4/9発売 銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店

4/9発売の明星「銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店」を食べました!
セブンプレミアムシリーズの商品なのでセブン&アイ限定となります!

ちなみにこの商品は西日本限定の販売となっています!
東日本ではかわりに「もちもちの木」が新発売されています!

4/9発売 銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店

最近セブンプレミアムではどんぶり型の「地域の名店シリーズ」を
縦型であるこの「銘店紀行」に切り替えていってるのですよね!

今回の「新福菜館」も「地域の名店シリーズ」からの移行となります!

どうしても総合力ではどんぶり型のほうに分があるのですが、
何だかんだで縦型になってもクオリティが高いのですよね!

セブンプレミアムの看板でもあるシリーズの切り替えですから、
できるだけクオリティを落とさないように努力してるのでしょう!(*゚ー゚)

4/9発売 銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店(内容物)

ほう、縦型カップのラーメンらしく具材の充実度は高そうです!
この時点ではそれほど真っ黒なスープになるように見えないですね!

4/9発売 銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店(できあがり)

いやはや、「漆黒のスープ」と呼ぶにふさわしいビジュアルですね!

まずはスープですが・・・醤油の風味を立てたスープですね!(●・ω・)

今回はかなり醤油の強いスープであることがわかっていたので、
あらかじめお湯をちょっと多めにしたうえで作っています!

醤油のカドだけでノックアウトされるともったいないですしね!

主役にあるのは間違いなく醤油で、黒醤油系のじわっとした旨味、
それを軸に置きながら様々な形で下支えをするような風味を加え、
そしてベースとして軽めの動物系の風味でまとめたような感じです!

食べた感じではたしかに醤油の風味を中心に置いてはいるものの、
醤油一辺倒で醤油に圧倒されるような感じは受けなかったですね!

醤油がメインながらも他の旨味がじんわりと全体を支えていて、
醤油とそれ以外の旨味が調和するという印象も感じられました!

ただ動物系の風味に関してはそれほど強くはないのですよね!

動物系の要素は主に後入れの油脂によって担われている感じでした!

とはいえ、この油脂も豚脂を中心にしつつ植物油脂も多く入ってるので、
動物系を強く打ち出すというより、いろんな風味を重ねる感じでしたが!

ただベースのスープがどうしても醤油メインであることもあり、
この油脂が果たしている変化をつける役割が大きかったですね!(=゚ω゚)

スープの原材料はしょうゆ、香味調味料、デキストリン、香味油、
食塩、豚脂、たん白加水分解物、香辛料、鶏肉エキスとなっています!

動物系の要素が後半の豚脂と鶏肉エキスのみとなってるのですよね!

自分は食べていて醤油以外の旨味も感じることができましたが、
人によっては醤油一辺倒に感じられてしまうケースもありそうですね!

ここでどんぶり型時代の「新福菜館」の原材料と比較してみます!

[地域の名店シリーズ時代]
豚・鶏エキス、しょうゆたれ、ラード、食塩、糖類

このときは醤油は強くとも、メインは動物系のエキスなのですよね!
お店のスープの構成を考えると、このときのほうが明らかに近いです!

それが今回は香味調味料など、動物系をそのまま使うのではなく、
ちょっと変化球的な旨味の重ね方をする方式を採っているので、
そのあたりは印象の変化につながってくる可能性はありますね!

麺はけっこう厚みのあるやや平打ち気味のノンフライ麺となっています!

この麺が非常にクオリティの高い内容になってるのですよね!
ちょっと縦型カップの麺とは思えないクオリティとなってます!

表面もしなやかで、ちょっと手もみ風を思わせる不規則性があり、
噛むともっちりとした食感を楽しめる良質な麺となっています!

縦型のノンフライ麺はどんぶり型に比べても制約が多くなるので、
どうしてもクオリティに一定の問題が出がちではあるのですが、
最近の明星の縦型向けのノンフライ麺は質が大幅に向上してます!

この麺があるからこそ、セブンプレミアムは「地域の名店シリーズ」を
縦型カップの「銘店紀行」に切り替え始めたとも言えるでしょうしね!(*゚◇゚)

麺の量は65gで、カロリーは359kcalとなっています!
脂質は8.6gで、やはりけっこう低めの数字となってますね!

そして食塩相当量は7.1gと、縦型系としては非常に高いです!
なので、お湯はちょっと多めに入れたほうがいいでしょうね!

具材はチャーシュー、メンマ、ねぎという組み合わせです!

チャーシューはノーマルなチャーシューチップではありますが、
量が非常に多いので、肉を楽しむという点での満足度は抜群です!(`・ω・´)

特にスープの醤油ダレの主張が強く、これがチャーシューに染みるので、
チャーシューとスープの一体感に非常にいいものがあるのですよね!

メンマも一つ一つが大きく、量もかなりたくさん入ってます!
この具材の量だったら誰もが満足できるのではないですかね!

青ねぎもふわっとしていて、乾燥ねぎっぽさがそれほどなく、
全体のアクセントとしてもちょうどいい機能を果たしています!

具材の充実度が高く、麺も縦型とは思えない内容であるなど、
間違いなく総合力の高いカップ麺であることは言えるでしょう!

一方でどんぶり型に動物系スープの比重が下がっているなど、
以前よりも醤油の存在感に力点を置いた内容になっているので、
そのあたりをどうとらえるかで好みが分かれてくるでしょうね!

醤油に負けない自信のある人なら十分楽しめる一杯でしょう!(゚x/)モキウーン

【関連記事】
銘店紀行 漆黒の醤油スープ 新福菜館本店
銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田
銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま
銘店紀行 家系伝承の味 横浜ラーメン六角家
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おっと醤油一辺倒に感じてしまうかも(;´ω`)

まぁ黒いw スープが黒いぞww

もう完全にタテ型移行っぽいね‥
もちもちの木が消滅するのは痛い( ノД`)シクシク
もろ醤油に負けてしまいましたわ~ (>_<)
なかなか油脂系の旨みを感じるところまでいかなかったです。
そして押し切られて途中で終わりって感じ。
「もちもちの木」が食べた~い!!
takaさん、こんばんは!

どんぶり型のときはまだしも動物系の要素が多めでしたが、
縦型リニューアルで完全に後ろに下がっているのですよね;

それゆえにどんぶり型以上に醤油一辺倒に感じるかもです(;゚ω゚)

まぁ、「新福菜館」はもともとスープが黒めとはいえ、
ここまで醤油寄りだとどうしても人を選ぶでしょうね;

東日本では「もちもちの木」が縦型になったのですよね!

食べてみたいと思うと同時に、あのカップ麺最強だった
「もちもちの木」のどんぶり型が消えるのは残念ですね;

過去に「カップ麺Award」1位にも選んだ存在ですからね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんばんは!

自分は事前に醤油が強いことが予想できていたので、
お湯を多めにすることで何とか回避できましたが、
もし仮にお湯少なめとかだと自分も負けてたでしょうね;

おまけに原材料を見るに醤油以外の要素がずいぶん希薄で、
動物系などをベースに醤油の旨味を楽しむ感じになりきらず、
どうしてもその濃さだけに圧倒される感じになりがちですね(;゚ω゚)

油脂の旨味についてもあくまでサブという感じでしたし;

「もちもちの木」の縦型については食べたいですよね!

どんぶり型がなくなってしまったのは残念ですが、
縦型でどうなったのかはやはり知りたいですしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.