作に対する安心感がより高まりましたね!

さすがはラ王だなぁと、そう思わせてくれる見事な一杯でした!(゚x/)モッキルー

【関連記事】
日清ラ王 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
たしかに正麺カップよりもラ王のほうが新商品の数は少ないけど
その分それぞれ作り込みはしっかりして感はありますね。
正麺は麺がほぼ一定なのもそう感じる理由なのかもしれません。

かきたまはふわとろでよかったですね。
でもけっこう甘めだったのが意外でした。
まぁ、この甘めはスープにいいアクセントになっていました。
日清食品が作る酸辣系って
どん兵衛にも言えたことですけど、
基本的にサラサラ系なんですよね;

でも今回かーとさん高評価なんで楽しみです!

(やっと本日、入手しましたw)
たういさん、こんにちは!

「正麺カップ」はややブランドを拡散しすぎてる感がありますね!

「至高の一杯」に関しては明確に存在意義が感じられますが、
「スープの極み」のほうは正直どうかと思わされますしね(;゚ω゚)

ラ王は以前はSelectionとの差別化で苦戦をしていましたが、
PREMIUMにしてからはノーマル版との違いがより明確になり、
それぞれのシリーズの良さが立つようになっていますからね!

今回の酸辣湯麺は特に酸味がキリッと立っていたことと、
卵に力を入れてきたことの2点が自分の中ではキーでしたね!

ラ王らしい、幅広く受け入れられつつも完成度の高い一杯でした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

そういえば日清がとろみのある酸辣湯を作るのはあまりないですね!
以前に出たチキンラーメンの酸辣湯風もサラサラ系でしたし!

・・・というか、あれは単に酢を入れただけみたいな感じでしたが!笑

どうしてもとろみにこだわりを持つ場合は多少厳しいかもですが、
酸味の効かせ具合と卵の存在感の2点は納得がいくと思いますよ!(●・ω・)

でもって、麺も汎用ではなくちゃんと専用の麺となってましたし!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.