8/28発売 スパイシー辛辛豚らーめん

8/28発売の寿がきや「スパイシー辛辛豚らーめん」を食べました!
冬の定番である「辛辛魚」からの派生商品が登場いたしました!

こちらの商品はファミリーマート/サークルKサンクス限定商品です!

8/28発売 スパイシー辛辛豚らーめん

あの「辛辛魚」の生みの親でもある「麺処 井の庄」と、
その弟子のお店の「麺処 一笑」とのダブル監修商品です!

「いのしょう」と「いっしょう」、字は違っても読みは似てますね!

「麺処 一笑」は濃厚な豚骨スープをウリにしたお店で、
それが今回の「辛辛豚」の名前にも使われていますね!

また「麺処 一笑」にも「辛辛らーめん」というのがあるので、
一応はそれがモデルになった商品と言うこともできそうです!

8/28発売 スパイシー辛辛豚らーめん(内容物)

内容物は粉末スープ、液体スープ、後入れかやく入り粉末スープです!
粉末スープだけを先入れしてお湯を注ぐ方式となっています!

後入れかやくでアクセントをつけるのは「辛辛魚」と同じですね!
中央に唐辛子などの粉末の山を作ることを想定してるのでしょう!

8/28発売 スパイシー辛辛豚らーめん(できあがり)

「辛辛豚」という名前なだけあって、スープは赤いものの、
同時に豚骨の白濁とした色合いがしっかり生きていますね!

まずは粉末スープのみの味ですが・・・おっ、豚骨が太いですよ!(*゚◇゚)

この商品はもともと粉末、液体、後入れ粉末の3つのスープが
合わさることによって完成することが想定されているので、
本来は粉末スープだけの段階で飲むのは意味がないのですが、
このスープはちょっと飲んでみようと思わせる力がありました!

そしたら太い豚骨臭がしっかりとあり、なおかつ濃度も高く、
これをベースに本格濃厚豚骨を作ってもいいのではないか、
そう思わせるだけの濃度と風味を感じさせられましたね!

これだけ本格派の太い豚骨はなかなかカップ麺ではないですね!
このスープだけで、この商品がおいしく仕上がるのがわかります!

ここに液体スープを加えると・・・ピリ辛感が出てきますね!(*゚ー゚)

ただこの時点ではまだまだ激辛系という雰囲気はないです!

あくまで唐辛子に山椒系などの痺れが軽めに効いただけの
「ちょっとピリ辛な豚骨ラーメン」にとどまっています!

ただこの時点で魚介の風味などもちょっと加わるので、
粉末スープだけのときよりは味が複雑さを帯びています!

そして後入れ粉末スープをまぜると・・・一気に表情が変わりますね!(●・ω・)

まず「辛辛豚」らしく、けっこうな激辛の味になります!
それでも「辛辛魚」よりは一歩辛味は控えめですかね!

ただこれは「辛辛魚」よりも辛味成分が少ないというより、
ベースの豚骨のまろやかさが強いことで辛さが丸められ、
食べやすく仕上がっているといったほうが近いかもです!

「辛辛魚」のほうがストレートに辛さが来ますからね!

ただそれ以上に印象的なのが香味野菜などの風味なのですよね!(*゚◇゚)

「辛辛魚」の場合は後入れ粉末スープは唐辛子をベースに、
そこに大量の魚粉を加えて魚介感を出す形になってますが、
こちらは唐辛子に香味野菜やスパイスが多く加わっています!

なので、それによって全体の味に強い複合性が出るのですよね!

ここでスープと後入れ粉末スープの原材料を見てみましょう!

スープの原材料はポークエキス、チキンオイル、香味油、
チキンエキス、ポークオイル、糖類、食塩、ポークプロテイン、
粉末かつお節、ガーリックペースト、発酵調味料となってます!

先入れ粉末スープはほぼ純粋に動物系だけでできてるので、
液体スープによってかつお節やガーリックペーストなどの
香味や魚介の旨味を加える要素が入ってくるのが見えますね!

