12/11発売 凄麺 ねぎ醤油の逸品

12/11発売のヤマダイ「凄麺 ねぎ醤油の逸品」を食べました!

この商品はもともと買うかどうか迷っていたのですが、
立ち寄ったヨーカドーに普通にあったので購入しました!

12/11発売 凄麺 ねぎ醤油の逸品

凄麺の「ねぎ○○の逸品」というと「ねぎみその逸品」が有名ですが、
このラーメンはそれの醤油バージョンといった感じになるのでしょうね!

「ねぎみその逸品」は凄麺の中でも名作として知られてますが、
この「ねぎ醤油の逸品」もそれに近づくことができるのですかね!(*゚◇゚)

12/11発売 凄麺 ねぎ醤油の逸品(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、焼き海苔という組み合わせです!
ちょっとびっくりするのは液体スープの袋の大きさですね!

これは事前に湯煎するなどしてきちっと温めておかないと、
投入したときにスープの温度が一気に下がってしまいますね!

12/11発売 凄麺 ねぎ醤油の逸品(できあがり)

(*・ω・)素晴らしい、これが世に言う「クリスマスねぎツリー」か・・・!
          また今年も変なことを始めおった!(・ω・*)

(*・ω・)ね~ぎの木~♪ ね~ぎの~木~♪
          そんな歌はない!(・ω・*)

(*・ω・)なんやて? クリスマス定番の歌「ねぎの木」も知らんのか!?
          それは「もみの木」や! ねぎが木になるか!(・ω・*)

というわけで、今年もクリスマスがやってまいりました!(*・ω・)

この「ねぎ醤油の逸品」を見たときにふと思ったのですよね!
この商品なら具材をクリスマス向けに使えるのではないかなと!

          そんなことのために買うたんかい;(・ω・;)
(*・ω・)ねぎの緑と唐辛子の赤と来ればこれしかないやろ!

     せやけど、これはもう昨年よりもある意味ひどいな;(・ω・;)
(*・ω・)何を言うんや、これこそアートやないか!

さて、ということで普通のこのラーメンの話に戻りましょう!

まずはスープですが・・・なるほど、にんにくと背脂が主役ですね!(●・ω・)

背脂系の醤油ラーメンにも京都系や尾道系などいろいろありますが、
このスープはそのどちらのタイプにも属さないと言っていいでしょう!

ベースが豚系でそこに背脂を重ね、魚介系は加えないというスープは
一定程度は京都系の背脂ラーメンと共通点も感じさせるのですが、
にんにくが強めに効いているというのが明らかな違いになっています!

また、たしかに背脂を効かせたスープにはなっているのですが、
全体の比重としてはそこまでまったりとはしてないのですよね!

むしろ全体的には動物系もそこまでどっしりと効かせるのではなく、
ねぎの風味に合わせてかすっきりとした仕上がりになっていて、
醤油についてもそこまで強く打ち出す感じではないのですよね!

なので、トータルとしてはライトな醤油系スープをにんにくで鋭くし、
そこに背脂を付加的に合わせることでコクをプラスした感じですね!

食べる前はもっと京都寄りの背脂醤油をイメージしていたのですが、
むしろ「ねぎみその逸品」と同様のにんにく主体のスープでしたね!(*゚ー゚)

スープの原材料は動物油脂、しょうゆ、ポークエキス、食塩、
糖類、たん白加水分解物、ニンニクペースト、乾燥卵黄、
香辛料、酵母パウダー、オニオンエキスとなっています!

乾燥卵黄がスープに入ってるのだけはちょっと謎ですね!
普通はラーメンのスープに入れるものではなさそうですが!

(*・ω・)クリスマスになんか関係しとるんとちゃうか?
          この商品はクリスマスとは関係ない!(・ω・*)

(*・ω・)たぶん「乾燥もみの木粉末」の間違いやで
          そんなもの入れるラーメンがあるか;(・ω・*)

麺は「凄麺」シリーズらしいプリ感の強い麺となっています!

          ねぎツリー作ってるうちにのびたけどな(・ω・*)
(*・ω・)メリークリスマス!

実際に食べたときには微妙に食感がゆるんでいましたが、
あくまで「凄麺」のいつもの麺の延長線上にありましたね!

4分で食べるとややプリ感が強めに出るタイプの麺ですが、
以前に比べるとずいぶんと食感も自然になってきましたね!

麺の量は60gで、カロリーは397kcalとなっています!
脂質は13.2gで、背脂が入る分だけちょっと高くなってますね!

もちろんノンフライ麺の商品なのでトータルとしては低いですが!

具材はフリーズドライのねぎ、唐辛子、焼き海苔となっています!

ねぎはどれも細長くカットされていて、食感はシャキシャキと、
かつねぎの甘めを楽しめるクオリティの高いものとなってます!

それでいて量も多いなど、さすがはねぎが主役の商品ですね!
ねぎ以外の具材をほとんど入れていない潔さも目を引きます!

(*・ω・)せやけど、ツリーってこんなに食感シャキシャキなんやな
          普通のねぎやと言うてるやろ!(・ω・*)

(*・ω・)カラーボールはホクホクやった
          食うな食うな!(・ω・*)

(*・ω・)たとえるなら「くわい」のような味で・・・
          続けんでよろしい!(・ω・*)

輪切り唐辛子は2つぐらいしか入っておらず存在感がなかったです;
これがもうちょっと入っていればより味も締まったと思いますが!

