2/26発売 カップヌードル クリーミートマトヌードル(2018年)

2/26発売の日清「カップヌードル クリーミートマトヌードル」を食べました!
昨年の2月に登場した同じ名前のヌードルが再登場したとのことです!

ただ自分はこのカップヌードルの存在をすっかり忘れていました;
なので、純然たる新作と思って購入リストに入れたのですよね!

思い出してみると「あぁ、あったなぁ」とはなったのですが!

2/26発売 カップヌードル クリーミートマトヌードル(2018年)

実はこの商品、最初にコンビニ行ったときに買い損ねたのですよね;

というのも、ビジュアルが全然新作っぽい感じじゃないのですよね!

普通に見てしまうとカップヌードルの定番品に一つに見えてしまうので、
新入荷の商品だと気付かずに1回目はスルーしてしまう失態をしました(;゚ω゚)

家に帰ってから「あれ、今週の新作の残り2つって?」と調べ直して、
「あれ、もしかしてこれはあったのでは?」と気付いて再訪問しました!

新作をメインに紹介するカップ麺ブロガーとしてあるまじき行為ですね!笑

2/26発売 カップヌードル クリーミートマトヌードル(2018年)(内容物)

ベーコンビッツ風のものが入ってるためか香りがいやに香ばしいです!
具材に関してはどうも細かいところがいろいろ変わってるようですね!

2/26発売 カップヌードル クリーミートマトヌードル(2018年)(できあがり)

うん、全体的になかなか面白い具材の組み合わせとなっていますね!

まずはスープですが・・・おっ、トマトの風味がガツンと来ますね!(●・ω・)

「○○トマト」と聞くとまずは「チリトマト」が思い浮かびますが、
チリトマトがトマトの酸味とチリのシャープさが合わさるのに対し、
こちらはもっと素直にトマトの風味がやってくるといった感じですね!

同じ「○○トマト」でも「チリトマト」のほうがメキシコ風ですし、
それに対してこちらはイタリアン的な感覚のあるトマト風味です!

そしてクリーム感はチーズを溶かさない限りはそこそこの強さです!

なので、「クリーミートマト」らしさを実現するという点では
具材のチーズは完全に溶かし切ってしまったほうがいいでしょう!

ということで、溶かしてみると・・・うん、味わいがアップしますね!(*゚◇゚)

このチーズブロックは最近の日清がいろんな場面で使ってくる
「チーズ風油脂加工品」というチーズのフェイクなのですが、
今回に関してはそのネガティブな印象はあまりなかったですね!

むしろ今回のような商品でこそ生きると言ってもいいかもです!

本当にチーズ感を強めたいときには蛇足的になることもありますが、
クリーミーさと油脂感をアップさせるという効果はたしかにあるので、
チーズ感以上にまろやかさが欲しいときにはけっこういいのですよね!

ところで昨年は普通のチーズブロックが使われていたのですよね!

昨年のバージョンは力関係がクリーム系>トマトとなっていて、
そのまろやかさの強さとトマトの相対的な弱さに驚きましたが、
今回はあえてフェイクのチーズになることでこの力関係が変わり、
チーズを溶かしてちょうどクリーム系=トマトになる感じでした!

自分としては今年のバランスのほうが食べやすくはありましたね!

スープの原材料はトマトパウダー、クリーミングパウダー、糖類、
食塩、豚脂、香辛料、乳等を主要原料とする食品となっています!

スープの原材料だけで見ると昨年とそれほど変わってないですね!

麺はけっこう幅広のカップヌードルシリーズらしいものです!

原材料だけを見ると「シーフードヌードル」の麺と同じですが、
明らかにこちらのほうが麺の幅が広めになっているのですよね!

なので「シールードヌードル」のやや太い版と考えればいいです!(*゚ー゚)

クリーム感によってややどっしりとしたスープになってるので、
それに合わせてやや幅広に仕上げてきてると言っていいでしょう!

麺の量は60gで、カロリーは369kcalとなっています!
脂質は17.5gで、ちょっと高めの数字となっていますね!

具材はチーズ風油脂加工品、味付粒状大豆たん白、ブロッコリー、
コーン、トマトブロックという組み合わせになっています!

チーズ風油脂加工品は今回は具材というよりはスープの一部ですね!
このスープにおけるクリーム感を出すための最大の存在となってます!

チーズ感は控えめで、溶けると油脂になってしまうものなのですが、
今回はそうした性質がプラスにはたらいている面もありましたね!

昨年の強いまったり感が好きだと物足りなく感じるかもですが!

味付粒状大豆たん白はベーコンビッツ風の細かい具材のことですね!

大豆たん白を使った擬製肉にベーコン風の香ばしさをつけたもので、
これによってスープ全体に香ばしさを付与する効果を持っています!

時間が経つとだんだんとふにゃふにゃの食感になってしまうので、
ある程度早い段階で食べたほうがよりおいしくいただけますね!(`・ω・´)

そしてブロッコリーですが、これは今回新たに加わった具材ですね!

昨年との変化はチーズブロックがチーズ油脂加工品になったのと、
ピーマンがこのブロッコリーに変化したという2点でしたからね!

チーズブロックを油脂加工品に変えたことでコストに余裕ができたのか、
その分だけこのブロッコリーはけっこう多めに入ってくれていますね!

ブロッコリーとしてのリアル感も申し分なく、満足度は非常に高いです!

トマトブロックはカップ麺ではよくあるとろっと溶けるトマトで、
コーンもオーソドックスに甘さを楽しめる具材となっています!

チーズの種類が変わったことで全体のクリーム感がやや下がって、
クリーム優位からクリームとトマトが等価な感じになりましたが、
それをどう感じるかによって評価が分かれそうな一杯でしたね!

自分はその力関係の変化をプラスにとらえることができました!

トマトの旨さとクリーム感の双方が楽しめる仕上がりでした!(゚x/)モキルル

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
> 新作をメインに紹介するカップ麺ブロガーとしてあるまじき
本当に!(笑)どうしたの、かーとさん(;´ω`)

で、そうそう…これはこれでと受け入れられたんだけど、
チーズや初版の印象とのギャップで評価が分かれるよね(;´д`)トホホ
これも例の「あやしいチーズキューブ」になったのが悔やまれますね。
なんか日清はみんなこの怪しい版にしていくのかな?

コストダウンもあるでしょうが
その分やはりリアルさが失われていて残念です。

新製品として見逃すのもわからなくもないです。
なんか製品内容も今までに似たようなものもありましたし、
ましてや今回は第2弾バージョンですからね! (^_^;)
takaさん、こんばんは!

コンビニの新作ってカップ麺の棚の目立つ位置に
配置されていることが多いのですが、この商品だけは
他のカップヌードルに紛れるように並んでいたので、
気にすることもなくスルーしてしまったのですよね(;゚ω゚)

いつもけっこうくまなく調べるのにこのときはミスしました;
ちょっといろいろあって混乱気味だったのも影響してますが;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんばんは!

自分は前回版がチーズの強さに圧倒されてしまって、
トマトが相対的に弱いと感じてしまったこともあって、
チーズの弱体化が結果的にプラスにつながったのですよね!(=゚ω゚)

なので、チーズのクリーミー感を求めると外れるのですが、
トマトとクリーム感の調和を目指すなら意外といけたりします!

あのフェイクチーズを気に入ったのは今回が初かもですね!
もちろん一つの具材としては特にいいものではないのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.