3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付

3/13発売の日清からの新作
「デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付」
を食べました!

自分はいつも廉価系商品に関してはスルーしてしまうのですが、
この「デカヤキ」は好きなブランドなのでいつも紹介しています!

「デカヤキ スパイシーソース焼そば からしマヨネーズ付」が
同時発売されていますが、これは以前に紹介したことのある
デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付」と同内容です!

調べてみたところ原材料の並びも栄養成分も同じでしたからね!
単に名前に「スパイシー」の表現が新たに入っただけのようです!

なので、紹介はこちらの「まろやかソース焼そば」のみにします!

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付

「デカヤキ」というと、粉末ソースを使ったスパイシーなソースで、
大盛でありながらサラッと食べられるのが大きな強みなのですよね!

そこでこちらはそれとは対極的な「まろやか」路線としたようです!

以前は粉末ソース+ガリマヨという形の商品が併売されてましたが、
これだと従来版と差別化が十分ではなかった問題もあったのでしょう!

ただ、まろやか路線になると「デカヤキ」らしさも減るわけで、
そのあたりをどのように調整してきているかが注目ですね!(*゚ー゚)

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付(内容物)

内容物は液体ソースとだし粉ふりかけという構成になっています!
かやくであるキャベツはあらかじめカップの中に入っています!

しかし「デカヤキ」で液体ソースとはちょっと驚きでしたね!
それゆえに期待と不安の両方が交錯するところがありますが!

3/13発売 デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付(できあがり)

さすがは廉価系商品ということもあり、具はほんと少ないですね;

まずはだし粉なしの部分の味ですが・・・シンプルなウスター味ですね!(●・ω・)

ここまでシンプルなウスターソース味はそうそうないほどですね!

ほんとに市販のウスターソースだけをかけてごく軽く魚介風味をつけた、
ただそれだけの極めてさっぱりとした風味の焼そばとなっています!

焼そばソースというと、中濃にあたるものが使われることが多く、
普通のウスターに比べるとソースの風味が濃いめになりがちですが、
これはそれとは正反対のソースの主張が極めて控えめな風味です!

また、ウスターソースの中でも酸味などが控えめなタイプなので、
味の濃い焼そばを求めると確実に物足りなさは感じるでしょうね!

一方で甘みについてはそこそこ強めにつけられているので、
さっぱりとしながらもまろやかさを感じる味となっています!

「デカヤキ」というとこれまで粉末ソースを使うことによって、
油脂感が控えめで、麺のしっとり感を抑える路線を取ってましたが、
今回は液体ソースでありながらもその特徴は継承されていますね!

というのも、麺の量に比べてソースの量がけっこう少なめなので、
液体ソースで麺がテカテカとするような感じにならないのですよね!

このあたりのバランスの取り方はなかなか面白いと思わされました!

そしてだし粉をかけた味ですが・・・ちょっと屋台風になりますね!(=゚ω゚)

だし粉といっても、全体に魚介の旨味を強く加えるというものではなく、
屋台の焼そばなどで使われるあの削り節粉をそのまま加えた感じです!

なので、ただただシンプルに甘めのウスターソース風味の焼そばに、
よくある削り節粉とアオサが加わっただけのシンプルなものですね!

こうした味の狙いどころのカップ焼そばはこれまであまりなかったですね!

麺を炒めてやや甘めのウスターソースだけをかけて味付けをしたうえで、
水分を飛ばして最後にアオサと削り節粉をかけて仕上げただけのような、
とにかくシンプルかつ食べやすさを最重要視したような焼そばと言えます!

なので、大盛でありながらなぜか量的な物足りなさすら感じますからね!

ソースとふりかけの原材料は糖類、ソース、植物油脂、食塩、魚粉、醸造酢、
あおさ、魚介エキス、酵母エキス、香辛料、デキストリン、香味油です!

麺はかなり細めのオーソドックスな縮れのついた油揚げ麺となってます!

ただ、実はガーリックを練り込むなど工夫もされているのですよね!
とはいえ、そのガーリックの風味はこれといって感じはしないですが!(*゚◇゚)

極めて主張を控えめにしたソースを使っているということもあって、
せめて麺のほうにも一定の風味を加えようという試みなのですかね!

