3/26発売 キーマカレーメシ スパイシー

3/26発売の日清「キーマカレーメシ スパイシー」を食べました!
日清の「カレーメシ」シリーズからの新作となりますね!

3/26発売 キーマカレーメシ スパイシー

そういえば「カレーメシ」からの新作はけっこうひさびさですね!
前作の「欧風カレーメシ バター&ビーフ」は昨年2月発売でしたし!

一応はスピンオフの「ハヤシメシ」が昨年7月に発売されていますが!(=゚ω゚)

最近のご飯系は「日本めし」のほうが印象が強かったですからね!

3/26発売 キーマカレーメシ スパイシー(内容物)

中に巨大なカレールウが鎮座するという構成はこれまでどおりですね!

これがしっかり熱湯5分で溶けて、あとはスプーンでまぜれば、
じわじわとカレーらしさが増してくるのが特徴なのですよね!

3/26発売 キーマカレーメシ スパイシー(できあがり)

キーマカレーに合わせてか、人参までいやに細かくなってますね!笑

まずはその味ですが・・・おっ、これはたしかにスパイシーですね!(●・ω・)

辛さとしては間違いなく「辛口」、いや「大辛」レベルでしょうね!
低く見積もってもグリコのLEEの5倍ぐらいの辛さはあるかもです!

食べていてカーッと蓄積してくるような辛さがありましたからね!

スパイス感に関してはいつもの日清のカレーに近いですね!

日清のカレーはもともとスパイス感を強く出す傾向にありますが、
それをよりピリ辛感を出しつつ前面に押し出してきた感があります!

そういう点では「スパイシーカレーメシ」の名前は大正解ですね!
間違いなくその名前に負けないだけのスパイス感は感じられます!

そしてもう一つ日清らしいのは豚脂が中心に据えられてる点ですね!

もともと日清の「カレーメシ」は動物系油脂でコクを固めたうえで、
そこにスパイス感を強めに立てるのが基本姿勢となっていますが、
今回は特に豚脂とスパイス感の相乗効果が上手く引き立ってました!

食べ終わりになるとやや温度が下がって、油脂成分が口の中の上側に
ちょっと張り付いてきてしまうという弱点もあったりはしましたが!

それだけ豚脂がしっかりと多めに入っているということなのでしょう!(*゚◇゚)

カレーソースの原材料を見ると豚脂、小麦粉、香辛料(クミン、
オニオン、キャロット、コリアンダー、ジンジャー、ガーリック、
カルダモン、唐辛子、ウコン、クローブ)、砂糖、食塩、カレー粉、
チキンエキス、香味調味料、トマトパウダーとなっています!

今回は香辛料の内訳が詳しく書かれているのが特徴ですね!

キャロットが香辛料なのかというのがちょっと疑問ではありますが、
クミンでカレーの香りを立て、香味野菜によって香味をしっかり立て、
さらにコリアンダーやカルダモンでスパイスの香りを立てた感じです!

カーッと熱くなってくるような感覚は生姜の効果もあったかもですね!

今回のカレーソースは色がそれほど茶色がかってないこともあり、
洋風路線のしっとりとしたカレーよりは、スパイス感を重視した
シャープなカレーだったというのは確実に言えるでしょうね!

そしてそれが今回の商品の大きな長所にもなっていましたね!

ご飯は最近の日清の熱湯調理系らしいご飯らしい内容でしたね!

できあがりの段階ではアルデンテを思わせる軽い芯の残り方、
そして食べ進めるにつれて徐々に食感が緩んでくる感じです!

なので、「カレーリゾット」的な感覚で食べてもいいでしょう!

注意が必要なのは熱湯投入直後に一部のお米が浮いてくるので、
これを軽くまぜて熱湯とまざるようにしておくことでしょうね!

そうすることでより戻りムラのないご飯にすることができます!(*゚ー゚)

以前に比べると全体的にご飯の食感も向上してきていますし、
湯戻しで変なミスがなければ十分においしく食べられますね!

全体量は105gで、カロリーは450kcalとなっています!
脂質は14.7gで、これまでの商品とほぼ変わらないですね!

具材はひき肉風の大豆たん白加工品と人参となっています!

人参に関しては細かすぎて具材としての存在感は低いですね;
ただ、ときどきシャキッとした食感が歯にかかることがあります!

擬制肉の大豆たん白は食感に関してはリアルなひき肉風です!(`・ω・´)

風味についてはカレーによって隠れてくれる面もあるので、
リアルなひき肉じゃなくても特に不満は感じなかったですね!

やはりリアルな肉らしい風味という点では弱みはありましたが!

「キーマカレー」という視点で見ると具に賛否両論ありそうですが、
「スパイシーカレー」として見れば満点に近い内容がありましたね!

これぞ日清流のスパイシーカレーと呼べるだけの出来栄えでしたし!
辛さに弱い人だと避けたほうがいいかもと思えるぐらいでしたしね!

ピリッとした辛さを楽しみたい人にはピッタリのカレーでございました!(゚x/)モギリッ

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
ひき肉版大豆ミート? ではないか(;´ω`)

かなりスパイシーなんやね!!

てか…キャロットが香辛料…w

あ、パプリカ的な? 違う(;´ω`)?
takaさん、こんばんは!

香辛料としてのキャロットってかなり謎ですよね!
英語で書かれているから一見香辛料ぽく見えますが!

今回の具は一応はひき肉版大豆ミートという感じでしたが、
下味のカレー風味が強めなので意外と違和感はなかったです!

かといって、大豆ビーフほど練られたものでもなかったですが!(=゚ω゚)

具材に着目するとちょっとどうなのかという点もありますが、
カレーソースの風味に関してはかなりいいものがありましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
キーマカレーは具の加減でこういう製品では
最も作りやすいカレーという感じなので、
なんか発売されたのが遅かったなという気さえします。

キーマカレーもすっかり人気だし、
自分もレトルトカレー買う時はキーマカレー選ぶことよくあります。

そして辛さが大辛とはちょっと意外です。
ルゥの辛さはしっかり攻めて本格的になっているのですね。

で、問題はその挽肉状の疑似肉・・・ (^_^;)
あまり違和感ないですか?
やはりカレーのような濃い味だと疑似肉の弱点をマスクしてくれますものね。
でもここでもそんな疑似肉を使ってくるとはちょっと残念です。
たういさん、こんばんは!

カップ麺ってひき肉具材にはもともと強いだけに、
たしかにもっと早く出ても不思議ではなかったですよね!

辛さについては想像以上に思い切った内容になってました!(●・ω・)

辛いもの好きでも「おっ、辛いな」と思える辛さでしたし!
ときどきはこれぐらいは攻めてくれてもいい感じですね!

疑似肉はお湯を入れる前のものを少し食べてみたのですが、
あらかじめカレーの下味もつけられていたのですよね!

なので、疑似肉特有の変な風味などはしなかったですね!

ただ、カップ麺ではひき肉具材はかなりポピュラーですし、
牛肉と違って疑似肉を使う必然性もそれほど高くないので、
ここは普通のひき肉で良かったのではという思いもしますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.