9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時

9/4発売の明星「汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時」を食べました!

「汁なしの王道」という新ブランドからの商品なのですかね!
ブランド名なのかちょっとわかりにくい名前になっていますが!

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時

ミシュランガイドに載ったこともある「麺や金時」さんの
看板メニューの一つ「汁なし担担麺」をカップ化した商品です!

最近は「汁なし担担麺」もずいぶんとポピュラーになりましたね!(=゚ω゚)

汁なし担担麺のカップ麺というと、花椒をバチッと効かせた
そうしたものが最近はずいぶんと増えてきている印象ですが、
こちらはどういった個性を打ち出しているのか気になりますね!

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時(内容物)

内容物は液体ソースのみというシンプルな構成となってます!

汁なし系って、後入れのスパイスなどが入ることが多いですが、
この商品はそうしたものはなく、ソースに全て注ぎ込んでいます!

9/4発売 汁なしの王道 汁なし担担麺 麺や金時(できあがり)

うん、いかにもピリ辛系の汁なしといった感じのビジュアルですね!

まずはその味ですが・・・おっ、これはちょっと意外性がありますね!(●・ω・)

最近のピリ辛系汁なしらしく花椒がガンガン来るかと思いきや、
唐辛子の辛味も花椒の痺れもそこまで強烈ではないですね!

もちろん汁なし担担麺ということで花椒の風味はあるのですが、
今の視点で言うならむしろバランス型と呼べるぐらいの強さです!

最近はほんと花椒の強さをアピールする商品が多いですからね!
今回ぐらいの強さだと普通というレベルに思われるほどです!

実際には麻辣醤に花椒オイルなどを効かせてあるということで、
唐辛子の辛味だけでなく花椒の存在感もかなり強いはずですが、
それでも最近の他の商品に比べるとまだ抑えめな感じと言えます!

そのかわりラー油の量は多いので、そのコクはかなり強いですが!
ただ、ラー油も辛味ではなく全体のコクを高める役割ですね!

唐辛子系の辛味についても大半の人は耐えられるレベルですし!

また、汁なし担担麺らしくそうした刺激的な要素のバックから
ねりごまの持つまったりとした風味がやってくるのも特徴です!

かといって、ねりごまが完全に主役になっているわけではなく、
存在感としては ラー油>香辛料>ねりごま という順ですね!

さて、ここまでだと単にバランス型の汁なし担担麺に見えますが、
この商品はその枠にとどまらない特徴を持ってたりするのですよね!

それは香辛料の香りの複雑性が非常に強いということなのですよね!(`・ω・´)

自分がこれを食べたときに感じたのが、まず意外に控えめな花椒と、
花椒だけにとどまらない中華系スパイスの香りの強さだったのです!

そこでこの商品のニュースリリースに改めて目を通して見ると、
「五香粉と麻辣醤を」とあるように五香粉を使ってるのですね!

五香粉は中国の代表的な混合調味料で、花椒も含んでいますが、
他にシナモン、クローブ、八角なども加えられて作られます!

今回の商品はシンプルに花椒で刺激を立ててくるのではなく、
複合的な香辛料の香りによってその特徴を引き立ててくる、
そうした狙いをもった汁なし担担麺だったわけですね!

なので、いつもとちょっと違う高級感はたしかにありました!
自分としては刺激の方ももう少し欲しいと思ったりはしましたが!

ソースの原材料は植物油脂、チキンオイル、しょうゆ、糖類、
鶏・豚エキス、香味油、食塩、甜麺醤、たん白加水分解物、
香辛料、米黒酢、麻辣醤、醸造酢という組み合わせです!

ラー油(植物油脂)が主役で、動物系オイルはあえて鶏系で、
そこにお酢も2種類加わるなどなかなか面白い構成ですね!

麺は明星の汁なしらしい、太めの5分湯戻しの油揚げ麺です!

ほどよいブリブリ感ともちもち感が共存した汁なし向けの麺で、
とにかくがっつりといきたいときには最適と言えるでしょう!

有名店の監修商品とは言え、大盛系の汁なしなわけですから、
繊細さ以上に食べ応えにこだわっている面がありますからね!

何も考えずにがつがつと食べるのが一番いいかもしれません!(*゚◇゚)

麺の量は130gで、カロリーは818kcalとかなり高いです!
脂質も41.8gと、けっこうずば抜けた数字になってますね!

これはタレがラー油がやや余るように作られてるからですね!
とにかくラー油の量が多く、ちょっと底にたまるほどですから!

ただ、植物油メインなのでこの数字ほどの重さは感じませんが!

具材は豚・鶏そぼろ、チンゲン菜という組み合わせになってます!
量はほどほどですが、汁なし担担麺の基本が押さえられてますね!(*゚ー゚)

そぼろは鶏の風味も強めですが、肉感もしっかりとありますし、
担担麺らしさを演出するという点では大きく貢献してましたね!

チンゲン菜は一つ一つが少々細かめにはなっていましたが、
全体量はそこそこあるので、そこそこ満足度はありました!

唐辛子の辛味や花椒の刺激を求めると物足りないかもですが、
複合的な香辛料の香りによって独自性を立てる姿勢は面白く、
個性的な汁なし担担麺として上手くまとめあげられてましたね!

香りも楽しめる汁なし担担麺、そんな視点で食べるのもアリでしょう!(゚x/)モッキリュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
なかなか複雑で興味深い味の製品でしたね。
おかげでふりかけなどなくても最後まで美味しくいただけて
800kcal以上摂取してしまいまいました (^_^;)

麺とタレとの相性もよかったですね。
こんな商品もあるなんて汁なし担々麺も奥深いなと思いました。
たう~いさん、こんばんは!

最近は汁なし担担麺というと、とにかく花椒を強く、
というのが一つの定番になっていましたので、
五香粉の香りを生かしてきたのは個性になりましたね!(●・ω・)

もちろん花椒攻めでもお店のらしさは出せるでしょうが、
そこで変化球を投げたという判断は見事だったと思います!

汁なし担担麺の持つ幅の広さを感じさせることにもなりましたしね!

自分は従来型の汁なし担担麺でも十分に好みなのですが、
こうしたいい意味での変化球は今後とも歓迎したいですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.