彩り目的でねぎツリーを飾るために唐辛子を使ったのですが、
2つしかなかったのであまりにぎやかにはできなかったですね!笑

焼き海苔はかなり薄いですが、2枚入ってくれているので、
麺を巻きながら食べるとなかなかいい活躍をしてくれます!

写真を撮る際にカラーボールから特有の匂いがしてきたので、
「あれ、食べるときに大丈夫か」と思ったりもしましたが、
その点は全く影響なく食べる分には何も問題はなかったですね!

にんにくを効かせたシャープなスープはねぎに合っていましたし、
主役のねぎについても量もクオリティもどちらも整っているなど、
さすがに「ねぎみその逸品」にまでは及ばないかなと思うものの、
全体的にはまとまった一杯に仕上がっていたと言っていいでしょう!

          今年も変なアートをしたことについて反省はないか?(・ω・*)
(*・ω・)カラーボールのひもを切らなかったのが心残りで・・・
               そこかい;(・ω・;)

というわけで、クリスマスらしさ満開の一杯でございました!(゚x/)モギュリッ

【関連記事】
凄麺 ねぎ醤油の逸品
凄麺 麻辣ねぎラーメン
凄麺 名古屋台湾ラーメン 激辛醤油味
凄麺 夏の激辛味噌ラーメン
凄麺 青森煮干中華そば
凄麺 高井田系中華そば
凄麺 川式担担麺 汁なし担担麺
凄麺 什錦炒麺 五目塩焼そば
凄麺 横浜とんこつ家 豚骨醤油ラーメン
凄麺 かけらーめん あごだし醤油味
凄麺 熟炊き鶏そば
凄麺 メガカップ きゃべ辛味噌
凄麺 PREMIUM ねぎみその逸品
凄麺 NEO焼そば

クリスマスイルミネーション てんしば 2017年(その2)
(てんしばにて 2017年12月撮影)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
うん…これは昨年よりも酷ぇ…!w

きっと何か仕込んでくるだろうなぁ…
とは思ってたけど、ここまでのインパクトとはw

> これは事前に湯煎するなどしてきちっと温めておかないと、
> 投入したときにスープの温度が一気に下がってしまいますね!
からの飾り付けw 冷めるわw スープ冷めるわww

え…もしかして、オーナメントも湯煎した…(; ꒪д꒪)?!

とりあえず本体は★4くらい稼いでくれそうだけど…

> クリスマスらしさ満開の一杯でございました!(゚x/)モギュリッ
これ、かーと仕様限定だからww 腹筋割れたわww
takaさん、こんばんは!

昨年はわかめの色が素直にツリーっぽかったので、
ムチャクチャながらも上手く成立してたのですよね!

それに比べると今年は完全にカオス化してますよね!(゚◇゚)

面白さを通り超えて「なんだこれは」という状態ですし!

ちなみに液体スープを投入した後、飾りつけしやすいように
ちょっとスープを飲んだのですが、そのときはアツアツでした!

一番素直にスープを楽しめたのはそのときだったかもです!笑

さすがにカラーボールとかまでは湯煎しなかったですね!
もししてたら逆に怪しい匂いが強まったかもしれないですし!

>からの飾り付けw 冷めるわw スープ冷めるわww

いやほんとクリスマスの飾りつけなんてしたものだから、
スープのほうから冷めた反応をされてしまいましたね!(*・ω・)

コメント欄でもまだやるのか(・ω・*)
(*・ω・)懲りへんで!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
なにこれ?
なんかペヤングよりもやりきってますな。
そしてかなりイミフで閉口(*´∀`*)
どうしてもこの製品がクリスマスにつながるというのもわからずww

自分は昨日はまさにリア充のデートスポットで
しっぽり濡れたカップルを山ほど見てまいりました!

で、製品的にはかなり期待して買ったのですが、
内容は意外とかなりフツーな感じでしたね。
ポークベースの背脂ちゃっちゃが印象に残りましたが。

頑張って搜したわりにはちょっと肩透かし。
たういさん、こんばんは!

2年前までは普通のカップ麺の紹介記事に
強引にクリスマスネタをねじこむ感じでしたが、
昨年の「わかめMAX」で弾けたのがいけませんでしたね!笑

あれのせいで今年も完全に振り切れてしまいました!(゚◇゚)

「わかめMAX」はわかめの色といいその量といい、
さらには他の具材の飾りつけ向きの色合いといい、
クリスマスネタにあまりにピッタリでしたからね!

今年この商品がクリスマスにつながったのは、
単に「ねぎがツリー状にできそうな気がした」
という一点だけで、意味は全くないですね!笑

クリスマスっぽい雰囲気を感じる何かがあったとか、
そういったことは一切ないのがポイントではあります!(*・ω・)

「ねぎみそ」のほうは商品全体に大きな個性がありますが、
醤油の場合は大量のねぎ=青ねぎの印象が強いこともあって、
このタイプのねぎと合わせたときに抜群に映えるスープ、
というのが思いつきにくいという弱点はありますね!

それが京都系と「ねぎみそ」の路線の折衷案のような
ノーマルな仕上がりになったのにも影響してそうですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.