9/4発売 名店の味 純連 札幌濃厚みそ

9/4発売のサンヨー食品「名店の味 純連 札幌濃厚みそ」を食べました!

これまでサンヨー食品の「名店の味」はいくつか食べてきましたが、
「純連」の再現カップ麺を食べるというのは今回が初めてですね!

おそらくは発売されるのも今回が初なのではないかと思われます!(*゚ー゚)

9/4発売 名店の味 純連 札幌濃厚みそ

札幌の味噌ラーメンのお店としては、こちらの「純連」や、
「すみれ」などが非常に有名なお店として語られますが、
歴史をたどるとこの2つのお店は同じところに行き着きます!

両者の公式サイトとこちらのブログを参考にしたうえで、
「純連」と「すみれ」の歴史を年表でまとめてみました!

【村中明子さんの時代】
1965(昭和39)
村中明子さんが札幌の中の島に「純連(すみれ)」を開く

1982(昭和57)
村中明子さんの病気により、いったん閉店する

1983(昭和58)
中央区南(中島公園の近く)に移転してお店を再開
このときお店の読み方を「じゅんれん」へと改める

その後、村中明子さんは長男にお店を譲ることを決める

【村中明子さんの引退後】
1987(昭和62)
長男が南区澄川に「純連(じゅんれん)」を開業
1994年には現在の豊平区平岸へとお店を移転

1989(平成1)
三男が母親である明子さんのもとで3ヶ月修行し、
「純連」創業の地である中の島に「純連(すみれ)」を開店

こちらは後に店名を「すみれ」とひらがな表記するようになる

面白いのは1989年以降、同じ「純連」という表記でありながら、
読み方が違うお店が2つ存在していた時期が続いていた点ですね!

そして両者の公式サイトからは少し複雑な思いが見えるというか、
「純連」のサイトには明子さんからの代替わりの件が記載されてなく、
明子さんが開店してからの一本の流れを意識した書き方になってます!

一方の「すみれ」の公式サイトは明子さん引退後の「純連」には触れず、
1983年の移転後の話から一気に1989年の開店に飛ぶ流れになってます!

9/4発売 名店の味 純連 札幌濃厚みそ(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、調味油という構成になっています!
調味油がちゃんと入るという点がいかにも札幌系らしいですね!

9/4発売 名店の味 純連 札幌濃厚みそ(できあがり)

思っていたよりも白濁度が高くないスープになっていますね!
札幌系というと動物系の主張の強いスープのイメージでしたが!

そのかわり調味油に関してはけっこう多めに入っていますね!

まずはスープですが・・・あら、札幌系としては少々意外ですね!(●・ω・)

自分は「純連」のラーメンそのものは食べたことがないので、
お店のスープとの直接的な比較をすることはできないですが、
自分の札幌系の味噌ラーメンに対する味のイメージというと、
ベースの動物系が分厚く、さらに表面のラードがかなり多め、
香味野菜のパンチも強めに効かされているというものです!

ですが、こちらはまずベースの動物系があまり強くないですね!
動物系のベースよりは味噌そのものの主張が立ってくる感じです!

かといって、味噌がとがっているというような印象はあまりないですが、
やや赤味噌っぽさも加えたキレのある味噌ダレに生姜などを加えつつ、
にんにくは控えめにしたいくぶん優しい感じの味噌ラーメンになってます!

そして何より意外だったのが、ラードの厚みがほとんどない点ですね!(=゚ω゚)

調味油が多く入っているので、これがラードなのかと思いきや、
どうもこれは炒め野菜の風味を加えた植物系の油脂っぽいです!

なので、今回のスープの印象は味噌と野菜の風味を強く効かせたもので、
札幌系の味噌ラーメン特有の分厚さとはかなり違うものになってましたね!

もしかすると「純連」がそういう路線なのかなとも思ったのですが、
どうも軽く調べたところもっとラードが分厚いスープのようですし、
これはお店の味とはけっこう違った路線を取ったように思えますね!

ただ、これはこれで一つの味噌ラーメンとしておいしくはあるのですが、
「札幌系の味噌ラーメンを代表するお店の味」ということで出されると、
「えっ、本当にこのスタイルなの?」と思わされるところはありますね!

おそらく実際はもっとベースが分厚く、味噌が立つ感じでもなく、
重厚な旨さを堪能できるタイプのスープなのではと思いますし!

スープの原材料はみそシーズニング、みそ、調味油脂、食塩、
糖類、植物油脂、豚脂、ポークエキス、香辛料、酵母エキス、
野菜エキス、たん白加水分解物、香味食用油となっています!

見ての通り、前半にまず味噌が2つ並べられているうえに、
豚脂が調味油脂より後ろにあり、ポークエキスも中間ぐらいと、
一般的な札幌系のイメージとは違った原材料になってますね!

調味油脂はおそらく野菜の風味を移した植物油脂でしょうしね!

麺はかなり太めでプリプリ感の強いノンフライ麺となっています!

