7/10発売 本気盛 肉南ばんそば

7/10発売の東洋水産「本気盛 肉南ばんそば」を食べました!
ちょっとひさしぶりの「本気盛」からの和そば系商品です!

和そば系としては過去に何度か「ラー油肉そば」が出てますね!

7/10発売 本気盛 肉南ばんそば

「肉南ばん」ということで、肉とねぎが主役のようですね!
「本気盛」シリーズですし、かなりのがっつり路線ぽいです!(*゚ー゚)

7/10発売 本気盛 肉南ばんそば(内容物)

「南ばん」らしく、ねぎは質・量ともになかなか良さそうです!
リアル系のねぎでも白い部分が目立っているのがいいですね!

このあたりは以前の「ラー油肉そば」とはけっこう違いますね!
基本的な具の組み合わせについては特に違いはないのですが!

7/10発売 本気盛 肉南ばんそば(できあがり)

見た目は「ラー油肉そば」からラー油を引いた感じですね!笑

まずはスープですが・・・甘めで、かつがっつりいける味ですね!(●・ω・)

「肉うどん」や「肉そば」はかえしが甘めなことが多いですが、
醤油がけっこう強めで、なおかつ甘さもかなり強めというのは、
「ラー油肉そば」系の味と共通性を強く感じさせてくれますね!

ただ、「本気盛」の「ラー油肉そば」とはけっこう方向性が違い、
「ラー油肉そば」が甘めのかえしをかなり強めに効かせつつも、
魚介に昆布、椎茸と和風だしでの下支えを重視していたのに対し、
こちらはラードや豚のエキスなどの動物系が強く出てるのですよね!

なので、特に食べ始めは「肉そば」の「肉」らしさを強く感じます!

とりわけラードによる豚のガツンと来る主張が目立っていて、
それを追うように甘めのかえしが攻めてくるような感じです!

そしてそれを包む感じで魚介や昆布のまろやかさがやってきます!

「ラー油肉そば」がかえし&ラー油、魚介の順で攻める味わいならば、
こちらはかえし&ラード、動物系、魚介の順といった感じですね!

自分は「ラー油肉そば」がそこまで得意でないのもありますが、
自分としてはこの素直に動物系を立てつつワイルドにまとめた
今回の「肉南ばんそば」のほうがガツガツといけるスープですね!

お好みで一味などの辛味要素を加えるとさらにハマるかもです!(=゚ω゚)

スープの原材料は醤油、ラード、砂糖、食塩、魚介エキス、
ポークエキス、香味油脂、酵母エキス、植物油、たん白加水分解物、
こんぶエキス、香辛料、発酵調味料という組み合わせとなってます!

東洋水産は上手いと思うのは、これだけ醤油を立てながらも、
カドが立っていると思わせないバランスに整える点ですね!

他社だとこれが闇雲にとがったスープになることもありますしね!
なので、甘さの立て方もちょうどバランスがいいのでしょうね!

麺は厚みはほどほどながらも、かなり幅広の油揚げ麺のそばです!

幅広ということで、ガツガツと食べるのには非常に向いていて、
勢いよく食べたくさせるような力を持ったそばになってますね!

油揚げ麺としてのワイルドさについてもいくぶん持ってますが、
そうした部分も含めて全体に勢いを持たせる効果がありますね!

スープもワイルドなので、麺の個性もプラスにはたらいてますしね!(*゚◇゚)

麺の量は多めの80gで、カロリーは509kcalとなっています!
脂質は24.2gで、やはりけっこう高めの数字になってますね!

具材は味付豚肉、オニオン揚げ玉、ねぎという組み合わせです!

味付豚肉は量も多く、東洋水産らしいリアルな食感が楽しめ、
なおかつ下味もほどよいなど、文句のない肉具材ですね!

これなら「肉そば」を名乗るに十分と言っていいでしょう!(`・ω・´)

オニオン揚げ玉は意識しないと玉ねぎの風味は感じないですが、
どれも大粒なので揚げ玉としての存在感は非常に強いですし、
またスープをよりワイルドな方向に向けるのに貢献してます!

