8/6発売 らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺

8/6発売の寿がきや「らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺」を食べました!
名古屋にある「らぁ麺紫陽花」のラーメンの再現商品です!

8/6発売 らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺

名古屋のお店を選ぶあたりはいかにも寿がきやらしいですね!
寿がきやというと、愛知を代表する存在でもありますしね!

スープは鶏と醤油、かなりシンプルな王道系のようですね!
そのあたりの深みをどう演出しているかが気になりますね!(*゚ー゚)

8/6発売 らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺(内容物)

内容物はかやく、後入れかやく、液体スープとなっています!
後入れかやくが入っているというあたりが寿がきやらしいですね!

8/6発売 らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺(できあがり)

うん、いかにも王道の醤油ラーメンといったビジュアルですね!

まずはスープですが・・・完全に醤油と鶏油が主役ですね!(●・ω・)

これだけ主役がはっきりしているスープも珍しいぐらいですね!

醤油については単に醤油辛さが先行しているという感じではなく、
醤油の風味や個性を前面に出しているといった印象が強いですね!

もちろんそれでも醤油の鋭さなどもけっこう出てはいますが、
単に醤油辛いのではなく、風味を生かす狙いははっきり見えます!

そしてもう一つの鶏油ですが、こちらもかなり多く入ってますね!

なので、前半はとにかく醤油の風味と鶏油のコクが合わさることで、
いかにも鶏醤油系らしい風味がしっかりと前面にやってきますね!

この点は最近流行の「鶏と水だけ」系に近いとも言えるでしょう!

ベースを鶏の深いスープで支え、多めの鶏油でコクと香りを与え、
鶏だけで足りない風味を醤油によって補うといった形ですね!

こうしたミニマリズムを追求したラーメンも今は多いですからね!(=゚ω゚)

ただこのラーメンはそうしたミニマリズム系に近い要素を持ちつつも、
そこだけにこだわらず、もう少しいろんな旨味も重ねてはいます!

なので、「柔軟さもある鶏と水だけ系」なんて表現もできるかもです!

その旨味のサポート役として加えられているのが昆布と魚介ですね!

ただ、あくまでどちらも脇役的な形でスープを支えるような感じです!

そのため、魚介が入っていながらも鶏魚介系や複合系のスープとは違い、
全体の印象としては「鶏と水だけ系」に近い印象を与えるのですよね!

実際のお店の再現としてこの路線が近いのかどうかはわかりませんが!

スープの原材料は醤油、チキンオイル、チキンエキス、チキンブイヨン、発酵調味液、
食塩、ゼラチン、昆布エキス、魚介エキスパウダー、酵母エキスとなっています!

麺は全粒粉を練り込んだ平打ちのノンフライ麺となっています!
寿がきやはときどきこうした全粒粉入りの麺を使ってきますね!

ただ実際のお店はどうも全粒粉麺ではないっぽいのですよね!

お店の麺はストレートの平打ち麺が使われているようですが、
縮れの有無と全粒粉が入っているかどうかが違うみたいです!

ただこの麺のチョイス自体は当たっていると言えるでしょうね!(`・ω・´)

というのも、スープが醤油のキレを強く主張してくるので、
麺が弱いと完全にスープに負けてしまう感がありますからね!

そこでこうした麺そのものの風味が強い全粒粉麺を使うことで、
スープに強さを持たせつつ、麺も負けないバランスになってます!

全粒粉麺らしい風味の良さが感じられるのは良かったですね!

麺の量は70gで、カロリーは397kcalとなっています!
脂質は14.4gで、ノンフライ麺なので高い数字ではないですね!

具材はチャーシュー、メンマ、そして後入れねぎとなっています!

チャーシューはペラペラで、ちょっとケミカルな風味がしますね!
寿がきやのチャーシューって、こういうものが多いのですよね;

ただ最近はこれよりは少しマシなチャーシューだったのですが、
今回はまたダメなタイプのチャーシューに戻ったみたいですね;

せめてケミカルな風味がなくなるだけで良くなる気がするのですが!

メンマはやわらかく、あまりコリコリ感の強くないものですが、
これでも普段の寿がきやのメンマに比べればいい気がしますね!

ときどき粉々に砕けたようなメンマしか入ってないことがありますので;

そして後入れねぎですが・・・これはいい仕事をしてくれてますね!(*゚◇゚)

ベースのスープが醤油の風味をかなり強く打ち立てていることで、
スープと麺だけだと、ちょっと単調になった可能性があるのですよね!

そこにこの後入れねぎによって、ねぎの鮮烈な香味が加わることによって、
味にいい起伏やアクセントがついてくれているのは良かったですね!

実際のお店ではねぎではなく、みつ葉が使われているようですが、
再現度を横に置いてでもねぎを起用したのは正解だったでしょう!

醤油の風味がかなり強く、シャープな仕上がりでもあったことで、
スープだけを飲むにはちょっと鋭さが強すぎるところもありますが、
麺と楽しむという点からはこれも一つのラーメンの形と言えますね!

もちろんシャープな風味が苦手ではないというのが条件にはなりますが!

シンプルに鶏と醤油のおいしさを楽しむには最適な一杯でしたね!(゚x/)モキーユン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
いやいやほんとにシンプルでキレキレのスープでしたね。
ここまでシャープなスープで意外でした。
お店の味は知りませんが、
なんかお店のスープに近づけてるのではって感じでいい商品でした。

麺も以前の寿がきやさんならぜったい汎用ノンフライ麺だったでしょう。
それが全粒粉配合のこだわり麺でよかったですね。
なんか今までにない寿がきやさんのこだわりを感じました。

あと地元の愛知のお店の製品というのもいいと思います。
寿がきやさんにはもっと地元のお店コラボ製品を発売してほしいですね!
たういさん、こんばんは!

ほんと醤油と鶏油の2点だけで攻めるようなスープでしたね!

もちろんそこに鶏スープのコクや魚介も入るのですが、
どこに焦点が当てられているかは非常に明確でしたね!

寿がきやは基本の2種類の麺以外にも全粒粉入りの
こうしたタイプの麺もときどき使ってきますよね!(=゚ω゚)

実際はお店の麺は全粒粉入りではないみたいですが、
このスープには個性のある麺のほうが合っていますし、
この麺を起用したのは大きくプラスになってましたね!

このお店は愛知ではかなり評価されてる存在のようですし、
そのお店を全国に広めるという狙いもあったのでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.