7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば

7/9発売のサンヨー食品「坂内食堂 喜多方本店 中華そば」を食べました!
喜多方ラーメンの老舗である「坂内食堂」をカップ麺化した商品です!

「坂内食堂」は喜多方ラーメンのお店として非常に有名ですよね!

なおかつこの「坂内食堂」からフランチャイズとして展開されている
「喜多方ラーメン坂内・小法師」もそこそこ店舗がありますしね!

自分もフランチャイズである「小法師」には行ったことがありますし!(*゚ー゚)

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば

ただ今回のラーメンはちょっと不安になるところもあるのですよね;

サンヨー食品の縦型のお店再現系は麺勝ちになることが多いのですが、
そうでなくてもこの「坂内」系のスープは非常に優しいのですよね!

その優しいスープと麺勝ちしがちなサンヨー食品の縦型が合わさる、
「果たして大丈夫なのかな」という思いがよぎってしまうのですよね;

「坂内」系のスープって魚介を使わないシンプルな構成なので、
旨味を強くしてバランスを取るというのも難しいですからね!

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば(内容物)

中身の写真を撮り忘れた結果、変なタイミングでの撮影になりました;
どう見てもすでにお湯を入れてからの撮影になってますしね;

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば(できあがり)

うん、極めてシンプルなビジュアルに仕上がっていますね!
後入れ調味油が入るので、少し油脂が多めではありますが!

まずはスープですが・・・あぁ、良くも悪くも予想通りでしたね!(●・ω・)

体感的な味わいとしては「ほんのり甘くて香ばしい」感じですかね!

これは麺の油揚げ麺臭もたぶん関わっているとは思うのですが、
ベースのスープが少し甘く、豚脂の香ばしさが出てるのでしょう!

なので、食べていて明らかに麺の油臭さなどが出るわけではないですが、
スープの繊細さがしっかり伝わってくるかといえば、そうではないですね;

もちろんスープだけを飲めば、それなりに風味は伝わるのですが、
この商品はスープそのものが非常にあっさりしてるのですよね!

あっさり系の豚骨清湯スープに醤油ダレもかなり控えめな主張なので、
豚脂がやや多いのを除けば、極めて優しいスープとなっています!

そこに油揚げ麺の風味が強く出がちな麺が合わさるのですから、
やはり予想していたとおり、細かい機微はあまり伝わってきません;

でもって、豚系のスープそのものもちょっとスナック感があるので、
なおさら本格的な深みを感じるのが難しい面を持っているのですよね;

食べる前の段階ではスープを単体として見ると面白さもあるのだけど、
麺が前面に出すぎてそこが伝わってこないといった予想をしてましたが、
スープが優しすぎて、主張が控えめな麺でもダメだった気もしましたね;

「坂内食堂」を油揚げ麺で再現するのは無理があるのではないか、
というのは多少思ってましたが、想像以上にそれを感じましたね;

このスープはノンフライ麺でない限り、確実にスープが負けますね(;゚ω゚)

豚脂を強めることで、スープにも一定のパンチは持たせてますが、
もともとスープの繊細さを麺の油臭が壊す問題を持ってるので、
そこにさらに油脂を重ねても油脂感ばかりが目立つだけですしね;

スープの原材料は豚脂、食塩、糖類、ポークエキス、植物油脂、しょうゆ、
ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物、香辛料となっています!

3番目に糖類が来てるのを見るに、やっぱり多少は甘めなのですよね!
あとは豚脂にポークエキスとシンプルに豚系だけでそろえられています!

魚介などの旨味の下支えが入るスープならまだしも良かったのですが、
これだけシンプルなスープだと小細工もあまりできないですからね;

ちょっとこれはメーカー側も気の毒だったかなと思う面はありますね;
もっともこのお店を油揚げ麺で再現しようとしたのが失敗なのですが;

麺はサンヨー食品が得意とする「手もみ風」の縮れた油揚げ麺です!

油揚げ麺臭の風味という大きな問題を横に置いてしまうなら、
この麺は「喜多方ラーメン」としてはよくできているのですよね!

そもそも喜多方系の麺はこうした平打ちの手もみ風の麺ですし!(*゚◇゚)

なので、メーカーなりにパーツごとに再現は目指してるのですよね!
スープだって、多少スナッキーながらも再現度は悪くなかったですし!

ただいかんせん麺の油揚げ麺臭がそれで消えてくれるわけではなく、
繊細なスープと相性が良くないことは否定できないものでしたが;

麺の量は70gで、カロリーは435kcalとなっています!
脂質は20.4gで、調味油が入る分だけ高くなっていますね!

具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎとなっています!

チャーシューチップはごく平凡な肉具材といったところですね!
食感はやわらかで、ちょっと甘めの醤油味がつけられています!

一応は全体に肉感をもたらしてくれる効果は見せてくれます!

具材の中で最も存在感があったのはメンマかもしれませんね!(`・ω・´)

ほどよい発酵感とコリコリとした食感で上手く目立ってました!
このラーメンの中で最も「中華そば」らしい存在でしたね!

ねぎはいかにも普通の乾燥ねぎで、量はたくさん入ってました!

「坂内」系のスープはほんとに優しくシンプルな豚系清湯なので、
そのスープの持っている細かい良さや深みが伝わってこないと、
どうしてもただただ麺を食べてるだけみたいになるのですよね;

この商品は最初からノンフライ麺でなかったことが完全に失敗で、
「豚脂の味と軽い甘さを感じる麺をただ淡々と食べるだけ」に終わる、
悪い意味でサンヨー食品の再現系の特徴がモロに出てしまいましたね;

買ってしまった方は自分で胡椒や醤油で味変しつつ食べたほうがいいかもです!(゚x/)モギロー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
みんな今日これアップかよw

(俺も記事できてるけどw)

サンヨー食品って基本、糖類攻めてくるよね(-∀-`; )

で、油揚げ麺臭なぁ‥これ本当に切実な問題。

どんぶり型だったらいいのに( ´・ω・)
takaさん、こんばんは!

なぜか今日はたういさんといい、この商品でかぶりましたね;
自分はあえて期待度が低かったこの商品から記事化しました!

まぁ、内容は良くも悪くも予想通りといった感じでしたが(;゚ω゚)

このスープはこれはこれで一つのスタイルではあるのですが、
油揚げ麺を使ったカップ麺には向かないとは思いましたね!

単にサンヨー食品の麺のせいだけじゃないと思いましたね;
おそらく東洋水産あたりも確実に麺勝ちになったでしょうし;

これはどう考えてもどんぶり型ノンフライ向きだったと思います;

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
やはりこれはノンフライ麺ですよね~!
せっかくの繊細で美味しいスープがとてももったいないと思いました。
でもこういう麺を使うというコンセプトは悪くないので
どんぶり型のノンフライ麺バージョンしてまた将来発売してほしいです。
たしかこういう麺はサンヨー食品はノンフライ麺でも作っていましたよね?
たういさん、こんばんは!

これはさすがに油揚げ麺には向いていなかったですね;
ノンフライ麺だったら真価が発揮できたと思うのですが!

サンヨー食品は以前に刀削風麺のノンフライ版を出してるので、
この手打ち風麺についても同様にノンフライにできるでしょうね!(●・ω・)

刀削風麺に比べるとこちらのほうが技術的には簡単そうですし!

優しい豚系スープ+手打ち風平麺という組み合わせは
ちゃんと喜多方ラーメンらしいものになっていただけに、
良さがきちっと出る形で作り上げてほしいですよね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.