ねぎはリアル系で白い部分が多いうえに全体量も多く、
ちゃんと「南ばん」らしさくを楽しむことができますね!

がっつりといきたくなるように仕上げてありながら、
かえしとベースのスープとのバランスもなかなか秀逸と、
ワイルド系和そばといてはかなりのクオリティでしたね!

かえしの強さを甘さによって上手くバランスを取って、
ベースにラードを効かせることでワイルドさも演出する、
このあたりの上手さはさすがは東洋水産だと思いますね!

夏向けにがっつり行きたいときにはピッタリの和そばですね!(゚x/)モッキユー

【関連記事】
本気盛 肉南ばんそば
本気盛 台湾ラーメン
本気盛 鶏ポタ
本気盛 キムチ豚骨
本気盛 背脂醤油チャーシュー麺
本気盛 塩担々麺
本気盛 スープが辛いねぎラーメン
本気盛 ラー油肉そば
本気盛 辛赤味噌とんこつ
本気盛 辛赤ねぎ豚骨
本気盛 極しお豚骨
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
お、単純にラー油肉蕎麦から
ラー油を抜いただけではないんですね_φ(. .*)

ただ、個人的にはラー油が欲しくなりそうな予感…w

でもカドのない和風スープは素直にハマれそうです!
とりあえず一味唐辛子はスタンバイですな◝( ꒪౪꒪)◜ケケケ…

これがエースコックだったら…多分、
私はノックアウトだったでしょう(苦笑)
まさにマルちゃんらしい、
そして本気盛らしい安定感のある商品でした。
とは言え、新鮮味はほとんどゼロでしたがww

こういうつゆはもうマルちゃんではおなじみで
何回か味わったことのあり懐かしいというか
「またか・・」という感じの関東風つゆでした。

鰹だしメインで濃いめでやや甘め、つゆの色も濃い、
関西ではちょっとダメな人も多そうな内容でしたね。
自分はOKなのでどん兵衛天そば食べるなら
ちょっとプラスしてこっちを食べる派です♪
takaさん、こんにちは!

普通に食べるだけだと「ラー油蕎麦に近いスープ」
というふうに感じる可能性がけっこうありますけどね!

原材料を見るとその違いは明確だったりはするのですが!(=゚ω゚)

今回のポイントは動物系をベースに据えてきた点ですね!

この点は油脂についても同様に言えるところなので、
ラー油が入るとそれをマスクする可能性もありますね!

なので、今回はこれで正解だったのだと思います!

>これがエースコックだったら…多分、
>私はノックアウトだったでしょう(苦笑)

「スーパーカップ極太盛り 濃いラー油蕎麦」を忘れちゃダメですよ!笑
この系統の味で ★6 をつけるという高評価だったじゃないですか!

しかもあちらのスープは甘みについても控えめでしたしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんにちは!

「本気盛の蕎麦」らしい味わいにはなっていましたよね!
無骨さを感じさせる和そばに関してもまさにそうでしたし!

自分の中では関東風というと甘さが控えめの印象ですが、
これは醤油が強めながらも甘みがかなり打ち出されてるので、
その分だけ関西人でも受け入れやすいところがあるかもですね!

関西では甘めのかえし+肉うどんという定番がありますからね!(●・ω・)

東洋水産らしく肉具材もしっかりと頑張っていましたし、
ガツガツ食べたいという欲求には見事に応えてくれるなど、
「食べごたえ」という点では間違いないものがありましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
・・・・・・(; •̀д•́)ハッ

完全に忘れていたスーパーカップの存在(笑)

いや、でもほら、あれは辣油蕎麦だったし…w
(どうも辣油蕎麦を贔屓する傾向にある模様)
takaさん、こんばんは!

エースコック=闇雲に塩辛いというイメージが
スーパーカップの記憶を打ち消していたのですね!笑

とはいえ、あの麺、あの具材で、醤油を立たせつつ、
甘めのかえしも効かせ酢で酸味を添加してたりしたら、
ラー油なしでもきっと高評価に傾くと思いますよ!

スーパーカップの蕎麦はあなどれない存在になってますからね!(`・ω・´)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.