体感的なガーリックの風味についてはそれほどないのですが、
おそらく入れないとソースが麺に負けてしまうのでしょうね!

麺の量は130gで、カロリーは666kcalとなっています!
脂質は29.0gで、油脂感が弱い割にはそこそこ高い数字ですね!

具材はキャベツのみで、量は少ないうえに、一つ一つも細かいです!
これだけ存在感のないキャベツはそうそうないと言えるほどですね;

でも廉価系商品ですし、自分としては特に気にはならないですが!

がっつり系の大盛商品だとキャベツのさっぱり感も欲しくなりますが、
もともとが風味が軽めのタイプなのでなくてもあまり問題ないですしね!

とにもかくにもここまで優しい味わいだったのは驚きでしたね!

がっつり系のカップ焼そばとは明らかに対極にある路線ですし、
たとえば同社のUFOとは完全に正反対の商品と言っていいです!

また「日清焼そば」や従来の「デカヤキ」のようなスパイス感もなく、
あえてわかりやすいインパクトを排除したような仕上がりでしたからね!

甘めのウスター系というと「ペヤング」なども存在はしますが、
「ペヤング」はスパイスを入れることでメリハリをつけてますし、
ソースそのものもここまであえて無個性にはしてないですからね!

そのためカップ焼そばに一定のインパクトを求めたい場合には、
この商品は酷評されてしまうことも少なからずあるでしょうね!

ただ、自分はこれはこれでなかなか面白いと思ったのですよね!(`・ω・)+

というのも、ここまで食べやすい大盛系はこれまでなかったですし、
なおかつ液体ソースを使いながらも「デカヤキ」らしさもちゃんとあり、
気軽に大盛系を食べるという目的からすると非常に優れていると思います!

ただ、商品説明には「若者からシニア層まで」と書かれていますが、
むしろ完全にシニア層を対象にしているようにすら思われますが!

そうしたシニア層からも「これは多いけど食べやすくていいね」と、
そう思ってもらえることを狙った商品と言っていいかもしれませんね!

なので、大盛商品ではありますががっつり感については一切求めずに、
「大盛だけど食べやすい」点にだけ注目すると意外と面白いですね!

事前に聞いていた評価よりは十分に楽しむことのできる一杯でした!(゚x/)モキルン

【関連記事】
デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付
デカヤキ ガリマヨ焼そばソース味
デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付
でかやき大盛 コク塩焼そば
でかやき大盛 鉄板マヨのソース焼そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
この新デカヤキ、当初2/27発売となっていましたが
やはり市場に出回ったのは3/6でしたよね。

そして今回の2品のうちのこちらはデカヤキとして
とても斬新な内容のようですね。

すっきり薄めのウスターソース感が飽きない美味しさというところでしょうか。
そのソースにかつお粉というのもシンプル!

で、問題はこの味がこういう廉価版大盛り需要層に
マッチして受け入れられるかです。
さすがにデカヤキ自体は若者向けなので
この味付けでしっかり満足感が得られるかが心配です。

マルちゃんのごつ盛りソース焼そばのソースも
比較的ウスターっぽいスッキリソースなのですが、
あちらはマヨがカバーしてガッツリ感演出していますが、
それをかつお粉とあおさで演出できるかがポイントですね。
たういさん、こんにちは!

この「デカヤキ」、自分はけっこう気に入ったのですが、
この路線が大盛派に受け入れられるかどうかは未知数ですね!

量は大盛ですが、味はがっつり路線とは対極的にありますし、
すっきりソース味にだし粉でふんわり魚介の風味づけと、
味に関してはインパクトのある部分が全くないですからね!(●・ω・)

大盛好きの20代男性とかだと「何だこれは?」で終わりかねませんし;

逆に普段大盛系を食べない人をどこまで引きつけられるかですが、
このパッケージだと手に取ってもらうのがまず大変ですしね!

こうした食べやすい大盛系も市場に定着していてほしいのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.