7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー

7/17発売の明星のセブンイレブン限定の新作
「沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー」
を食べました!

こちらも「ハイサイ! 沖縄フェア」の関連商品の一つですね!
日清、東洋水産、明星のそれぞれが商品を担当したわけですね!

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー

ただし、こちらは沖縄そばではなく「そーみんちゃんぷるー」です!
簡単に言ってしまえばそうめんを使ったチャンプルーですね!

チャンプルー味を再現したカップ焼そばは今回が初ではなく、
これまでにいくつかの商品が発売されてきた経緯があります!

沖縄の風 チャンプルー焼そば(東洋水産:2012年)
沖縄風 塩焼そば(エースコック:2012年)
ゴーヤチャンプルーやきそば(まるか食品:2011年)

ただし、これらがどれもあくまで「焼そば」だったのに対して、
今回はちゃんとそうめんを使った商品となっているのですよね!

そういう点ではけっこう革新的な商品と言っていいでしょう!(=゚ω゚)

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー(内容物)

内容物はかやく、液体スープとかなりシンプルな構成です!
また、キャベツに関してだけはあらかじめカップに入ってます!

乾燥状態でも麺がそうめんであるということが伝わりますね!

7/17発売 沖縄のソウルフード そーみんちゃんぷるー(できあがり)

うん、具材も充実していてチャンプルーらしさが出ていますね!
さすがに卵がきれいに全体に絡む感じとはまた違いますが!

肉具材がスパム風のものとなっているのも沖縄っぽいですし!

まずはその味ですが・・・うん、チャンプルー系の味ですね!(●・ω・)

チャンプルー系の味も沖縄そばの味と構成が似ているところがあり、
豚の風味を強めに効かせつつ、かつおぶしの風味を重ねるのですよね!

ただ、この商品は「かつおの旨味とツナの風味」と書かれてあるので、
ここにさらにツナ系の風味が加わるという形になってるようです!

ただ、原材料を見るとツナといってもまぐろではなくかつおのようで、
かつお節でないかつおとかつお節のダブルかつお風味になってるようです!

これによって魚介の旨味により幅を持たせる形になってるのですね!

こうした構成は過去のチャンプルー系商品でもおおむね近かったですが、
食べていてどうもこの商品だけ少ししっくり来ない感があったのですよね;

それが何なのだろうと思っていたのですが、栄養成分を見るとすぐわかりました;
なんとこの商品は脂質が42.4gと、かなり尋常ではない数字になってるのですよね!

これって大盛系のカップ油そばの脂質の数字よりも高いと言えるものですし!

要するに味の構成に関しては王道のチャンプルー路線を踏襲しながらも、
とにかく油脂が強いので食べ進めるほどに重くなってくるのですよね(;゚◇゚)

自分は重くても完食する分には平気なので普通に食べ切れましたが、
ここまで脂質優位にする必要があったかと言われると少々謎ですね!

もしかすると本場のそーみんちゃんぷるーがそうなのかもしれないですが、
この商品は麺が油揚げ麺のそうめんという決定的な違いもあるわけで、
その分を差し引く感じで油脂を活用したほうが良かったように思いますね!

ソースの原材料はしょうゆ、植物油脂、たん白加水分解物、香味油、ラード、
鶏・豚エキス、かつおぶしエキス、かつおエキス、香辛料、食塩、酵母エキスです!

この原材料をよく見ると、前半に油脂系が3つも並べて書かれており、
完全に油脂メインで構成されているソースであることがわかります!

かつおぶしエキスの後ろのかつおエキスはツナエキスの意味でしょうね!

麺は油揚げ麺のそうめんで、そうめんらしくかなり細めになってます!

湯戻し時間の3分は麺の太さを考えるとさすがに長く感じたので、
今回は2分30秒で湯切りましたが、それでもやわらかめでしたね!

もしかするとそのやわらかさこそが再現で重要なのかもですが!(*゚ー゚)

麺に関してはそうしたやわらかさが少々気になりはしたものの、
そうめんを使ったことでリアル感が高まったのはたしかでしたね!

麺の量は115gとそこそこ多めで、カロリーは745kcalです!
脂質は42.4gと、先にも触れましたが驚くぐらいの高さです!

しかも麺量115gって、大盛系カップ焼そばより少ないのですよね!
カップ油そばだと麺量130gで、脂質は38gぐらいだったりしますし!

それを考えると、この商品の脂質がどれぐらい多いかが見えますね!

具材はキャベツ、スパム風豚肉、卵、人参、ニラとなっています!

この中の主役は間違いなくスパム風豚肉と言えるでしょうね!(`・ω・´)

これが肉質といい風味といい水準がなかなかの高さで、
全体の中でもオアシス的な存在になってくれてましたね!

卵はチャンプルーを意識してふわふわ系に仕上げてますが、
全体量は多くなく、ときどき顔を出すような感じでしたね!

人参は戻りが良すぎて、食感がほとんど残ってなかったです;

キャベツとニラは全体をまぜるとときどき麺に絡んできて、
チャンプルーらしさを上手く高めてくれていましたね!

味の構成自体は決して悪くないし、そうめんを使ったのも面白い、
具材に関してもスパム風豚肉を中心になかなかよくできています!

ただ、それでもこの脂質の多さはさすがに人を選ぶでしょう!

もともとがっつり系の味付けの商品というわけではないので、
この脂質の高さを求めて手に取る人もあまりいないでしょうしね;

脂質のバランスさえ上手くいっていれば、そう思える一杯でした!(゚x/)モキムー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これはホントに重たかったです。
ふつう大盛りの汁無し系でも最初は美味しく、
途中からだんだん重くなるのですが、
この商品はいきなりの一口目から重たかったです。

いままでチャンプル系のカップ焼そばでここまで重たいのはなかったので、
チャンプル系は嫌いではなかったのですが、
今回は麺が本格的にソーメンだったこともあり、
なんか自分には合わない商品でした (^_^;)

自分はフツーのゴーヤーチャンプルのほうがいいです。
お酒にも合うしww
たういさん、こんにちは!

たういさんの記事を読んだときには、
「そんなに重いのかなぁ」と半信半疑でしたが、
実際に食べてみるとこれはたしかに重いですね;

でもって、重さを武器にするタイプではないだけに、
その油脂の重さが過剰に感じられてしまうのですよね;

自分も味の方向性としては好きなほうだったのですが、
油脂の過剰さは最後までちょっとネックになりましたね(;゚ω゚)

ただ、そうめんを使ったチャンプルー味の商品、
という路線そのものはすごく面白いと思いましたが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.