基本的にはサンヨー食品らしい食感を感じさせる麺なのですが、
やはり味噌ラーメン向けにいろいろと調整されていますね!(`・ω・´)

一般的な味噌ラーメンの麺と比べても弾力はやや強めですが、
やや濃い黄色でプリッと弾けるような質感とそこそこの縮れ、
このあたりは味噌ラーメンにピッタリの麺と言えるでしょう!

ただ標準の湯戻し5分でも最初はちょっと硬めに感じられたので、
標準よりもほんのちょっと長めに待ってもいいかもしれません!

麺の量は70gで、カロリーは429kcalとなっています!
脂質は14.9gで、調味油が入る分だけ多少高くなってますね!

具材は鶏・豚そぼろ、メンマ、ねぎとなっています!

具材はさすがにちょっとさみしいと言わざるをえないですね;
価格帯を考慮してももう少しぐらいは頑張ってほしいところです;

ねぎは量が少なく、それほど存在感も感じられなかったですし、
メンマも薄かったので全体的にあまり目立ってなかったですね;

もう少しメンマの存在感が立っていれば印象も違ったかもですが!

そぼろはやや鶏の風味のほうが強めのものとなっていますが、
肉感はけっこうありますし、味噌系のスープにも合ってますね!(*゚◇゚)

ただ、もうちょっと重厚感を感じさせるスープであれば、
そぼろとの相性もより向上したのではとも思いましたが!

どれくらい札幌系味噌ラーメンらしさが出てるかが注目でしたが、
ベースの動物系が強くなく、なおかつカギとなるラードも控えめ、
なおかつ香味野菜の主張も生姜は強めなもののにんにくは弱いなど、
札幌系らしい重厚感はこれといって感じられないスープでしたね!

一方で炒め野菜の風味の効かせ方などはなかなか面白かったので、
野菜の旨味を楽しむ味噌ラーメンというふうに割り切ってしまえば、
これはこれで十分に堪能できるかなという内容ではありましたが!

重厚感よりも野菜の旨味に焦点を当てた味噌ラーメンでございました!(゚x/)モキーン

【関連記事】
名店の味 純連 札幌濃厚みそ
名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油
名店の味 くじら軒 塩ラーメン 今限定魚介だし2倍スープ
名店の味 青葉 中野本店 中華そば 今限定濃厚2倍スープ
名店の味 とら食堂 中華そば
名店の味 ソラノイロ ベジソバ
名店の味 くじら軒 しょうゆラーメン 麺1.5盛+海苔4枚
名店の味 金色不如帰 醤油そば
名店の味 くじら軒 濃口醤油らーめん 麺1.5盛
名店の味 金色不如帰 トリュフ香る塩そば
名店の味 青葉 中野本店 中華そば 麺1.5盛
名店の味 青葉 中野本店 中華そば(ミドルカップ版)
名店の味 くじら軒 特製スタミナラーメン 醤油味
名店の味 青葉 中野本店 中華そば
名店の味 白河 とら食堂 塩そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
こんばんわ^^かぶです。

いやぁ、そんな話があったとは・・・。すみれ・・・うーん・・・
お店ラーメンには歴史がありますね。

チキンラーメンの誕生秘話なんてのも
ありましたけど、やっぱりラーメンは
元々のラーメンからカスタマイズされた文化で新しく根付いたものとして
これからも発信してほしいですね。

このカップ麺を探しにいきます^^
かぶやんさん、こんばんは!

自分はもともと「純連」のほうは知らなかっただけに、
「すみれ」と関連の深いお店と聞いて驚いたのですよね!

そこで「純連」と「すみれ」の歴史を軽くひも解いていて、
それを記事の中に載せるという方法をとってみました!

そうするとなかなか奥の深いことがあったりするものですね!(●・ω・)

最近ではカップ麺を通じてお店のラーメンも知られて、
さらにそこから歴史も掘り下げることができたりと、
カップ麺とラーメンの関連も深くなってきてますよね!

このラーメンは再現度としてはもう一つなのかもですが、
そうした歴史に触れる意義も含めて食べるのもアリでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
この商品はさすがに札幌の超人気店だけあって
この商品の評価が分かれていますよね・・・。
ってか正直わりとネガティブな意見が多いかな (^_^;)
それだけこのお店を愛している人が多い証拠でしょう。
なのでメーカーさんもこういう超人気店のコラボは
早々軽々に商品を作るのはいろいろハードルがありそう。

で、北海道行きたいですね!
広大な原野の一本道を車で激走したいww
そしてその大きさ・広さを体感したいです。
たう~~~いさん、こんにちは!

一つの味噌ラーメンとしては十分アリだと思いながらも、
札幌系の味噌ラーメンらしさがちょっと希薄だったのですよね!

おそらくはその点が評価を分けている点なのでしょうね!(●・ω・)

せっかく味噌ダレ+多めの調味油という構成になってるのだから、
札幌系味噌の特徴であるラードは強く効かせてほしかったですね!

そこが弱いものだから、どうも大人しく感じてしまうというか、
食べやすいけど札幌らしさに乏しくなってしまったのでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.