ふじ門製麺 豚だしらぁ麺

JR奈良駅近くの「ふじ門製麺」に行ってきました!
JR奈良駅の周辺のお店に行くのは少しひさしぶりですね!

こちらは昼営業のみなのでややハードルが高いのですが、
今回は昼に動きやすい機会ができたので行ってきました!(`・ω・´)

JR奈良駅周辺のお店の中でも特に行きたいお店でしたし!

こちらのお店のラーメンは動物系メインである「豚だし」と、
魚介系メインの「魚だし」の2種類のものが提供されてますが、
今回はどっしり感がありそうな「豚だし」のほうにしました!

ちょっと白湯系のスープを味わいたい気分でもありましたので!

こちらのお店は店名に「製麺」とついていることもあり、
自家製麺も大きな看板なのでそこにも期待したいですね!

ふじ門製麺 豚だしらぁ麺

ということで、その「豚だしらぁ麺」がやってまいりました!
非常に上品さをうかがわせるビジュアルとなってますね!

まずはスープですが・・・しっかり丸みを帯びたスープですね!(●・ω・)

ベースは複数の豚骨と三河赤鶏のガラなどとなっているようで、
いわゆる鶏白湯と豚骨白湯の2つの要素を併せもたせたような、
鶏豚骨白湯となりますが、とりわけバランス感が光っています!

鶏白湯に通じる丸みやクリーミーさをしっかり引き出しつつ、
豚骨白湯ならではのコクの太さなどもきちっと宿っています!

また、事前にハンドミキサーでスープを泡立てることによって、
スープの包み込むようなまろやかさがより高められています!

そしてその鶏豚骨スープを魚介だしで割るダブルスープですが、
魚介はガンガンと前面に出てその旨味を主張するのではなく、
動物系を主役に据えつつその旨味を下支えしている感じです!

こうした組み合わせのラーメンは他にも見ることはできるますが、
こちらのお店はその中でもいかに幅広い人に好まれるラインに
スープを整えることができるかを重視している感がしましたね!

鶏豚骨などの動物系白湯メインのスープは濃度もウリになるので、
その分だけヘヴィな仕上がりにあることもけっこうありますが、
こちらは食べ終わってもそうした重さはほとんど残りません!

また、タレについてもあまりシャープにしていないこともあり、
後口にきつさが残ってしまうということも全くないですね!

しかし同時に鶏や豚骨のコクや旨味は十分に引き出されており、
丸みやまろやかさは楽しませつつ、重さやきつさは上手く抑える、
そうしたバランスの妙を楽しむことができるスープと言えましたね!(=゚ω゚)

そのため白湯系ながらも頻繁に食べても飽きがきにくいとも言えます!
そうしたところこそがこちらのスープの最大の強みと言えるかもですね!

トッピングはチャーシュー、揚げれんこん、ごぼうのスライス揚げ、味玉、
白髪ねぎ、青ねぎ、ルッコラ、かいわれ、生玉ねぎ、糸唐辛子です!

チャーシューはしっとりとろけるようなやわらかさがあって、
味付けの強さ、赤身と脂身のバランスなどもちょうど良くて、
どのようなスープともよく合う仕上がりとなっていますね!

そして他の具材を見ると野菜へのこだわりの強さも見えますね!
チャーシュー以外のカギになっている具材がどれも個性的ですし!(*゚ー゚)

まずは揚げれんこんですが、れんこんらしいサックリ感とともに
揚げることで生まれたサクサク感と香ばしさがよく出ていて、
こちらのラーメンのポイントとなる具材の一つになってます!

ごぼうのスライス揚げは「座銀」などでも見かけるものですね!

ごぼうって揚げると非常に香ばしい風味が出てくれるのですよね!

そのままカリッとスナック的な感覚で食べてもいいですし、
スープにつけてしんなりさせることで甘みを引き出して、
そうして食べるというのもなかなか良かったりします!

味玉は熱の入り具合も味付けもどちらもバランスがいいですね!
特に卵黄の固まりつつとろける感じが非常によくできています!

そしてルッコラについては、いつもは水菜を使うところを、
今回は実験的にルッコラにしてみたというお話でした!

ルッコラの持つ青菜らしいほんのりとした苦みが心地よく、
そのまま食べることでいい具合に口をリセットしてくれます!

水菜と比べるとこちらのほうがソフトな印象がありますね!
食感は優しいながらも風味ではしっかり主張をしてくれます!

薬味系の中で最も存在感が強めだったのは白髪ねぎでしたね!
麺に絡めながら食べることで味をピシッと引き締めてくれます!

また、後半には玉ねぎのやや強めの辛味も効果的でしたね!

ふじ門製麺 豚だしらぁ麺(麺のアップ)

麺は細麺と中太の2つから注文時に自由に選ぶことができますが、
こちらの「豚だし」は中太向きということで中太麺にしました!

断面の丸い、しっとりとした質感の中太麺となっています!

その食感ですが・・・おぉ、このもっちり感は素晴らしいですね!(*゚◇゚)

動物系白湯のラーメンというと、やや歯切れを重視した
パツッとした食感の麺が合わせられる印象がありますが、
こちらの麺はそうした路線とは明確に一線を画してます!

表面はつるりとしていて艶やかさがあり、すすり心地も良く、
さらに噛むともちっとした絶妙の強さの弾力を見せます!

この弾力もまた強すぎず弱すぎず、またこの麺の太さが
このちょうどいいラインの弾力を生む要因にもなってます!

この中太麺は北海道産の小麦粉だけで作られていますが、
それもこの食感のポイントになってるように思いましたね!

オーストラリア産なども配合するとおそらくこの麺よりも
もっとプリ感が強い方向にいくのではないかと思いますが、
そこまでの強さを求めなかったのも良かったのでしょうね!

今回のもっちり感はそれぐらい自分にとって絶妙でしたし!
麺を食べていて「楽しい」と思わせてくれる食感でしたからね!

こちらのお店は「ラーメンは麺が主役」と言っていますが、
この麺を食べるとその意思がはっきりと伝わってきますね!

スープだけでなく、この麺まで合わさることによって、
このラーメンが唯一無二の個性的な存在として昇華する、
それぐらいの意味合いをこの麺からは感じられましたね!

スープだけで見ても十分な完成度を誇る一杯でありながら、
食べてみるとたしかに「麺を食べている」という感覚が強い、
白湯でありながら麺が主役を見事に体現してるのはさすがです!

かんすい臭さなどは皆無で麺の風味も申し分ないですし、
麺が主役になるだけの存在感を明確に発揮していながら、
スープとのバランスで麺勝ちになってるわけではなく、
スープと調和させつつ麺が立っているのは見事ですね!

それだけに麺大盛にしておけば良かったと後悔しましたね;

こちらの麺大盛は1.3倍でなおかつ30円とちょうどいいのですよね!

このスープであれば1.3倍で重くなることもないでしょうし、
こちらでは麺大盛は必須と考えてもいいかと思いましたね!

誰もに好まれるようにバランスを整えた鶏豚骨スープに、
表面のしっとり感ともっちりとした食感の調和した麺と、
スープ、麺のどちらにも見どころのある一杯でしたね!

中でも麺のクオリティの高さは特筆すべきものがあるので、
訪問したときはぜひとも麺に注目しつつ食べてほしいですね!(゚x/)モッキューン

[メニュー]
ふじ門製麺 メニュー

お店の住所と地図 奈良県奈良市馬場町11
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.