3/12発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 次世代特別賞 あらき軒 匠の一杯 ニボチャチャスパイシー

3/12発売の
「Yahoo! ら~めん特集 第9回 次世代特別賞 あらき軒 匠の一杯 ニボチャチャスパイシー」
を食べました!

Yahoo!の「第9回最強の次世代ラーメン決定戦!」からのカップ麺化ですが、
これで今年の分は優勝準優勝ガツ盛り優勝・特別賞の全てが商品化されました!

以前は特別賞はノンフライでカップ麺化されてましたが、
どうも普通に縦型ビッグで商品化するようになったのですね!

3/12発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 次世代特別賞 あらき軒 匠の一杯 ニボチャチャスパイシー

「匠の一杯」はこのシリーズの特別賞につけられる名前です!
今のところそれ以外では「匠の一杯」は発売されてないですし!

基本的に「本気盛」ブランドとそれほど違いはないのですが、
こちらのほうが「本気盛」に比べると少し麺量が少なめです!

「ニボチャチャ」は煮干+背脂チャッチャということですね!

この組み合わせというと新潟の燕三条系が思い浮かびますが、
実際にこちらのお店は岐阜で燕三条系を出すお店のようです!(*゚ー゚)

3/12発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 次世代特別賞 あらき軒 匠の一杯 ニボチャチャスパイシー(内容物)

おっと、お湯を入れる前からふわっとスパイスの香りがしてきます!
むしろ煮干の香りなどよりもスパイスのほうが前面に出ていますね!

普通は燕三条系のラーメンにスパイスなどは合わされないので、
これは「次世代」らしい独創的な味わいになっていそうですね!

3/12発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 次世代特別賞 あらき軒 匠の一杯 ニボチャチャスパイシー(できあがり)

相変わらず「本気盛」系の麺は吸水のペースが凄まじいですね;
別に入れるお湯の量を少なめにしたというわけではないのですが!

まずはスープですが・・・うん、煮干は燕三条系らしいですね!(●・ω・)

煮干系のご当地ラーメンって燕三条系などいろいろありますが、
燕三条は青森などの煮干を強烈に効かせるタイプとは違って、
煮干の風味は効かせつつも全体としては優しい味なのですよね!

もちろんそのあたりはお店によって違いもあったりはしますが、
クセを出しすぎないバランスの煮干をしっかりベースに据えつつ、
魚介系だけでは足りないコクを背脂で補うのが基本形になるので、
煮干+背脂という文字から連想するよりは味は軽めなのですよね!

その点では、このクセを抑えつつ風味を出した煮干感という点では
「燕三条系らしいな」と思わせてくれるものがあるのはたしかです!

そしてもう一方の主役である背脂ですが・・・これは弱いですね(;゚◇゚)

というか、味の面では背脂の要素はほぼ皆無と言えるほどです!

一応具材として東洋水産が得意とする背脂顆粒が入ってますが、
これは背脂らしい食感を演出するという点からは貢献するものの、
その味だけを単体で見るならけっこう無味に近いのですよね;

なので、この背脂顆粒を使う際は後入れ調味油が加わることが多く、
その調味油の背脂風味と合わせることで臨場感を出してくるのですが、
今回は調味油がない(普通の液体スープ)ので背脂感が非常に弱いです!

なので、燕三条系という視点から見ると半分しか再現されてないですね;

そして今回加えられたスパイスですが・・・メインはシナモンですね!(`・ω・´)

自分は決してスパイスの配合を上手く読めるほど詳しくないですが、
このラーメンに関してはそういう人でもすぐシナモンだとわかりますね!

「あ、パンなどでときどき感じるあの香りだ」とすぐにわかります!
特にお湯を入れた瞬間にシナモンの香りがグッと出てきますね!

なので、スパイシーとは言ってもカレーっぽさはほとんどないです!

というか、スパイスらしい風味を立てつつカレーぽくはならない、
というラインを最初から狙って作られていたように思いますね!

そしてこのスパイスと煮干のバランス感、これが意外と面白いです!

自分は最初はこのラーメンを半信半疑で食べ始めたのですが、
シナモンが煮干を完全に覆ってしまうほど暴れるわけでもなく、
ベースはしっかり煮干を感じさせながら香りはさわやかさがある、
それでいてちゃんと一つのラーメンとして完成していましたね!

これはたしかに「次世代」っぽい味だなと思わせるものがあります!

スープの原材料は醤油、ポークエキス、植物油、豚脂、食塩、
粉末野菜、砂糖、粉末煮干し、香辛料、酵母エキス、みそです!

煮干を中心にスパイスを加え、調味油がそれほど強くない分を
ポークエキスなどで補うというような構成が見えてきますね!

とはいえ、やはり豚系の風味はそれほど前面には出てないですが!

麺は「本気盛」シリーズと同様の平打ちの油揚げ麺となっています!

この麺はどうしても主張が強くスープに対して暴れがちなのですが、
今回はそうしたネガティブな感覚はこれといって感じなかったですね!

どうもこの麺はスープの油脂が強く、タレが弱いときに暴れがちで、
今回のようにその逆方向のタイプだとそこまで暴れないようですね!

そこそこスナック的ながらも、スープとなじんでいましたし、
普通に楽しむことができるバランスに仕上がっていましたね!

下味がやや強めである点もスープと合わせる点で貢献してました!

麺の量は70gで、カロリーは447kcalとなっています!
脂質は20.1gで、一応はちょっとだけ高めではありますね!

具材はひき肉、玉ねぎ、ねぎ、背脂顆粒となっています!

「本気盛」系の商品は具材が充実してるのが特徴ですが、
今回はいつもに比べると肉具材はそれほど多くないですね!

