ばいりん! 2018 Part2

今年の大阪城の梅林を紹介する記事の第2回でございます!

地域によって多少違いはありますが、梅の花の時期が来てから、
その数週間後には全国的に桜の季節がやってくることもあり、
梅林の記事はできるだけ早めに仕上げておきたいのですよね!

できるだけ桜の時期の途中ぐらいには全部紹介したいと思います!(=゚ω゚)

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その1

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その2

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その3
(3枚とも豊後:ぶんご)

大阪城の梅林における遅咲きの梅の代表格と言えばこの「豊後」です!
自分が梅林にハマるきっかけになったのもこの梅だったのですよね!

「豊後」を楽しむために梅林に来ていると言っても過言ではないですし!

ただ「豊後」が満開になることには他の梅のピークが過ぎるので、
どこまで「豊後」に照準を合わせるかは迷いどころでもあります!

少し早い時期と遅い時期の2回に分けて行くという手もあるのですが!(*゚◇゚)

この「豊後」は花の色や雰囲気がソメイヨシノなどの桜にも似ていますが、
一つ一つの花がやや大きめで、おしべなどが目立っている点が特徴ですね!

でもって、この「豊後」は香りを楽しむことができる梅でもあります!
さわやかで、それでいてフルーティーな香りが楽しめるのですよね!

梅の花は桜に比べるとどれも木の高さがそれほど高くないので、
花の香りを直接楽しむことができるのも長所なのですよね!

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんごとインコさん)その4
(豊後:ぶんごとインコさん)

その「豊後」に黄色いインコさんが乗っている写真も撮りました!

「なんかこのインコさん、自分の記憶にあるような」と思っていたら、
昨年もこのインコさんの飼い主のおじさんが来ていたのですよね!

しっぽの先が白いところなども同じですし、同じインコさんでしょう!

このインコさんはものすごく人に慣れているので、人が来ても逃げず、
それどころか人の頭や肩にもピョンと平気で乗ったりするのですよね!

だからこそ飼い主さんもこうして毎年梅林に連れてくるのでしょうし!(*・ω・)

ところで飼い主のおじさんが話しかけるのはいつも若い女性なのですよね!笑
おじさんにとってはそれが梅林に来る大きな楽しみになってるのでしょうね!

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その5

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その6

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その7

大阪城梅林 2018 Part2(豊後:ぶんご)その8
(4枚とも豊後:ぶんご)

さて、今回の記事では前回よりも多い8枚の写真を紹介しましたが、
全部の写真が「豊後」でそろうという「豊後祭り」になりました!

今年は遅めの時期に来たので、いくつかの梅のピークが過ぎていて、
そのかわり「豊後」に関しては存分に楽しめるという時期だったので、
それだったら撮りたいだけ豊後を撮ろうと思って撮りまくったのですよね!

ちなみに「豊後」だけでそろえた記事は2014年にもありましたね!(●・ω・)

この「豊後」は実は梅とあんずの雑種として生まれたものだそうです!
たしかに言われてみれば、純粋な梅っぽい雰囲気があまりないですしね!

今回の「豊後」の記事の写真の中でお気に入りなのは、
この記事の前半で紹介した1~3枚目のものですかね!

「豊後」の一番の良さはみっしりと密集して花が咲くところですね!

密集して咲くのは何も「豊後」だけというわけではないのですが、
これだけギュッと詰まった感じで大量に咲く梅も珍しいですし!

やっぱりポツポツと咲いてるよりも集まってるほうがきれいですしね!

もし遅めの時期にこの大阪城の梅林に行くことがあったら、
ぜひともこの「豊後」には注目してみてもらいたいですね!

ということで、自分が特に大好きな「豊後」の特集記事でございました!(゚x/)モギュッ

【関連記事】
ばいりん! 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

コメント

 
ちょっとインコの奇跡(;º∀º)

これも一般的な梅とは一線を画すよね_φ(. .*)

今年は例のアレ、ダメやったんかぁ…
でも続き、楽しみにしてんで(๑•̀ェ•́ฅ✧
takaさん、こんばんは!

インコのおじさんはどれぐらいの頻度で梅林に来てるのでしょうね!

2年連続で出会えましたが、それ以前は見てないはずですし、
それほど珍しくないのか、それとも運が良かったのか、
そのあたりは自分としてもちょっと謎だったりしますね!

そこそこの頻度で梅林に来ているのだろうとは思いますが!(●・ω・)

この「豊後」はある意味では梅のイメージを変える感じですよね!

おそらくは「白加賀」系の花が小さめの白い梅あたりが
多くの人が抱いている梅のイメージに近いでしょうし!

この「豊後」は淡いピンクでも派手さがありますからね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.