4/2発売 一平ちゃん 夜店の焼そば とんこつ味

4/2発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば とんこつ味」を食べました!
なんだか少し前の「ペヤング 豚骨醤油味」を連想させる商品ですね!

4/2発売 一平ちゃん 夜店の焼そば とんこつ味

豚骨味の汁なしというと、焼きラーメン系をまず思い浮かべますが、
油そば的な仕上がりになっているという可能性もありえますね!

またペヤングが「豚骨醤油」と醤油がついていたのに対し、
こちらはあくまで「とんこつ味」なのも注目点ですね!

ペヤングに近いのか、あるいは焼きラーメン的なスタイルか、
はたまた油そば的なのか、いろいろと想像がふくらんできます!(=゚ω゚)

4/2発売 一平ちゃん 夜店の焼そば とんこつ味(内容物)

内容物は液体ソース、マヨネーズ、後乗せかやくとなっています!
また今回は麺がちょっと黒みがかっているのも大きな特徴ですね!

4/2発売 一平ちゃん 夜店の焼そば とんこつ味(できあがり)

今回はキャベツが入っておらず、具材は後乗せかやくの分のみです!
豚骨味の焼そばにはキャベツは合わないと判断されたのですかね!

単純に後乗せかやくの量を充実させる目的だったのかもですが!

まずはベースの味わいですが・・・おっ、焼きラーメン的ですね!(●・ω・)

「ペヤング 豚骨醤油」が強い豚臭さと醤油の風味を立たせることで、
和歌山ラーメン的な雰囲気と油そばをミックスした感じなのに対して、
こちらはかなり素直な博多風焼きラーメンの路線と言っていいです!

豚脂も多く、豚骨の風味もしっかりと伝わってくるものではありますが、
ペヤングほど豚臭さを強烈にアピールするというものではなくて、
普通に豚骨ラーメンを焼そばへと落とし込んだような味わいですね!

そうした味わいということで、薬味の紅生姜との相性などは抜群です!

そのまま食べてしまうと、食べ進めるにつれて重さが出る感じですが、
ごまのプチプチ感、青ねぎの香り、そして紅生姜の持つ清涼感など、
これらの後乗せの薬味がどれもプラスの方向にはたらいていますね!

こうしたトッピングの種類もいかにも豚骨ラーメン的なものですし、
「豚骨醤油」をベースにしたペヤングとは全く違う路線になってます!

こうした正統派の焼きラーメンは東洋水産からときどき出てましたし、
それだけにものすごく驚きを感じさせるようなものではないですが、
安心して食べられるカップ焼きラーメンと呼んでいい感じですね!

そしてそこにマヨネーズを加えると・・・少し印象が変わりますね!(*゚◇゚)

大幅にガラリとイメージを変えるというほどではないのですが、
純粋な焼きラーメンとしての風味からは一定の変化は出ます!

端的に言うと、いくぶんマヨ入り油そばに近づくという感じですね!

マヨ入りの油そばというと、同じく明星の「ぶぶか」が有名ですが、
その「ぶぶか」の方向性に多少近づくと表現してもいいでしょうね!

そういえば今週は「ぶぶか」の「油そば」も新作として出てるのですよね!

ただ、だからと言って油そばと焼きラーメンのハイブリッドというよりは、
全体としては豚骨の風味を素直に出した焼きラーメンと言ったほうが近いです!

そこにアクセントとしてマヨネーズが加わるといった感じですので!
ただ、人によってはこのマヨの存在が少々蛇足的に感じるかもです!

タレの原材料はしょうゆ、豚脂、糖類、植物油脂、食塩、ポークエキス、
香味油、たん白加水分解物、香辛料、香味調味料となっています!

豚脂がどっしりと中心にあるあたりは焼きラーメンらしいですね!

そして麺ですが・・・今回はソース練り込み麺が使われています!

以前は「一平ちゃん」の限定系の麺はほぼ無味の細麺ばかりでしたが、
最近は太麺だったり、麺にアレンジを加えてくることが増えましたね!

