長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1

5月に行ってきた「長居公園 植物園」のバラ園のバラを紹介します!

ちょうど5月頃が春のバラのピークの時期となっているので、
バラ園のバラはどれも満開という素晴らしい状況でしたね!

4年前にもこのバラ園に足を運んできたことがありましたが、
そのときはまだデジカメではなく画質もあまりきれいではなく、
今見返してみると満足できる写真とは言い難いのですよね!

「長居公園 植物園」のバラ園にはたくさんのバラがありますが、
今回はあえて撮影するのは10枚のみとかなり絞り込みました!

これは「造幣局 桜の通り抜け」で写真を撮りすぎてしまって、
記事化するのにものすごく苦労してしまったからなのですよね;

なので、今回は1記事につき5枚で2記事のみの構成となります!
これぐらいシンプルなほうが読む側としても楽でしょうしね!(*゚◇゚)

長居植物園 バラ園(アンジェラ)
(アンジェラ)

今回撮影した中でもとりわけきれいに撮れたのがこのバラでした!
このバラはドイツのコルデス社によって作られたもののようです!

とにかくきれいなピンク色で、八重咲きに近くて花びらも多く、
カップ型に包み込みように咲く姿が非常に美しいですね!

そしてバラは香りがいい品種が多いのも大きな魅力ですよね!
花ごとにその香りを嗅いでいくのも欠かせないものですしね!(●・ω・)

長居植物園 バラ園(ショッキング・ブルー)
(ショッキング・ブルー)

その名前の通り、やや青みがかっているのが特徴のバラです!
実際にはブルーというよりは、青紫に近い感じではありますが!

こちらもアンジェラと同様にドイツで生まれたバラのようです!

「ショッキング・ブルー」と聞くとオランダのロックバンドが
思い浮かぶのですが、もしかするとその名が取られたのですかね!

巻きも厚く、それでいて花の色は紫という個性的な色で、
見る者を引きつける力は非常に強いものを感じますね!(*゚ー゚)

長居植物園 バラ園(ストロベリー・アイス)
(ストロベリー・アイス)

こちらはなんだかとっつきやすい名前のバラですよね!
「ストロベリー・アイス」、たしかにそんな雰囲気がありますね!

外側がピンクで、内に行くほど白や淡い黄色などが見える、
このコントラストの美しさはなかなかのものがありますね!

ちなみにこちらのバラはフランスで作られたとのことです!(=゚ω゚)

長居植物園 バラ園(フリージア)
(フリージア)

今回撮影したバラの中でも特に気に入ったバラの一つですね!
とにかく黄色が鮮やかで、なおかつ香りがすごくいいのです!

何度引き返してこの花の香りを嗅いだかわからないほどですし!

黄色系のバラはたくさんありますが、中でもとりわけ鮮やかで、
まさに黄色のバラの代表格と呼びたくなる風格がありますね!

こちらのバラはドイツで生まれたものとなっております!(*・ω・)

なんだかドイツやフランスなど、西欧諸国生まれが多いですね!

長居植物園 バラ園(シンプリシティ)
(シンプリシティ)

今回の記事のラストを飾るのはちょっと紫寄りのピンクで、
薄く広がるように重なって咲くかわいらしいこのバラです!

巻くというよりは広がって咲くような感じになってるので、
一見するとあんまりバラらしく見えないところもありますが、
それが不思議と引きつけるような力を持っているのですよね!

ピンクとも紫とも言えるような中間的な淡い色であったり、
何かこう見ているだけで優しさが伝わるような花ですね!(`・ω・)+

このシンプリシティはレッドやイエローなどもあるようで、
どれもアメリカで作られたバラということになってます!

ということで、今回はシンプルに5つのバラをお届けしました!

次回記事では、またきれいな5つのバラを紹介していきます!(゚x/)モキリュッ

【関連記事】
長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1
長居公園 植物園 2013(大池北側の白鳥さん)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その2)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その1)
長居公園 植物園 2013(大池の南側)
長居公園の桜
長居公園 植物園(白鳥さんとかもさん)
長居公園 植物園(ライフガーデン周辺)
長居公園 植物園(ボタン園)
長居公園 自然史博物館
長居公園 植物園(入口~自然博物館付近)
長居公園(にゃんことかめさん)
長居公園(2010年)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.