そして後入れ粉末スープはフライドオニオン、唐辛子、
フライドガーリック、ローストネギ、ねぎ、パセリです!

これを見ると唐辛子以上に香味野菜がメインなのですよね!

フライドオニオンの甘みと香ばしさ、ねぎによるアクセント、
ローストネギの深い香味、フライドガーリックの刺激と香り、
そしてこの中で最も目立つ存在になっているのがパセリです!

今回のスープを飲んでいると、どことなくイタリア風なのですよね!
豚骨ラーメンを香味野菜でイタリア風に仕立てたような感じです!

食べているとバジルも入っているかのように感じるのですが、
どうも他の要素とパセリが重なってそう思うのでしょうね!

ただバジルが入っているかのような気がするのがポイントで、
それだけイタリアを思わせる香味が生きているのですよね!

なので、「辛辛魚」が辛さと魚介で全体をまとめるのに対し、
こちらは太い豚骨、辛さ、香りの3つがメインなのですよね!

この組み立ての上手さと風味の良さにはうならされましたね!
単に辛いだけのラーメンに終わらない深みがありました!

麺は中太ぐらいの縮れのついたノンフライ麺となっています!

このところの寿がきやがよく使う麺とほぼ同じでしょうね!

密度感のあるギュッと詰まった感じのする低加水ぽい麺で、
ややしっかりとした食感で、小麦の風味もけっこう強いです!

麺としての主張もそこそこあるので強いスープに合いますが、
今回のスープは非常にはっきりとした個性を持っているので、
この麺との相性については申し分ないと言っていいでしょうね!

強いスープに対して負けてないですし、麺だけが目立つ感じもない、
強い麺でありながらスープとしっかり調和してるのがいいですね!(`・ω・´)

麺の量は75gで、カロリーは508kcalとなっています!
脂質は20.3gで、ノンフライ系としてはかなり高いですね!

かといって、油脂が表面を覆ってる感じではないのですよね!
ベースの豚骨の乳化感がそれだけ高いということなのでしょう!

2018年版の「辛辛魚」と比べると、脂質は+1.4gでカロリーは+12kcalです!
こうして比較すると「辛辛魚」もけっこうカロリーが高いのですね!

「辛辛魚」と同様に具材らしい具材はありません!

ただ、スープに風味を加えるために後入れ粉末スープに入っている
フライドオニオン、フライドガーリック、ローストネギ、ねぎ、パセリが
一応は具材と呼ぶこともできなくはない位置づけにはなってます!

まず今回は何と言っても豚骨が太いのが素晴らしかったですね!

もし豚骨が弱いと、様々な香味野菜も変化球ばかりが目立って、
芯となる部分が見えにくいスープになってしまったかもですが、
豚骨が太い中にいろいろな香味野菜が風味を加えていたので、
単なる変化球主体のスープとは思わせなかったですからね!

豚骨のコクと辛さに少し洋風の香りが上手く調和した一杯でした!(゚x/)モキュキュッ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これはやはり話題性の面でも食べておくべき製品でしたね~。
かーとさんの記事見てなかなかの内容みたいで食べたくなりました。
なんといってもあの超人気ロングセラー「辛辛魚」の姉妹品だけのことあります。

スープの辛さはややおとなしいということですが、
しっかり豚の旨味の製品ということでこれは見かけたら買っておきたいと思います!
たういさん、こんばんは!

いやぁ、この商品は思っていたよりも収穫がありましたね!

「辛辛魚」ほどわかりやすいインパクトではないですが、
ベースの豚骨の香りが非常にしっかりしてたのですよね!(●・ω・)

なので、食べる際はぜひ後入れのふりかけを投入する前に
豚骨スープそのものを少し味わってほしいと思いますね!

でもって、後入れの香辛料も単に唐辛子だけでなく、
いろんな風味を重ね合わせてるのが良かったですね!

これはなかなか上手く組まれたスープだと思いました!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.