2/19発売 デカうま Wマヨソース焼そば

2/19発売の日清「デカうま Wマヨソース焼そば」を食べました!

日清が新たに発売した大盛廉価系シリーズからの商品です!

もともと日清はラーメン向けブランドとして「デカブト」、
焼そば向けとして「デカヤキ」ブランドを持っていましたが、
これらを一つにまとめたのが今回の「デカうま」となります!

自分は廉価系の大盛ラーメンについてはほぼ食べないのですが、
汁なし系に関しては汁なし好きなのでときどき食べたりします!

中でも前身の「デカヤキ」ブランドは特に好きでもありましたし!(=゚ω゚)

2/19発売 デカうま Wマヨソース焼そば

さて、このソース焼そばですが、入手に少々手間取りました!

というのも、日清は大盛廉価系商品のシェアがやや低いのですよね;
この分野に関しては東洋水産の「ごつ盛り」が圧倒的に強いです!

また、今回は汁なしとして「油そば」も一緒に発売されましたが、
そちらに至ってはいろんなスーパーを回りましたが皆無でした;

こちらのソース焼そばは普段から「デカヤキ」を扱ってたお店で、
「デカヤキ」からの切り替えで入荷されていたので購入できましたが!

ただ今回は「Wマヨ」と少々方向性が変わった感じがあるのですよね!
それだけに以前と同様に自分の好みと合うのかどうかが気になります!

2/19発売 デカうま Wマヨソース焼そば(内容物)

内容物は粉末ソースとからしマヨという組み合わせになってます!
この構成についてはこれまでの「デカヤキ」が踏襲されていますね!

今回もちゃんと粉末ソースが使われている点には好感が持てますね!

2/19発売 デカうま Wマヨソース焼そば(できあがり)

うん、仕上がりの見た目に関してはそれほど変わらないようです!

まずはその味ですが・・・うん、「デカヤキ」を踏襲してますね!(●・ω・)

今回はソースそのものにもマヨの風味を合わせたということで、
風味が大幅に変わってくるのではないかと思っていましたが、
粉末ソース特有のキレのあるシャープな風味は生きています!

そのシャープな風味を基盤にしたところに隠し味的な感じで
マヨネーズの持つまろやかさが軽く入ってくるバランスです!

なので、これまでのソースがどうしてもシャープ路線だったので、
それを少し和らげるためにマヨをソースに加えたのでしょうね!

どのみちここにからしマヨが加わってくることになるわけなので、
その点も含めてトータルとしてはそれほど大きな変化はないですね!

なので、これまでの「デカヤキ」が好きだった人ならいけますし、
逆に「デカヤキ」の味がちょっとシャープすぎると感じた人も
ソースに入ったマヨによって少し食べやすくはなってるかもです!

そしてここにマヨが入ると・・・味が一気に丸みを帯びますね!(*゚ー゚)

この商品の最大のポイントは2つの味が楽しめる点なのですよね!

マヨが加わることによって味がやっと完成するというよりは、
粉末ソースのみで食べるといくぶんシャープさが楽しめて、
マヨを加えるとそこにまろやかさの加わった味も楽しめる、
そうすることで大盛でも最後まで飽きずに食べられます!

このあたりは東洋水産の「ごつ盛り」も同じではありますが!

また、こちらのマヨは普通のマヨではなくからしマヨなので、
マヨが入ってもまろやかさばかりに偏る感じにはならず、
いくぶんの引き締まった風味はちゃんと残ってくれます!

ソースの原材料は糖類、食塩、粉末ソース、デキストリン、
香辛料、小麦粉、マヨネーズ風味調味料、粉末しょうゆです!

これを以前の「デカヤキ」の原材料と比較してみましょう!

[デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付]
糖類、食塩、ソース、デキストリン、小麦粉、香辛料、
醤油、香味油など

やはり最大の変化はマヨネーズ風味調味料が入った点ですね!
あとは香辛料と小麦粉の順番が変わったことなどがわかります!

一方でそれ以外の根幹となる材料は変わってないのですよね!
なので、ちゃんと「デカヤキ」を継承してることもわかります!

麺は細めで縮れのついたオーソドックスな油揚げ麺です!