そしてソース練り込み麺と言えば基本の「一平ちゃん」を連想しますが、
原材料を見るに、レギュラーの「一平ちゃん」の麺と全く同じようです!

博多の焼きラーメンでは味付けにソースを使うケースも多いので、
そのあたりを麺によって軽く再現したという側面もありそうですね!(*゚ー゚)

とはいえ、直接的にソースの味を感じるほどではないのですが、
隠し味的に上手くソースを忍ばせているとは言えるでしょうね!

麺の量は90gで、カロリーは556kcalとなっています!
脂質は28.6gで、けっこう高めの数字となっています!

具材はふりかけのごま、ねぎ、紅生姜という組み合わせです!

どれも豚骨ラーメンとしておなじみの薬味と言っていいものばかりで、
それゆえに今回のタレとの相性の良さに関しては申し分がないですね!

タレだけだと重くなるところを薬味によってバランスを整える、
そうした役割があるので、欠かせない存在と言っていいでしょう!

キャベツを省いてでも薬味を増やしたのは正解だったと言えますね!(`・ω・´)

マヨネーズの効果に対しては人によって意見が分かれそうですが、
それ以外は王道の焼きラーメンと言っていい味わいでしたね!

マヨネーズに関しても個性を立てるという点では貢献してましたし、
焼きラーメンの一つのアレンジ法としてはアリと言えるものでしたね!

王道の焼きラーメンの良さがしっかりと楽しめる一杯でした!(゚x/)モキウー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
俺はマヨネーズにポジティヴだった(๑•̀ェ•́ฅ✧

というか、マヨ無しだと塩っぱくて( ノД`)シクシク

「焼きラーメン」「汁なしラーメン」「油そば」「まぜそば」
だんだん分からんくなってきた……w
takaさん、こんばんは!

やっぱり焼きラーメンとしてのリアリティで見ると、
マヨネーズの持つ味はちょっと蛇足的なのですよね;

少々とがっていても、焼きラーメンらしいほうが好きでしたね!(=゚ω゚)

それにマヨの入る汁なしは「ぶぶか」で十分楽しめますし!

>「焼きラーメン」「汁なしラーメン」「油そば」「まぜそば」
4つのうち、お店で食べる料理として考えると、
「焼きラーメン」だけは明らかに別物と言えますが、
他の3つに関しては境界線はかなり曖昧ですよね;

ただ「油そば」は「まぜそば」の一部に属している感じで、
「汁なしラーメン」と「まぜそば」はけっこうダブりながらも、
「まぜそばとは言い難い汁なし」みたいなものを含んでいる、
そういったイメージで自分としては考えていますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
↑ たしかにマヨなしではかなり塩っぱいな~って思いました。
それがマヨ入れるとそう感じなくなるのですから、
同じ塩っぱさであっても違う感じになる・・・、
ある意味マヨのマスク効果ってコワいです (^_^;)

しかしまさかの王道焼ラーメンとは思いませんでした。
ちょっと驚きもあったのですが、製品はよくできていましたね!

上手くソース練り込み麺を使っていたと思います。
個人的には紅生姜の味をもっと利かせてほしかったですが。
名無したういさん、こんばんは!

自分はマヨなしでもそこまで気にならなかったですね!
というか、マヨなしで食べた量が少なかったせいかもですが!

もし最後までマヨなしだったら感じ方も違ったかもですしね!(=゚ω゚)

マヨって、いろんなものをマスクする効果がありますよね!
「ペヤング激辛 お助けマヨネーズ」とかもありましたし!

塩味でも唐辛子の辛さでもマスクする力があるわけですしね!

やはり「豚骨味の焼そば」は焼きラーメン路線になりやすいのでしょうね!
それが一番無難な味わいというふうにも言うことができるでしょうし!

そう考えるとペヤングの豚骨醤油はなかなか奇抜でしたよね!

ソース練り込み麺の採用は意外とポイントになってましたね!
これによって焼きラーメンらしさが上手く増していましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.