9/24発売 カップヌードル インド風バターチキンカリー

9/24発売の「カップヌードル インド風バターチキンカリー」を食べました!
カップヌードルの「エスニックシリーズ」からの新作となります!

9/24発売 カップヌードル インド風バターチキンカリー

エスニックシリーズというと、「トムヤムクン」を皮切りに、
ラクサ」や「ブラックペッパークラブ」が出てますね!

このあたりは今でも見かけますし、おおむねレギュラー化してますね!
今回の「バターチキンカリー」もレギュラー化狙いなのかもですね!

またこの系統はフォントが普段のカップヌードルと少し違います!
外国仕様に合わせて「CUP NOODLES」と複数形になっています!

カップ麺系統で「バターチキンカリー」が取り上げられたケースは
日清の「カレーメシ」と東洋水産の「世界のグル麺」がありますね!

「カレーメシ」はトマトのさっぱり感が強めでそこそこスパイシー、
一方の「世界のグル麺」はトマト感はなく完全にまろやか路線でした!

今回の商品は「カレーメシ」のときと同じく日清が製造していますし、
またインドではトマトを使うレシピのほうが一般的であることから、
おそらく「カレーメシ」の味に近いタイプを想定できそうですね!

9/24発売 カップヌードル インド風バターチキンカリー(内容物)

ややオレンジがかったカレーにチキンがけっこう多く入ってます!
色がちょっとオレンジ寄りなのはトマトが入るためでしょうね!

9/24発売 カップヌードル インド風バターチキンカリー(できあがり)

後入れの「バターフレーバーオイル」をかけると完成となります!

まずはその味ですが・・・ほぅ、食べやすいけどかなり濃厚ですね!(●・ω・)

意外に感じたのはスパイス感がそれほど前面に出てこない点ですね!

「カレーメシ」のときはスパイスもけっこう強く感じられましたが、
スパイス感の立ったカレーという印象は今回はあまりないですね!

むしろトマトソースとバターによってベースの味をまとめたうえで、
そこに数種のスパイスを加えてカレーらしさを付加したような感じです!

なので、インドカレーの一種というふうに考えて手に取るよりは、
「カレー風味のするバタートマトスープ」と考えたほうが近いです!

主役感で言うなら、スパイスよりもトマトとバターのほうが上ですし!

商品説明にはカルダモン、クローブなどの7種のスパイスと書かれてますが、
一般的にカレーで主役として使われるクミンがここには書かれてないですし、
7種というのもカレーに使われるスパイスとしてはけっこう少ないですしね!

その点からもスパイスの複合性が主役ではないことがわかりますね!(*゚ー゚)

「カレーメシ」に比べると、トマトの主張がいくぶん下がったかわりに、
バターのまろやかさや風味が強まって、より丸みのある味わいとなってます!

「カレーメシ」のときはトマト:バターが 7:3 ぐらいのイメージでしたが、
今回はそれぞれの主張がおおむね等価に伝わってくるような感じですね!

なので、決してまろやか一辺倒ではなくトマトのさっぱり感も強いですが、
さっぱりとまろやかがいい具合に両立した味わいになっていると言えます!

そんなトマトとバターのそれぞれの個性が出たスープとなっていますが、
このスープを語るうえで欠かせない要素がそのものすごく強いとろみです!

もともと日清のカレー系商品はとろみが強いことが多くはありますが、
この商品はそれらを軽く上回ってくるぐらいの濃度を感じましたね!(=゚ω゚)

なので、トマトのさっぱり感はありながら麺にものすごく絡むので、
物足りなさとか軽さというものは一切感じさせなかったのですよね!

この濃度の高さはちょっと食べていてクセになるものがありますね!

スープの原材料は豚脂、糖類、小麦粉、でん粉、植物油脂、
乳等を主要原料とする食品、玉ねぎ、クリーミングパウダー、
香味調味料、フルーツペースト、ポーク調味料、トマトパウダー、
香辛料、酵母エキス、ピーナッツバター、バターオイルです!

ずいぶんと複合的な構成の原材料になっているようですね!

豚脂を中心に組み立てるのはいかにも日清のカレーらしいですが、
そこに甘さ、乳製品、トマト、バターなどでまとめた感じですね!

他にもフルーツペーストやピーナッツバターが入ってるなど、
優しい味わいにするための工夫がいろいろと見られますね!

麺はカップヌードルシリーズらしいヌードル系の油揚げ麺です!

おそらく「カップヌードルカレー」の麺とほぼ同じだと思われます!

麺にそこそこ幅がある点でも「カップヌードルカレー」に近いですし、
下味がけっこう強めにつけられている点なども共通していますね!

原材料もほぼ同じですが、ポーク調味料が加わってる点だけが違います!
「カップヌードルカレー」の麺もそれに合わせて少し変わるのかもですが!(*゚◇゚)

麺の量は60gで、カロリーは417kcalとなっています!
脂質は20.3gで、麺量を考えるとかなり高めと言えますね!

ただカロリーも脂質も「カップヌードルカレー」とほぼ同じですね!

具材は鶏肉、赤ピーマン、ねぎという組み合わせになっています!

ねぎがいやに多いのはちょっと謎なところもありますね!
本来のバターチキンカレーに入る具材ではないでしょうし!

ちょっとラーメンっぽい雰囲気を出したかったのかもですね!

赤ピーマンは意外といい味のアクセントになっていましたね!

さっぱり感とまろやかさがミックスされたスープになってるので、
そこに赤ピーマンの軽い甘みと苦味がいい具合に効いてたのですよね!

鶏肉は日清がよく使う炭火焼チキンや蒸し鶏などの具材に比べると、
サイズが小さく迫力は劣るものの、決して悪くはない内容ですね!

おそらく以前に「チリトマトヌードル」に入っていた鶏と同じで、
味は軽めですが、鶏らしさと繊維質の食感を楽しむことができます!(`・ω・´)

量もそこそこ入っているので、その点でも満足感はありますね!

また「カップヌードルカレー」と同じく細かい玉ねぎが入ってます!

これは基本的に底に沈むのでそれほど目立つわけではないですが、
時折感じるシャリシャリ感と風味が気持ち良かったりするのですよね!

インド風と聞くとまず強いスパイス感を連想してしまいがちですが、
この商品はむしろそれとは正反対なぐらいの味に仕上がってましたね!

面白いのはインド風をそのまま再現しようとしたわけではないはずの
「カレーメシ」のほうがスパイシーでキレのある味だったのに対して、
本場を意識したこちらのほうがむしろ食べやすい味だった点ですね!

これこそが実際にインドで食べられている味に近いのでしょうかね!

まろやかさとさっぱり感が両立した見事な仕上がりの一杯でした!(゚x/)モキューン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
ノーマルのカップヌードルカレーと違いが明確で
それぞれ棲み分けできそうないい製品でしたね。
これならカップヌードルカレーとは競合しない感じです。
エスニック系なので女性受けもしそう!

カレー風味はほんとにおとなしかったですね。
でもトマトの酸味やバター風味でとても美味しくいただけました。
強いとろみも食べた感あってよかったと思います。
たういさん、こんにちは!

カップヌードルカレーとは全く違ったタイプでしたね!

他の日清のカレー系商品に比べるとカレーの濃度が低めで、
なおかつトマトとバターによって明確な個性がありましたね!(●・ω・)

インド風というともっとシャープなカレーの印象がありますが、
これはインド風なのに、非常に食べやすい味に仕上がってましたね!

トマトを主役にして、そこにバターがコクを加えるスープに
スパイスが軽くアクセントを与えるような形でしたしね!

でもって、とろみのおかげで濃厚さも感じられましたしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.