7/30発売 ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば

7/30発売のエースコック「ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば」を食べました!
エースコックとフジッコのコラボ第2弾商品となります!

第1弾商品は「ふじっ子 純とろ」とのコラボ商品でしたね!
自分は食べなかったので、ブログでも紹介してないですが;

今回のバージョンを購入したのはもちろん汁なし系だからですね!
汁なし系商品となると購入のハードルが下がるのはいつものことです!(`・ω・´)

7/30発売 ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば

商品紹介では「エースコックとフジッコのコラボ」とあるのですが、
商品のロゴのほうでは「ふじっ子 塩こんぶ」となってるのですよね!

この「フジッコ」と「ふじっ子」の違いが気になったので調べたところ、
「フジッコ」が社名で、「ふじっ子」のほうはブランド名なのですね!

なので、商品についているのは主に「ふじっ子」のロゴなのですが、
一部のスマートなイメージを打ち出した商品は社名の「フジッコ」と
アルファベットのFをモチーフにしたロゴがつけられています!

特にデザート系の商品に関してはどれも「フジッコ」になってます!

たしかにデザート系商品に「ふじっ子」のロゴがついていると、
ちょっと何だか違和感をおぼえてしまう感じになりますからね!

ただ総菜系商品でも一部「フジッコ」ロゴが使われているので、
その商品に持たせるイメージとの兼ね合いもあるのでしょう!

7/30発売 ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば(内容物)

内容物は液体だれと後入れかやくという組み合わせになっています!
また、後入れかやく以外には具材は一切入っていないですね!

こういう商品は写真を撮る側としては非常に助かりますね!(*゚◇゚)

後入れかやくのみだと、具材を整える手間がかかりませんからね!

7/30発売 ふじっ子 塩こんぶ使用 塩焼そば(できあがり)

塩昆布と揚げ玉を主体にしたシンプルなビジュアルになってますね!

ちなみに塩昆布というと「ふじっ子」と「くらこん」が有名ですが、
自分はどちらかというと食感のやわらかな「ふじっ子」派ですね!

まずはベースの味ですが・・・おっ、ごま油が意外に強いですね!(●・ω・)

塩系焼そばって、油脂の風味がけっこう重要な位置を占めますが、
そこにごま油を起用することで香ばしさを上手く引き出してます!

香ばしさはありながらも、ごま油なら味があまり重くならないので、
そこそこさっぱりと食べられる塩焼そばを指向した内容になってます!

そしてここにかつおだしをメインとした和風の風味が加わってきます!

ここに塩昆布が重なることを考えると、たれでかつおの風味を効かせ、
かやくで塩昆布と、昆布とかつおの共演を意識した内容になってますね!

そしてこの2つだけだと塩焼そばとしてインパクトが少し弱いですが、
そこに胡椒をやや強めに効かせ、香味野菜の風味を重ねることで、
焼そばらしいパンチを一定程度加えるという形になっています!

それによってタレだけでもおおむね完成した味わいになってますね!

ちょっと塩焼そばとしてはさっぱり系の風味にはなっていますが、
今回ぐらいの麺量なら飽きずに食べられる味わいと言えるでしょう!

そしてここに塩昆布が加わると・・・味がややシャープになりますね!(=゚ω゚)

塩昆布は一応は位置づけとしてはかやくの一つではあるのですが、
明確な味を持ってるので、まぜてなじませたほうがいいですし、
タレと塩昆布の調和を楽しむための商品でもありますからね!

塩昆布は実際の商品よりも細かめにカットすることによって、
麺とも自然に絡みやすいように工夫されているのはいいですね!

今回の塩ダレは比較的やわらかいタイプの風味ではありましたが、
塩系焼そばって丸い味よりはシャープさのあるものが多いので、
そういう点では塩昆布の存在感は上手く合ってるところはありますね!

ただ塩ダレと塩昆布が合わさることで、それぞれの味だけでは出ない、
第3の魅力や相乗効果が出ているかというと、多少難しいのですよね!

というのも、タレも塩昆布もどちらとも「和風シャープ系」なので、
「合ってはいるけどある程度似たものが合わさった感じ」になっていて、
この2つを合わせることによる新しい反応のようなものはやや希薄でした!

