12/18発売 銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま

12/18発売の明星「銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま」を食べました!
セブンプレミアムの商品なので、セブン&アイ系列限定での販売となってます!

同時発売の「銘店紀行 横浜ラーメン 六角家」はすでに紹介していますね!

12/18発売 銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま

まさかこの時期になって2商品同時発売が来るとは予想外でしたね!
年末年始が近くなると新商品の数は一般的に減りがちですからね!

「博多だるま」というと、セブンプレミアムの看板として
どんぶり型バージョンで長く販売されているのですよね!

豚骨臭を強く打ち出した豚骨ラーメンということで非常に評判が高く、
その路線のカップ麺としては他の追随を許さないと言われています!

それが縦型カップになることで、どうなるか気になるところですね!(=゚ω゚)

12/18発売 銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま(内容物)

ほう、縦型カップらしくかなり多くの具材がひしめいていますね!
中でも豚骨ラーメンらしく青ねぎが多く入っているのが目を引きます!

12/18発売 銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま(できあがり)

仕上げに後入れの調味油をかけると完成となります!
ノンフライ麺系の商品ですが、湯戻し時間は2分です!

まずはスープですが・・・おっ、なかなかの本格派のスープですね!(●・ω・)

これは縦型になってもさすがは「博多だるま」らしいと言うべきか、
縦型カップにありがちなスナック系豚骨路線には陥ってはおらず、
ちゃんと本格派の豚骨スープを指向していることが見えてきます!

中でも後入れの調味油による風味の重ね方が非常にいいのですよね!

ベースのスープだけ見ると、そこまで濃度が高いわけではなくて、
どちらかというとけっこうサラリとしたタイプではあるのですが、
調味油が入ることでむわっと来るような豚骨の風味が高まって、
一気に本格度の高い豚骨ラーメンらしさが引き出されるのですよね!

なので、調味油の主張が強く出てくる前半ほどその風味は強烈で、
「博多だるま」らしい豚骨感の強さがしっかりと堪能できますね!

そして後半になると調味油の主張が徐々に下がってくるのですが、
ベースの豚骨についても決して弱さを感じるものではないですね!(*゚◇゚)

純粋な濃度という点でだけ見るとほどほどのラインなのですが、
豚骨としてのらしさや骨っぽさはしっかりと演出されていて、
きちっと力強さのある豚骨として楽しめるものとなっています!

そしてここに具材である背脂加工品が上手く絡んでくるのですよね!

最近はいくつかのメーカーで、背脂のとろっとした感覚を出した
そうしたフレーク状の乾燥具材を投入してくることがあるのですが、
この背脂風味の具材によって、より豚の風味に厚みが加えられて、
さらにほんのりとした背脂らしい甘みも全体に加わってきます!

パッケージに「背脂とんこつの殿堂」と書かれているように、
今回のスープではこの背脂もいい仕事をしてくれてましたね!

スープの原材料はポークエキス、デキストリン、香味油、
たん白加水分解物、食塩、香辛料、酵母エキス、動物油脂、
香味調味料、とろみ粉末という構成となっています!

デキストリンやとろみ粉末で少しとろみをつけてるようですが、
とろみは強くはなく、あくまで豚骨ラーメンとして見たときに
自然なレベルのごく軽めの粘度をつけるにとどめられてますね!

変にとろみが強くなると、むしろ不自然さも強まりますからね!

麺はまさに豚骨向けらしいストレートのノンフライ細麺です!
これはさすがは明星と言っていいクオリティの麺となってますね!(`・ω・´)

形状、ストレート感、太さのどれを取っても豚骨向けらしく、
さらに軽いザラつき、パツッとした低加水らしい食感など、
豚骨向けの麺に強い明星の実力が如何なく発揮されています!

さすがにどんぶり型向けの豚骨系の麺にはやや及ばないものの、
縦型でこれだけの麺が食べられるとあれば十分満足できますね!

湯戻し時間は2分ですが、少し早めに食べ始めるのもアリでしょう!

麺の量は65gで、カロリーは387kcalとなっています!
脂質は11.0gで、ノンフライということでけっこう低めです!

具材はチャーシューチップ、背脂加工品、きくらげ、ねぎです!

チャーシューチップは食感がやわらかめに仕上げられた
ごく普通のカットされたチャーシューではあるのですが、
量がそこそこあるので満足度はけっこう高くはありますね!(*゚ー゚)

そして背脂加工品はとろっとした質感が本物の背脂に近く、
背脂豚骨らしさを演出するうえで大きく貢献しています!

きくらげも量が多く、なおかつ一つ一つがけっこう大きめで、
コリコリッとしたきくらげらしい食感が十分に楽しめます!

また豚骨ラーメンらしさを引き立てるのにも役立ってますね!

青ねぎも豚骨ラーメンには欠かせない具材の一つですが、
これも量が多く、具材についてはどれも整ってますね!

後入れの油脂がもっと多ければさらに満足度が高まったと思いますが、
太い本格的な豚骨感、豚骨向けらしいストレート細麺、充実した具材と、
縦型ながら弱点らしい弱点の見当たらない良作に仕上がってましたね!

本格感のある豚骨を求めるならば十分に納得できる一杯と言えるでしょう!(゚x/)モキューン

【関連記事】
銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま
銘店紀行 家系伝承の味 横浜ラーメン六角家
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
よし、3日後に買おう、そうしようw

博多だるまも随分と劣化したけど、
それでも秀逸な仕上がりだもんね(; •̀д•́)

タテ型なら、ある種の妥協もプラスに作用するし、
らしいなら、高い満足感がえられそう(*´꒳`*)
takaさん、こんばんは!

「もうちょっと調味油が多ければより良かったけど、
 縦型の豚骨としてはよくできている」といった感じでしたね!

ただどんぶり型の廃止と縦型の発売がセットだとすると、
どうとらえるかがやや微妙になってくるかもですが!(=゚ω゚)

>よし、3日後に買おう、そうしようw

ということは、セブンに行く機会ができるということですね!

だとすると、「博多だるま」や「六角家」を買うのもいいですが、
「IPPUDO」はぜひとも逃さずにゲットしてほしいところですね!

発売日から少し経ってますが、遅れても紹介する価値アリですし、
記事化なしでも食べるに値するだけのものは間違いなくありますよ!(`・ω・´)

この前の「贅の極み」よりも満足できること請け合いだと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
これは美味しかったですね!
タテ型のビハインドをそんなに感じさせないスープでした。
調味油がほんとにいい仕事していましたよね。
この調味油の調合が素晴らしいです、
この調味油があればそこそこ怪しい豚骨スープ(笑)も
少しはそれっぽくなりそうな気がするくらいのクオリティでした。

麺もスチームノンフライ麺でうまくそれっぽくなっていましたし具も豊富!
出来る範囲内でよく練られた製品と思います。
たういさん、こんにちは!

最近は豚骨感をしっかりと出した豚骨カップ麺が少ないですが、
その中では豚骨の個性を上手く引き出した一杯になってましたね!

縦型という枠としてはスープも麺も頑張っていたと思います!(`・ω・´)

そして何と言っても調味油の完成度が高かったですよね!

スープだけだとちょっと弱いかなと思ったりもしましたが、
調味油を入れた瞬間に風味が一気に大化けしてくれましたね!

この調味油は他の商品でも使ってほしいとおもうぐらいです!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.