11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ

11/6発売の明星「極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ」を食べました!
「極のチャルメラ」というシリーズはおそらく今回が初登場ですね!

11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ

どんぶり型で湯戻し60秒のバリカタ系豚骨ラーメン・・・、
これって「バリカタ」シリーズとどう違うのでしょうね(;゚ω゚)

少し前に「明星 バリカタ 濃厚とんこつ」が出たばっかりですし;

でもって、このデザイン・・・どことなく既視感があるのですよね;

そこで調べてみると、以前にあった「ラーメンの底力」シリーズの
豚骨系のラーメンのデザインをほぼ使い回しているのですよね!

レンゲの色も麺との配置などもまるっきり一緒じゃないですか!笑

新しいブランド(?)を作るにあたって、どういう名前にすれば
最も受け入れられるかを試すために作られた感のする商品ですね;

最近はチャルメラも豚骨向けには得意のノンフライ麺を起用したり、
「豚骨にも強いチャルメラ」をアピールしてるところがあるので、
その延長線上にある商品というふうにも位置付けられそうですが!

ただ、それにしてもこのあまり目立たない「チャルメラ」の文字や
チャルメラおじさんがどこにもいないデザインはどうかと思いますが!(゚◇゚)

11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(内容物)

内容物はかやく、あとのせかやく、粉末スープ、液体スープです!
粉末スープは一応後入れ仕様となっているので少し注意が必要です!

湯戻しが1分ということで、最初からフタは全てはがしています!

11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(できあがり)

うん、なかなかソツなく整えられた豚骨ラーメンという感じですね!

まずはスープですが・・・非常に実直なまろやか系の豚骨ですね!(●・ω・)

例によって豚骨臭は控えめで、食べやすさを重視したスープですが、
無理にまろやかさを演出したようなギミック的な要素がないので、
ノーマルながらも素直に楽しめる豚骨スープにはなっていますね!

おおむね「バリカタ 濃厚とんこつ」とスープの方向性は似てますが、
全体的にこちらのほうが素直で、ほんの少し豚骨感が上かもしれません!

「バリカタ」の最近のスープは無理に丸めている感があるのですが、
それがない分だけこちらのほうが少し好印象になった面がありますね!

とはいえ、あまり特徴のないまろやか系豚骨なのは共通してますが;

そしてここにアクセントとしてマー油が一応は加わっているのですが、
あくまでほんのりとマー油の香ばしさとコクが入るといった感じですね!

見ての通りスープの中にマー油の黒さが目立つような感じはないですし、
言われなければマー油が入ってると気付かない可能性すらあるほどです!

にんにくの強さだけなら、むしろ「バリカタ」シリーズのほうが強いぐらいで、
直線的なにんにく感はなく、全体的に香味野菜の刺激はやわらかいですしね!

スープの原材料は豚・鶏エキス、食塩、香味調味料、香味油、ラード、
しょうゆ、香辛料、デキストリン、糖類、ポークオイル、たん白加水分解物、
植物油脂、酵母エキス、粉末油脂という組み合わせになっています!

香味油=マー油が4番目で、その次がラードとなっているのを見るに、
油脂によるアクセントはほどほどというのが原材料からも見えますね!

それ以外は特にこれと言った特徴を感じさせるものは入ってないですね!

麺はいかにも豚骨向けらしいストレートの低加水ノンフライ麺となってます!

この麺ですが・・・この商品はこちらこそが主役と言えるでしょうね!(`・ω・´)

原材料の構成が同じなので「バリカタ」と同じ麺だと思いますが、
不思議と今回のほうがこれまで以上においしく感じたのですよね!

パツパツとした食感はまさにリアルな豚骨ラーメンの麺そのもので、
なおかつ時間経過による食感の劣化があまり起きなかったのですよね!

もともと「バリカタ」の麺は食感の維持力がけっこう高いのですが、
今回の麺は偶然かもしれませんがそれ以上の力を感じましたね!

中盤ぐらいになってもパツパツとした食感が残っていましたし、
低加水麺らしい小麦の風味などもきちっと感じることができ、
それが最後までかなり維持されていたのはほんと見事でしたね!

もうこの麺が入るだけでおいしいと言わせる力があるのですよね!

中途半端な豚骨ラーメン屋の麺よりは上と言っていいほどですし、
「この麺はもはや反則クラスだな」と改めて感じさせられましたね!

麺の量は70gで、カロリーは383kcalとなっています!
脂質は11.7gで、ほどほどの量といったところですかね!

「バリカタ 濃厚とんこつ」のときより麺量が5g多くなってますね!
ほんの5gではありますが、その分だけ食べごたえは増していました!

具はチャーシュー、キクラゲ、ねぎ、紅生姜、ニラ、ごまです!
このうちニラとごまの2つがあとのせかやくとなっています!

チャーシューはごく普通のカップ麺的なものではありますが、
それ以外の具材は豚骨向きのものを上手く集めていますね!

キクラゲはコリコリとした食感を楽しむことができますし、
紅生姜は少量ながらも風味にいいアクセントをつけますね!

そして特にいい効果を見せてくれていたのがニラですね!(*゚ー゚)

全体的に素直で大人しいタイプの豚骨スープだっただけに、
ニラの香味がほどよいアクセントになってくれてたのですよね!

これをあとのせかやくとしてチョイスしたのが正解だったでしょうね!

スープはごく普通のまろやか系で、マー油の効き具合もほどほど、
決して何か強いインパクトを与えるスープではなかったのですが、
それでも全く不満を感じなかったのは秀逸な麺のおかげでしたね!

もうこの麺のためだけに購入していいと言えるほどのクオリティで、
最初から最後まで麺を楽しむために食べてるような感じでしたね!

これを食べるとやはり豚骨向けの麺は明星がNo.1だと改めて確信しますね!

とにもかくにも麺が旨い、そう思わせてくれる豚骨ラーメンでした!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ
チャルメラSPECIAL 特濃ホタテだしシーフードヌードル
チャルメラどんぶり 辛白湯
チャルメラどんぶり コク旨しょうゆ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これはもう完全にチャルメラ失踪事件でしたね…

バリカタシリーズとしては安心して楽しめるけど、
チャルメラ感は皆無に等しい仕上がりでしたから( ´・ω・)

せめてスープにホタテの旨味が…と、
若干の期待をしてみるも、そんな工夫もなく…
質は間違いありませんが、自分の評価はネガティヴです( ´-ω-)
takaさん、こんにちは!

チャルメラも醤油以外はホタテ風味などは意識しないことも多く、
特に豚骨系だとごく普通に豚骨スープを組み立ててきますので、
一応はその延長線上と言えないこともなくなかったですけどね!(●・ω・)

とはいえ、明星はもともと「バリカタ」シリーズを持ってるので、
これをチャルメラだと呼ばれても困ってしまう面がありますが;

しかもデザインは「ラーメンの底力」の流用になってますしね!笑

自分の場合は食べる前から「チャルメラは名前だけ」と思ってたので、
まぁいつもの「バリカタ」を食べるのと同じ感じで楽しめはしました!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.