ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ

再び「ムタヒロ 堺東店」へと足を運んでまいりました!
前回記事で触れたように、当分は通ってみようと思っています!(`・ω・´)

バスでのんびりとラーメン屋さんに向かうのも悪くないですね!

前回の「ガハハ鶏そば」で感激したので、また鶏系を攻めるのもアリでしたが、
ここはやはりもう一つの看板である煮干系も味わってみたほうがいいですしね!

ただ、「ワハハ煮干そば」は福島店のほうで食べているので、
今回は少し変化球で「ニボシマゼソバ」を注文してみました!

もともとまぜそば好きなので、その点でも興味がありましたし!
そういえばこのメニューは笑い声が商品名についてないですね!(*゚ー゚)

ところでこの「ニボシマゼソバ」は注文時にいろんなことが選べます!

まず麺量は無料でノーマルの200gから大盛の300gにすることができ、
またセットとしてスープとご飯のどちらをつけるかを選びます!

ということで、麺は大盛でご飯をつけるという形で注文しました!
やはりまぜそばは残った具とご飯を絡めて食べたくなりますからね!

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ

ほー、もやしに玉ねぎと意外とさっぱりしてそうなビジュアルですね!

まぜそばというと、とにかくワイルド路線で来るものが多いだけに、
こうして意外とさっぱりいけそうな感じだと逆に目を引きますね!

また、提供時に味変用としてマヨネーズとカレー粉も出してくれます!
卓上にある煮干酢あたりも味変としてはかなり使えそうな感じですね!

まぜそばということで、まずは全体をしっかりとまぜ合わせます!

そのうえで食べてみると・・・おっ、いいバランスの煮干ですね!(●・ω・)

ずいぶん前に福島店で「ワハハ煮干そば」を食べたときも感じましたが、
こちらの煮干はゴリゴリに攻めるタイプではなく、バランス重視の印象で、
そうした感覚がこちらのまぜそばのほうにも生かされている感じでしたね!

煮干粉末がかなり多く入っているので、麺にガンガン絡むのですが、
それでも煮干のクセも含めてグイグイ攻めてくる感じではなくて、
煮干の旨味が動物系などと一体になりつつ広がってくるのですね!

おそらくこちらのお店の醤油ダレをベースに豚脂を多めに加えて、
そこに煮干粉末をどさっと加えるという構成なのでしょうね!

まぜそばというと、にんにくなども強く効いてるものが多いですが、
こちらはそうではないので、そこも食べやすいポイントと言えますね!

そしてこのまぜそばのもう一つ大きなポイントはトッピングの野菜ですね!

特にもやしが多く入っていて、全体をまぜることで麺と絡むので、
麺を食べていると自然とシャキシャキとした食感のアクセントが来て、
さらにもやしのさっぱり感によって食べやすくしてくれるのですよね!

辛味を持ちつつもさっぱりとした生玉ねぎもまた同様の効果を見せます!
やはりこうしたさっぱりと食べさせる工夫が全体に見られるのですよね!

「まぜそばはとにかくワイルドでないといけない」という視点で見ると、
こちらのまぜそばは煮干の旨味は十分ながらも軽く見えるかもですが、
より幅広くまぜそばを楽しんでもらうことを考えると実によくできてます!

麺量を大盛にしたにもかかわらず、最後のご飯まで軽くいけましたからね!(*゚◇゚)

そしてマヨネーズとカレー粉の2つの味変用の調味料ですが、
カレー粉は部分的にかけるのが自分としてはオススメですね!

もともとカレー粉って非常に風味の主張が強い調味料ですので、
前半にカレー粉を入れて全体とまぜると完全に支配されますし、
まず部分的に試してから好みで加えていくのがいいでしょう!

一方のマヨネーズは酢のさっぱり感と卵と油脂のまろやかさが
同時に加わることで、実に相性のいい味変調味料になりますね!

マヨネーズを加えるとヘヴィな方向に向かうイメージがありますが、
こちらは全体的にさっぱり系を指向しながら全体が組まれてるので、
マヨネーズを加えても変に重くなりすぎたりしないのがいいですね!

後半にかけて少しずつマヨの量を増やすなんてのもいいでしょう!

トッピングは小さく切られたチャーシューと鶏むね肉の肉具材に、
もやし、生玉ねぎの野菜、そしてみつ葉と刻み海苔が加わります!

自分としては肉具材が細かくカットされているのがうれしいですね!(=゚ω゚)

自分はタレと麺をまぜたときに肉具材もきれいに絡むほうが好きで、
大きめのカットだと肉具材だけが単独で浮いてしまいますからね!

しかもどちらの肉具材もどちらかといえばさっぱりした風味なので、
このまぜそば全体を構成する点から見ても上手くまとまってます!

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ(麺のアップ)

麺はかなり太めで、手もみ風の縮れがつけられたものとなってます!

全体的にはやや平打ち気味ですが、場所による厚みの違いが顕著で、
外側がやや薄いだけでなく、全体的に厚みに変化がついてるのですよね!

そのためすすったときに口で感じられる質感も実に面白いですし、
こうした形状であることで表面積が広がりタレが絡みやすいなど、
インパクトだけでなくまぜそば向けに最適化された麺となってます!

もちろんまぜそばらしく、食べたときのブリブリ感ともちもち感が強く、
タレやトッピング以上に麺の食感と存在感を楽しむことができますね!(*・ω・)

ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ(〆ご飯)

そして締めは残った具材やタレとご飯を絡めていただきます!

実際にはご飯のほうをまぜそばの器に移して食べるのですが、
写真を撮るためにだけいったんご飯の器に具を乗せています!

ビジュアルを考えると、どうしてもこのほうがいいですからね!

その味わいですが・・・やはり煮干系のタレはご飯に合いますね!(`・ω・)+

煮干の粉末と醤油だけをご飯にかけて食べたっておいしいわけで、
そこに様々な具材や豚脂なども加われば合うに決まってますからね!

でもって、もやしが入っているのでこちらもさっぱりいただけます!

まぜそばにワイルドさを強く求めると多少外れてしまうかもですが、
バランス重視で女性にも好まれる煮干まぜそばとしては実に秀逸で、
最後のご飯まですっきり食べることができる食べやすい一杯でした!

次回は限定にするかつけ麺にするか、迷いつつ今後も通おうと思います!(゚x/)モキリー

[メニュー]
ムタヒロ 堺東店 券売機(2017年4月)

お店の住所と地図 大阪府堺市堺区中瓦町2-3-18

【関連記事】
ムタヒロ 堺東店 ニボシマゼソバ
ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば
ムタヒロ 大阪福島店 ワハハ煮干特製そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.