ひき肉の質はそこそこいいですが、そこまで目立つほどでもないです!

一方で燕三条系を特徴づける玉ねぎはたくさん入っていますね!
もしかするとここが最も燕三条系らしい点と言えるかもです!

シャキシャキ感もあって、具材としての存在感も高いですね!(=゚ω゚)

ねぎは多めですが、内容そのものはごく普通の乾燥青ねぎです!

そして背脂顆粒ですが、これが具材として入っていることで、
肉具材などがちょっと少なめになったという面もありそうです!

先に触れたようにこの背脂は油脂と合わさって本領発揮するので、
今回のように油脂が弱いとその存在意義があまり見えないですね;

食感としてはなかなかリアルな背脂らしさがあるのですが!

煮干+シナモンという組み合わせは面白くはありながらも、
燕三条系として見るにはパーツがかけている感もあったので、
そこが解消されていればもっと面白くなった気もしますね!

背脂を強めて、全体が釣り合うように煮干ももう少し強くする、
そのあたりがおそらくはベストなバランスだったでしょうね!

それでもなかなか面白い趣向を見せてくれたスープではありました!(゚x/)モキウー

【関連記事】
Yahoo! ら~めん特集 第9回 次世代特別賞 あらき軒 匠の一杯 ニボチャチャスパイシー
Yahoo! ら~めん特集 第5回 ガツ盛り部門優勝 ラーメンにっこう 和風塩白湯
Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味
Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー
Yahoo! ら~めん特集 第4回 ガツ盛り部門優勝 麺や 神やぐら 極濃カレー麺
Yahoo! ら~めん特集 第8回 審査員特別賞 みつか坊主醸 匠の一杯 燻製風味噌まぜそば
Yahoo! ら~めん特集 第8回 優勝 若武者 特濃旨辛鶏台湾
Yahoo! ら~めん特集 第8回 準優勝 中華蕎麦サンジ 煮干香る生姜醤油
Yahoo! ら~めん特集 第3回 ガツ盛り部門優勝 らーめん小僧 極濃とんこつラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第7回 審査員特別賞 JUNK STORY 濃厚貝だし味噌
Yahoo! ら~めん特集 第7回 準優勝 若武者 合わせ味噌ど豚骨
Yahoo! ら~めん特集 第7回 優勝 鯛塩そば 灯花 白だし煮干味
Yahoo! ら~めん特集 第2回 ガツ盛り部門優勝 麺屋ガテン 赤カラ味噌担々麺
Yahoo! ら~めん特集 第6回 準優勝 金斗雲 豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第6回 優勝 らぅめん考房ありがた屋 和風ペペロンチーノ仕立ての塩ラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第5回 審査員特別賞 SOUPNUTS 濃厚ホタテ味炸裂麺
Yahoo! ら~めん特集 第5回 準優勝 にっこう 香り鶏醤油
Yahoo! ら~めん特集 第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯
Yahoo! ら~めん特集 第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌
Yahoo! ら~めん特集 第4回 優勝 麺処まるは健松丸 和風鶏塩麹
Yahoo! ら~めん特集 第4回 準優勝 中華そば みのや 濃厚煮干し
Yahoo! ら~めん特集 第3回 優勝 新旬家 麺 今昔鶏中華物語
Yahoo! ら~めん特集 第3回 準優勝 麺家うえだ 焦がし風特濃
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
> 一応具材として東洋水産が得意とする背脂顆粒が入ってますが、
> これは背脂らしい食感を演出するという点からは貢献するものの、
> その味だけを単体で見るならけっこう無味に近いのですよね;
そうやねん…こいつは豚脂あってこその人材やねん( ノД`)シクシク

で、シナモンの兼ね合いどうかなぁ…と思ったけど、
意外と楽しめたみたいで俺なんか安心した(*´꒳`*)

まぁもっかい食べたいとは思わないけどw
これは次世代感あったよね(๑•̀ェ•́ฅ✧
takaさん、こんばんは!

これまでは具材として背脂顆粒が使われるときは、
ちゃんと豚脂が多かったので違和感がなかったですが、
今回は豚脂が弱かったので何だか存在が浮いてましたね(;゚ω゚)

何のために入っているのかイマイチよくわからなかったですし;
これなら背脂顆粒なしで豚脂だけのほうが良かったかもです!

シナモンに関しては発想が面白いなぁと思いましたね!

一般的にスパイス感を高めるとカレーっぽくなるか、
あるいは花椒などに偏った味わいになりがちですが、
シナモンを使ったことで他にないスパイス感になり、
「次世代的」と言える味わいが実現できていましたね!

こうした「カレーとは違うスパイス感」というのが、
今後のラーメンの一つの指標にもなりえるかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
これは食べ手を相当選ぶ製品だと思いました。
このスパイスの香りがどう感じるかで好き嫌いが分かれるでしょう。

でも燕三条系のベースにこういうスパイスを合わせてくるなんて
とても斬新でおもしろいと思います。
ハマる人はツボでしょう。

この商品の「次世代」感をしっかり感じられた製品でしたね。
おもしろい商品でしたが、自分は再食したいなとは思いませんでしたが (^_^;)
たういさん、こんばんは!

これまでの「次世代」シリーズは次世代とは言いながらも、
ある程度普通に万人受けするラインのものが多かったですが、
これは本当に人によって好みが分かれる内容になってましたね!

まさかラーメンにシナモンとか普通は考えないですからね!(●・ω・)

多くのスパイスの中の一つとして使われることはあっても、
それがここまで前面に出されるということはほぼないですし!

そのかわり「次世代」らしさのアピールは良かったですね!
だからこそ「次世代特別賞」に選ばれたのでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.