2/12発売 ペヨング 激辛やきそば

2/12発売のまるか食品「ペヨング 激辛やきそば」を食べました!
「ペヤング 激辛」ではなく「ペヨング 激辛」である点に注意が必要です!

「ペヤング」の廉価系ブランドである「ペヨング」からの登場ですね!
そのため入手価格は100円前後と「ペヤング」シリーズよりも安いです!

しかしここ3週間のペヤングはずいぶんと気合が入っていますね!

先々週は「ピーヤング 麻婆春雨」、先週は「ペヤング 塩ガーリック」、
そして今週はこれを含めてペヨングの新商品が2つ同時に発売されます!

これだけペヤングが連続して新作を出してくるのは珍しいですね!

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば

なんだか韓国カップ麺のようなフォントになっていますね!
あえていつもとは違う雰囲気を漂わせる感じになっています!

そういえば「ペヨング」ってデザインがいつも横長ですよね!
フィルムをめくると結局いつもの縦型になってるのですが!

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという構成になっています!
かやくの袋のほうは普通に「ペヤング」と書かれています!

ソースのほうはちゃんと「peyong」になってるのですが!(=゚ω゚)

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば(できあがり)

うん、廉価系商品らしいシンプルなビジュアルになってますね!

まずはその味ですが・・・お、「ペヤング 激辛」とはけっこう違いますね!(●・ω・)

「ペヤング 激辛」はその強い辛さもポイントではありますが、
それと同時にけっこう強めの甘さがカギになってるのですよね!

食べた瞬間にまず甘みがやってきて、それ追うように辛さが来る、
それが「ペヤング 激辛」ですが、そのバランスなどが違います!

こちらの商品は食べてすぐにやってくるのはウスターソースの風味です!

ウスターソースの持っているソース感と酸味がまずやってきて、
そこから一歩遅れて「ペヤング 激辛」的な甘さがやってきます!

そしてそれと同時にけっこう激烈な辛さが攻めてくる感じですね!

なので「ペヤング 激辛」をそのまま廉価版にしたというよりは、
「ペヤング 激辛」の要素を残しつつウスターソースでアレンジして、
ソース焼そばらしさをよりアピールする仕上がりになったと言えます!

おそらくそのソース感は基本の「ペヤング」と同じだとは思われますが、
ノーマルの「ペヤング」のソースの持っている甘さやまろやかさは
「ペヤング 激辛」に由来する甘さなどの後ろに隠れてしまってます!

そのためソース感は主に酸味などを高める方向に作用していますね!(*゚◇゚)

そこでソースの原材料を「ペヤング 激辛」と比較してみましょう!

[今回の商品]
ウスターソース、糖類、植物油脂、食塩、りんご、トマトペースト、
たん白加水分解物、香辛料、ポークエキス

[ペヤング 激辛やきそば]
糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、ポークエキス、
植物油脂、りんご、香辛料、トマト、野菜エキス、でん粉

[ペヤング ソースやきそば]
ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、牛肉エキス、香辛料

ウスターソース、糖類から始まるのは「ソースやきそば」と同じですね!
一方でりんご、トマト、ポークエキスが入るのは「激辛」と共通しています!

このりんごの風味が「ペヤング 激辛」に近い甘さを演出しながら、
ウスターソースによってソース焼そばらしさも出しているようです!

こうして見ると両者のハイブリッド的な立ち位置なのが見えてきますね!

ペヤングらしく甘さは立てながら、「激辛」らしい辛さも強調する、
ただ「激辛」に入っているしょうゆを外してウスターを入れることで、
ソース焼そばの路線に近づけているというのがとりわけ印象的ですね!

ちなみに辛さに関しては「激辛」とおおむね同じぐらいだと思います!
もちろん辛いものが苦手な人は避けたほうがいいレベルではありますね!

麺はいつものペヤングらしい中細の油揚げ麺となっています!
少し細めな気がしないでもないですがおそらく同じ麺でしょう!

少なくとも原材料の並びに関してはいつもと同じになってます!

なので、ソースと麺のバランスはいつもの「ソースやきそば」や、
「ペヤング 激辛」のものとこれといって違いは感じないですね!

どのようなソースにも合う麺なので、相性なども全く問題ないです!(*゚ー゚)

麺の量はちょっと少ない80gで、カロリーは451kcalとなっています!
脂質は20.4gで、麺量が減った分だけこちらの数字も下がってます!

具材は廉価版らしくキャベツのみというシンプル仕様になっています!(`・ω・´)

以前のペヤングは個性的な鶏そぼろが入っていて良かったのですが、
最近はそのそぼろのクオリティが著しく落ちてしまってるのですよね;

鶏肉に大量のきなこをまぜて固めたような感じになってしまっていて、
鶏の味よりも粉っぽい大豆の風味ばかりを強く感じさせられますし;

なので、キャベツだけのほうが良く感じてしまったりもしますね!

またこの焼そばはかなり強めの辛さを持つ商品でもあるだけに、
キャベツの甘みがなかなかいい効果を発揮してくれますしね!

「ペヤング 激辛」の味をそのまま廉価版に応用するのではなく、
その甘さやフルーツ感に関しては継承しながらソース感を付与して、
「ペヤング ソースやきそば」と「ペヤング 激辛」を合わせたような、
第3の選択肢として成立しうる味にしてきたあたりは興味深かったですね!

ただ、さすがにバランス感では「ペヤング 激辛」が上だと感じますが、
これはこれで一つの「ペヤング」のあり方として成立していますね!

まぁ、厳密には「ペヤング」ではなく「ペヨング」ではありますが!

「ペヤング 激辛」+ウスターソースといった味わいの一杯でした!(゚x/)モキー

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
パパの記事にも書いてあったけど、
あの甘さが無いのは切ないなぁ…( ´-ω-)

とは言え、廉価版だし…と、それ以前に、
まさかの見つからないww 諦めるか、
たうい便に要請を飛ばすか迷っているなうw
たしかに「ペヤングソースやきそば」の激辛バージョン
という感じはよく当たっていると思います。

もう一方の油そばのモデル?の背脂MAXと違って
こちらはペヤング激辛が現行製品なので
はっきりと味の違いを出したソースになっていたな~と思います。

でもこのウスターソースの強い激辛ってちょっと新鮮な気がしました。
とてもシャープな辛さと酸味がとても印象的でした。
takaさん、こんばんは!

いや、別に甘さが無いということはないですよ!
りんごなどはこちらのソースにも入っていますし!

ただ、ウスターソースの風味がある程度立っているので、
「ペヤング激辛」ほどには甘さが目立たない感はあります!

ソース感のある「ペヤング激辛」と思えばわかりやすいでしょうね!(●・ω・)

この商品、自分も見つかるかどうかが不安だったのですが、
ヨーカドーでもドンキでも並んでいて入手は容易でしたね!

ただ中小スーパーだと扱ってないケースも多そうですが;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんばんは!

基本の「ペヨング」が出たときはあえて近い味にして、
ペヤングファンをそのままつかむ狙いが出ていましたが、
今回は逆に両者の差別化をはっきりとはかってきましたね!

原材料でも明らかに違いがわかるぐらいのものでしたしね!(=゚ω゚)

こちらはこちらで激辛+ソース味として面白かったですし、
人によってはこちらが好きという人もいるでしょうね!

「ペヤング激辛」の強い甘さが苦手という人もいるでしょうから!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
あ、そうそう…

> 先々週は「「ピーヤング 麻婆春雨」
「 ←ひとつ多いの気になるw
>takaさん
直しておきましたー(=゚ω゚)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.