ただそのかわり十分に安心して食べられる味わいではありましたが!

タレの原材料は植物油脂、砂糖、食塩、魚介風味調味料、発酵調味料、
動物油脂、魚介エキス、醸造酢、香辛料、全卵粉となっています!

ごま油を中心に魚介系の旨味でまとめたような構成になってますね!

麺は極めてオーソドックスなスタイルの中細の油揚げ麺です!

ほとんど特徴らしい特徴を感じないような麺ではありますが、
今回に関してはこの麺の起用は正解だったと言っていいでしょう!

というのも、エースコックはもっと主張の強い麺も持ってますが、
それらを使ってしまうと確実に麺勝ちしてしまったでしょうからね!

麺とタレのバランスを考えれば、この麺でちょうど良かったです!

麺量は70gと、汁なし系商品としてはずいぶん少なめですね!
コラボ商品ゆえに具材のコストが多めにかかったのですかね!

カロリーも367kcalと軽く、脂質は15.8gとなっています!
手軽に食べられる汁なし系としてはいい量と言えるかもですね!

具材は塩昆布、紅生姜入り揚げ玉、ごまという組み合わせです!

塩昆布は具材でもあり、味付けの主役とも言える存在ですし、
ごまもプチプチ感と香ばしさを全体に加える役割なので、
具材らしい具材と言えるのは揚げ玉ぐらいになりますかね!(*゚ー゚)

ただ困ったことにこの揚げ玉が足を引っ張っていたのですよね;

全体とまぜることで、少し食感が損なわれる面もあるのですが、
それ以前に一つの揚げ玉としての質が低かったように感じます!

他社も焼そば系商品でちょくちょく揚げ玉を使うことはありますが、
普通はどれも噛むとサクッときれいに崩れてくれるのですよね!

ただこの揚げ玉は噛んでもただ潰れてペシャッと平たくなるだけで、
サクッと爽快感をもって崩れてくれるということがないのですよね;

紅生姜入りでありながら、その風味もごく軽くしかしないですし、
揚げ玉具材の特徴である香ばしさや食感の良さがあまりないため、
アクセントとしての役割が求められる立ち位置にありながら、
むしろ全体のバランスをやや悪くする方向に機能してましたね;

カップ焼そばで揚げ玉に問題を感じたのは初めてな気がします;
普通は揚げ玉ってそんな足を引っ張る存在にはならないですしね!

タレを単体で見るとそこそこ上手く組み立てられてはいるものの、
塩昆布との相性もごく普通で、揚げ玉が少し阻害要因になってるなど、
価格を考えればやむをえないかもですが、あと一歩な感じでしたね!

とはいえ、普通に軽く楽しめるぐらいの安定感は持ってましたが!

塩昆布の風味でサラッと少しシャープに食べられる塩焼そばでした!(゚x/)モキッ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
やはりかーとさんも揚げ玉NGでしたか・・・。
なんか蛇足でしたよね、これ。
ただただ油っぽいだけというかクオリティ低かったです。
これならないほうがマシでした。

でも塩こんぶを焼そばの具にするアイデアはよかったですね。
塩こんぶって焼そばだけでなく、
いろいろなお料理の旨みアップやアクセントに使えますよね。
居酒屋の塩キャベツなんか塩こんぶTPの簡単メニューの最たるものです。
たういさん、こんばんは!

普通は揚げ玉って低い評価になることがほぼないですし、
東洋水産やヤマダイに限らず、麺のスナオシとかのメーカーでも、
不満を感じさせられるようなことなんてなかったのですが、
この揚げ玉は何とも言えず食感が良くなかったのですよね;

サクサク感が皆無で味も良くなく、噛んでもただ潰れるだけ、
どうしたら揚げ玉でこんな失敗ができるのだろうと思いましたね(;゚ω゚)

一方で塩昆布に関してはきちっと頑張ってくれてましたね!

もともと昆布というもの自体がいい旨味を持ったものなので、
どんな分野でも活躍できるポテンシャルがあるのでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.