日清の焼そばというとUFOの本格的な麺が思い浮かびますが、
それと比べるとこちらは古風な油揚げ麺と言っていいですね!

でも、こうした麺もこれはこれで魅力的だったりするのですよね!

また、今回は麺にガーリックが練り込まれたという変化があります!

とはいえ、これも言われないと気付かないレベルではありますね!

ソースに含まれるマヨと同様に、隠し味と呼べる内容のもので、
基本の味に軽く変化をつけるために入っているという感じです!

なので、基本的にはごく普通の麺と考えていいでしょうね!(*゚◇゚)

麺の量は大盛の130gで、カロリーは695kcalとなっています!
脂質は28.0gで、「デカヤキ」に比べると少しだけ下がっています!

大盛の焼そばで700kcalを切っていると少し軽く見えますね!

具材はキャベツのみという、実に廉価版らしい仕様です!

サイズも小さめで、量もあまり多くないのでそれほど目立ちません!
ただ廉価版であることを考えればやむを得ないと言えるでしょうね!(`・ω・´)

今回はちょっと思い切った商品名になっていたことなどから、
味でも大幅な変化が出るのではないかと最初は懸念してましたが、
実際に食べてみると「デカヤキ」好きなら十分満足できる内容でした!

「デカヤキ」を継承しつつ、少しだけ個性を丸めたような感じですかね!
「ごつ盛り」に負けず、「デカヤキ」にも頑張ってほしいですね!

自分としてはぜひとも「油そば」のほうも見つけたかったりしますが!(゚x/)モキウー

【関連記事】
デカうま Wマヨソース焼そば
デカヤキ まろやかソース焼そば だし粉ふりかけ付
デカヤキ ガリマヨ焼そばソース味
デカヤキ ソース焼そば からしマヨネーズ付
でかやき大盛 コク塩焼そば
でかやき大盛 鉄板マヨのソース焼そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
「デカヤキ」のソース焼そばは自分的にはなかり好きな味の製品でした。
廉価版に関しては「ごつ盛り」より「デカヤキ」のほうが好きだったですので、
今回のリニューアルでも前作の良さを引き継いでいるようでよかったと思います。

ましてや今回はマヨも付いて味の変化も楽しめるようになって
クオリティがアップしていますね。
自分も機会があればこれ食べてみたいと思います。
たういさん、こんばんは!

商品名などがけっこう大幅に変わったので不安もありましたが、
食べたところそれほど大きく違ってるわけではなかったですね!

なので、「デカヤキ」時代のファンなら普通に楽しめると思います!
できれば「油そば」のほうも見つけたかったのですが・・・(;゚ω゚)

ちなみに「デカヤキ」時代にも普通にマヨはついてましたよ!
今回変わったのはソースの中にも少しマヨ風味が入った点ですね!

別添のマヨがあるのでその風味の存在感はあまりありませんが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
こっちでは日清食品の廉価版が
「お前これフェアか(;º∀º)」ってくらいズダーッ!! ってw

これってソースにもマヨネーズ風味調味料が入ってて、
別でマヨネーズも付属してる、ってことやんね٩( 'ω' )و?

でも体感的には…で、麺のガーリックも…w

だけど、こういう下支えって地味に大切だよね(*´꒳`*)ゥンゥン
takaさん、こんばんは!

こちらはこの「デカうま」はあまり高い頻度で見ないですね;
「油そば」は見つからず、ラーメン版もあまり見ないですし;

どうしてもどのお店も「ごつ盛り」が優勢になってますね(;゚ω゚)

「ソースにマヨネーズ風味」+ソース添付でWマヨですね!
なので、そのtakaさんの解釈で合っていますね!

下支えの要素って普通に食べていると目立たないけど、
あえて比較するとその良さが見えることもありますよね!

さすがに大盛の焼そばを比較して2つは食べないですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
自分は油そばはサンドラッグで買いましたわ
値段なりのう~んて感じ
名無しさん、こんばんは!

大盛廉価系という時点で、そこまで期待しないほうがいいのかもですね!

自分はこのシリーズが好きなのでどうしても期待してしまいますが、
あまりハードルを上げてしまうとがっくりきてしまいそうですね(;゚ω゚)

これまで大盛廉価系で油そばって出ていなかっただけに、
もともとその分野では実現しにくいジャンルなのかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.