2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺

2/12発売のサンヨー食品「渋谷 喜楽 中華麺」を食べました!

渋谷の「喜楽」というお店はこれまで聞いたことがないのですが、
どうもかなり歴史のある古風なタイプのラーメン屋さんのようです!

最近カップ麺化されるのは比較的新しいお店のものが多いですが、
そうした老舗のお店に目を付けてきたあたりは面白いですね!

昔ながらの中華そばといった雰囲気ではあると思うのですが、
その中でどのように個性を打ち出しているかは興味がありますね!(*゚ー゚)

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺

どうもトッピングにも使われている揚げネギがポイントのようですね!
このあたりはたしかに昔ながらのラーメン屋さんっぽく感じますね!

渋谷なのに古風なお店というギャップもまた興味深いですね!

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺(内容物)

内容物はかやく2袋と液体スープとなっています!
片方のかやくの袋は揚げねぎのみが入っているのですね!

ではその揚げねぎが後入れ仕様かというとそうでもなく、
なぜかどちらも先入れという方式になっていたりします!

とはいえ、揚げねぎは好みで後入れにしても良さそうですが!
というか、自分はおもいっきり後入れにしてしまいましたし!

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺(できあがり)

具材についてはさすがにさみしいなぁという感じが漂いますね!
秋の夜空というか、月がポツンと出ているようなビジュアルですね!

まずはスープですが・・・おおっ、香味油が非常に印象的ですね!(●・ω・)

かやくの揚げねぎを加えると風味が変わってしまうと思ったので、
まずは揚げねぎを入れる前のスープを味わってみたのですが、
その時点でねぎ油などを思わせる香味がしっかりと伝わります!

ベースとは鶏と豚を合わせた素朴さのある動物系スープながら、
ここも思っていた以上にきっちりとした厚みがあるのですよね!

そしてそのうえで香味油の持っている風味が強くアピールします!

改めて商品説明を見ると「揚げネギの風味がきいた香味油」とあるので、
この商品における揚げねぎの風味は具材によってもたらされるのでなく、
液体スープに含まれる香味油と具材の両方で表現されているのですね!

そのため、トッピングの揚げねぎを加えるとその風味がさらに強まり、
揚げねぎの風味をポイントとしたラーメンとしての個性が高まります!

おそらくお店でも揚げねぎを作るために使った油を香味油として、
香味油と揚げねぎの両方によって風味を高めているのでしょうね!

さらにねぎ油だけでなく、ラードの加わることによって厚みを与え、
すっきりしながらも深みのあるスープとラードの厚みとねぎ油の香味、
この3つが重なり合うことによって懐かしくも個性的なスープとなります!(*゚◇゚)

最近のカップ麺ではねぎ油をメインに据えることはあまり多くないので、
そこを中心に持ってきたというだけでもいい個性が出てくれるのですよね!

もちろんそこにとどまらず、単に古風なスープというだけでなく、
きちっと深みを与えてきた構成の上手さも高く評価できますが!

スープの原材料はチキンエキス、しょうゆ、豚脂、ポークエキス、
香味食用油、植物油脂、香辛料、食塩、糖類、たん白加水分解物、
鶏脂、ポークコラーゲン、発酵調味料、酵母エキス、椎茸エキスです!

この原材料の隠れたポイントは魚介系が入っていないという点ですね!

今では古風なラーメンも含めて魚介の後押しが入ることが多いですが、
このラーメンはそうした付加的な要素は椎茸のみとなってるのですよね!

それによって動物系の深みがよりストレートに伝わってきますし、
いい個性のあるお店を選んできたなぁと改めて感じされられますね!

麺は断面の丸い中太ぐらいの太さのノンフライ麺となっています!
ほんの少し黒みがかってますが、おそらく全粒粉麺ではなさそうです!

表面はややしっかりめの食感で、噛むともっちり感も感じられる、
標準の5分よりもちょっと長めに待つことでしっとり感を出すと、
よりこのスープとのなじみや麺の食感も楽しみやすくなりますね!(=゚ω゚)

5分ちょうどの状態だと、ちょっと麺勝ちに思える点もありますので!

サンヨー食品は油揚げ麺の縦型カップでお店の再現系を作ると、
麺が暴れてしまったりしてバランスが崩れることがありますが、
ノンフライ麺の商品では全体が上手くまとまってくれますね!

その分だけ少々値も張りますが、それだけの価値はありますね!

麺の量は60gで、カロリーは375kcalとなっています!
脂質は14.2gで、意外にそこそこ高めの数字となってます!

具材はチャーシュー、青ねぎ、揚げねぎとなっています!

さすがに具材についてはしょぼいとしか言いようがないですね;

青ねぎは量は多いものの、基本的にはごく普通のカップ麺的なもので、
単なる薬味として以上の意味はなく、揚げねぎは効果的ではあるものの、
具材というよりはスープの一部と言ったほうが近いような存在ですしね!

とすると、チャーシューが具の中で大きな鍵になってくるのですが、
これがまたペラペラで肉らしい旨味もほとんとなかったりします!(`・ω・´)

この価格帯のカップ麺でこうしたチャーシューなのは意外でしたね!

今回はもうスープと麺、そして揚げねぎにコストを割いてしまって、
それら以外の具材はおまけみたいになったという感じですね!

ほとんど具なしラーメンに近い感覚で食べたほうがいい内容でした!

具についてはさすがに評価できるところはほとんどないものの、
すっきりしつつも深みのある動物系と揚げねぎが融合したスープに
しっかりとした食感が楽しめる麺の組み合わせはなかなかでしたね!

最近のカップ麺ではこうした路線を取ってくるタイプは少ないだけに、
そういう意味でも食べる価値のある一杯だったと言っていいでしょう!

素朴ながらもしっかりと個性を感じられるラーメンでございました!(゚x/)モッキューン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
やっぱり俺の液体スープには
個体差で葱油が抜けてたんじゃないかと…
takaさん、こんばんは!

うーん、なんでこんなに感覚が違ったのでしょうね;

自分は食べた瞬間に明らかに動物系とも魚介とも違う
タイプの異なる風味や旨味が強く前面に出てきたので、
「あ、これは」とねぎ油には敏感に反応しましたね!(●・ω・)

気付きにくいような強さではなかったと思うのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ほんとですね!
揚げネギは先入れ指示になってる!
まさか先入れとは思わなかったです (^_^;)
でも実質的には後入れでもよかった感じですね。

麺はサンヨー食品のノンフライ麺の実力をしっかり感じる
とてもクオリティの高いものでした。

そしてスープはじつに美味しいスープでしたね。
揚げネギの風味がスープにしっかり感じられて美味しかったです。
こういうすっきり系の醤油スープはなんか安心できてうれしいですね。
呑み〆に最適ラーメンです。
たういさん、こんにちは!

揚げねぎのような香りの強いかやくって、
後入れイメージが強いのでそう思いますよね!

自分はそれに気付いていながらも後入れしましたが!(=゚ω゚)

スープはレベルが高いと同時に非常に個性的でしたね!

揚げねぎを主役に据えてくるというのは実に珍しく、
それでいて動物系の風味などもしっかりしているなど、
よくある店カップとは違った味わいを楽しめましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.