麺や一想 鶏白湯 塩

久宝寺口駅のすぐ近くにある「麺や一想」へと行ってきました!
2016年に開店してから、八尾を代表するお店の一つとして知られてます!

こちらのお店の店主さんはかつて「金久右衛門」で修業していて、
さらにその後は「麺屋彩々」でも修行を重ねられていたのですよね!

なので、「彩々」を離れた後ですぐに独立するかと思われていたのですが、
そこから一定の空白期間があっての開店ということになったようです!

開店に至るまでの詳しい経緯などはちょっとわからないのですが、
開店するまでにいろいろ迷うこともあったのかもしれませんね!

こちらのメニューの右端にはあっさり系のラーメンがあるのですが、
その部分にはつねに黄色いテープが貼られて隠されてるのですよね!

なので、基本的には鶏白湯系のラーメンのみが提供されています!

ところでその黄色いテープは下の文字がはっきり透けてるのですよね!
あえて下の文字が見えるようなテープの貼り方をしてるのでしょう!

メニュー表の右端というと、一般的には主役のラーメンが書かれるので、
そこがつねにテープで隠されているというのはちょっと変わってますね!

どうもごくまれに限定として清湯系のラーメンが提供されるらしく、
そのときだけその黄色いテープがはがされるという話も聞きます!

ちなみに訪問時は限定として「濃昆鶏白湯」と冷やし系がありました!
「濃昆鶏白湯」はその名前の通り、昆布が濃厚な鶏白湯のようです!

冷やしに関しては今のタイミングで食べるにはまだ少し早そうですね!

麺や一想 鶏白湯 塩

ということで、普段のメインである「鶏白湯 塩」がやってきました!
麺大盛が+100円だったので、今回は大盛にして注文してみました!

スープのビジュアルはまさに正統派の鶏白湯といった感じですね!

まずはスープですが・・・旨味を生かした鶏白湯スープですね!(●・ω・)

こういったスタイルの鶏白湯スープはありそうでなかったですね!

「旨味を生かした」と言っても、鶏の濃度よりも旨味を引き出したとか、
そうした鶏の生かし方が他の鶏白湯とは違うという意味ではないのですよね!

中心軸に鶏白湯の濃厚さを生かしながらも、昆布や椎茸といった
そうした旨味の強いスープを支えに使っているのが最大の特徴です!

でもって、そうした旨味素材の使い方に非常に上手さを感じるのですよね!

スープを飲んだときにまずやってくるコクや太さは紛れもない鶏白湯で、
濃度攻めではなく、どちらかと言えばむしろ飲みやすい濃度ながらも、
鶏の旨味に弱さを感じさせられてしまうようなところはありません!

ライトという表現よりは「サラリとした鶏白湯」あたりが合いますね!

方向性としては泡系鶏白湯などのクリーミー系とはまた違っていて、
鶏をそのまま生かした実直な鶏白湯スープに近いと言えるでしょう!

かといって、修行先の「彩々」の鶏白湯ともまた違っていますが!

そしてそこに鶏白湯と同等ぐらいの比重で効いているのが旨味素材です!

特に昆布による旨味がしっかりとしていて、そこに椎茸も重なりますが、
椎茸特有の風味がドンと前に出てくるような形とは少々違っています!

昆布と椎茸の旨味成分って、非常に相乗効果が高いことで知られてますが、
その相乗効果が生まれる範囲での最小限に抑えた使い方をしています!

なので、旨味は強く、椎茸特有のクセは感じない味わいとなってます!

魚介も使われているようですが、そちらも同様の特徴を感じますね!(*゚◇゚)

鶏白湯に強めの魚介をバチッと効かせるスタイルはときどきありますが、
こちらのラーメンは昆布・魚介・椎茸の「旨味」は強く効かせながらも、
その風味が鶏を凌駕してしまうような使い方はしてないのですよね!

これらの素材の旨味成分にはそれぞれ相乗効果を生む特徴があるので、
それを活用することで、風味以上に自然な旨味を引き出して鶏を支える、
なので「鶏が明確に主役で、それでいて飲みやすく、旨味が非常に強い」、
そうしたありそうでなかったスタイルの鶏白湯が生まれてるのですよね!

こういった主張は間違いなく清湯ラーメンでも生かされるでしょうけど、
鶏白湯という枠でやったほうが独創的な内容になるのもたしかですよね!

自分は鶏白湯は好きながらも、後半に重く感じてしまいがちなのですが、
このラーメンは麺を大盛にしながらも最後までスッといけましたからね!

ただそれは決してスープの濃度が低いとかそういった理由ではなくて、
旨味の支えが強く、口当たりが非常に良かったからでもあるでしょうね!

トッピングはレアチャーシュー、キクラゲ、メンマ、青ねぎです!

面白いことに、レアチャーシュー以外はカットがどれも豪快ですね!

レアチャーシューは黒胡椒が振られていてピリッと清涼感があり、
噛み締めると肉の旨味がじわっと出てくる良質なものとなってます!

ちょっと熱が入ったあたりでも絶妙の食感と風味を見せてくれます!
特に赤身部分の肉の旨さは特筆すべきだけのものがありましたね!(=゚ω゚)

キクラゲはホール状のもので、コリコリとした食感を楽しむよりは、
ちょっと軽い苦みのあるキクラゲの風味を楽しめるものでしたね!

メンマは極太で、これは「金久右衛門」のメンマを思わせますよね!

ただ「金久右衛門」のようにゴリゴリとした食感ではなくて、
メンマのやわらかさ自体はごく普通のものだったりします!

青ねぎは一見するともう少し細いカットでも良さそうな気がしますが、
あえてアクセントを強めるために厚めに切っているのでしょうね!

麺や一想 鶏白湯 塩(麺のアップ)

麺は中ぐらいの太さで、断面の四角い加水の低い麺となっています!

こちらのスープだともう少し細めの麺でも合う感じはしますが、
麺の主張も出したいとなるとこれぐらいの太さがいいのですかね!

鶏白湯ラーメンというと、低加水系の麺が定番になってますが、
こちらもシャクシャクとした低加水っぽい食感が特徴となっていて、
スープと上手くなじみながら特徴的な食感を見せる麺となってます!

加水が低いのでスープとの絡みに関しては全く問題ないですし、
スープを生かしつつ、自分の主張もする麺と言えるでしょう!(*゚ー゚)

このラーメンの最大のポイントを挙げるならやはり「旨味」でしょうね!

それも単に昆布・魚介・椎茸といった素材を重ねるだけでなく、
どのように合わせるとそれぞれの素材の風味そのもの以上に
旨味成分を引き出しベストバランスの旨味を組み立てられるか、
それを徹底的に追求したという姿が伝わってきましたね!(`・ω・´)

これをそのまま清湯に生かしたスープも食べてみたいですが、
あえて鶏白湯という領域にその手法を持ち込むことによって、
「他にない旨味の深い食べやすい鶏白湯」を実現してしまう、
このあたりは店主さんの卓越した素材を扱う技術を感じましたね!

鶏白湯というと、とにかくいかに鶏を生かすかに焦点が合わされ、
鶏の濃度、クリーミーさなどが競われるという傾向がありますが、
ここにはそれとはまた違った姿の鶏白湯ラーメンがありますよ!

そんな「旨味の生きた鶏白湯」、ぜひ味わうだけの価値アリです!(゚x/)モッキルー

[メニュー]
麺や一想 メニュー

お店の住所と地図 大阪府八尾市末広町4-8-21
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.