10/1発売 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺

10/1発売の明星「中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺」を食べました!
「中華三昧 赤坂榮林 酸辣湯麺」から縦型ビッグ商品が登場しました!

10/1発売 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺

「中華三昧」シリーズの中でもこの「赤坂榮林 酸辣湯麺」は
ずいぶんといろんなバージョンで発売されているのですよね!

以前から袋麺と縦型ノーマル、春雨スープの3商品が展開され、
今回新たにこの縦型ビッグが発売されることになりました!(*゚ー゚)

昨年には「PREMIUM」としてどんぶり型でも発売されたことがあります!
その「中華三昧PREMIUM 赤坂榮林 酸辣湯麺」は紹介していますね!

縦型ノーマルについても過去に食べたことはあるのですが、
そのときは記事化するタイミングを逸したのですよね;

昨年の「PREMIUM」についてはかなりの好印象を持ったので、
今回の縦型ビッグについてもおおむね安心できそうですね!

何せこれだけいろんなバージョンで登場しているとなると、
クオリティが安定していないはずはないでしょうからね!

10/1発売 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺(内容物)

ちょっとこの写真を見ると具材が少なく見えてしまいますね;

ただ実際には麺の下に具材がたくさん入ってるのですよね!
そのせいで麺の上にはあまり具材が見えなかったりします;

縦型カップで麺の下に具材が潜り込んでいると困りますね;

写真を撮らずに普通に食べるのであれば何ともないのですが、
具材を回収するための手間が多くかかってしまいますからね;

10/1発売 中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺(できあがり)

かき卵をはじめとして、具材はしっかり整っていますね!

まずはスープですが・・・おおぉ、これはよくできてますね!(●・ω・)

やはりたくさんのバージョンが発売されてるだけのことはあります!
昨年の「PREMIUM」も良かったですが、縦型でもかなり優秀です!

酸辣湯麺のお手本になれるような仕上がりと言っていいでしょう!

もっともこの「赤坂榮林」は酸辣湯麺の元祖のお店でもあるので、
文字通りここがお手本となっていろいろと広がったわけですが!

まず何と言っても芯が一本ピシッと通った酸味が非常にいいですね!

いろいろある酸辣湯麺の中でも酸味はかなり強めの部類と言え、
それもかなりストレートに酢の酸味を引き立ててきています!

そこに黒酢を重ねることによって一定の丸みも出してますが、
それ以上にわかりやすく酸味を立てることに重点が置かれてます!

そしてここに風味を重ねる役割をしているのがごま油です!

後入れ液体スープは基本的にはラー油がメインとなってますが、
これがけっこう強めにごま油の香ばしさを主張するのですよね!

今回のスープは動物系の要素をあまり強く立てていないので、
ベースに関して言うとかなり軽めの仕上がりになっていますが、
そこを補ってコクを与える役割もごま油が担ってくれています!

また酸辣湯麺に欠かせないとろみもかなる強めについています!

とろみのおかげでスープの麺への絡み非常に良くなっていますし、
それによってスープの特徴がはっきりと伝わってくるのがいいですね!

この酸味・ごま油・とろみの3つがガチッと組み合っているので、
酸辣湯麺としての主張が非常に明確に感じることができますね!

このあたりのポイントの押さえ方は実に上手いと思わされますね!(*゚◇゚)

そして酸辣湯麺のもう一つの特徴であるラー油の辛味ですが、
あくまでピリ辛レベルながらその存在感ははっきりと感じます!

なので、極端に酸味だけに偏っているというわけではないです!
きちんと酸辣湯麺としてのバランスの良さも備わっていますね!

そしてここに深みを加えてくれるのがアサリ、ホタテの貝系と、
具材の椎茸からじわっと滲み出てくる旨味となっています!

どちらもすっきり系ながらしっかりした旨味を持つ素材ですね!
なので、重さは全くないですがベースの旨味はきちっとあります!

スープの原材料はデキストリン、食塩、たん白加水分解物、植物油脂、
糖類、香味調味料、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、植物油脂)、
醸造酢、しょうゆ、豚脂、香辛料、貝エキス、黒酢となっています!

商品説明には「鶏の旨味をベース」と書かれているのですが、
原材料には鶏系のエキスなどは特に加えられてないのですよね!

あくまで旨味成分の中に鶏の風味を加える形をとってるのでしょう!

ここで「PREMIUM」のときの原材料とちょっと比較してみましょう!

[中華三昧PREMIUM 赤坂榮林 酸辣湯麺の原材料]
食塩、ラード、香味調味料、コラーゲンペプチド、植物油脂、黒酢、
鶏肉エキス、たん白加水分解物、香辛料、しょうゆ、ホタテエキス

「PREMIUM」のときはラードがかなり多めに含まれていて、
それによるコクが大きなポイントとなっていましたが、
今回は豚脂に関してはけっこう控えめとなっていますね!

その分だけ「PREMIUM」と比べるとすっきりした印象ですね!

また「PREMIUM」のときは酢は黒酢がメインになっていましたが、
今回は黒酢が控えられた分だけシャープな印象が高まってます!

「PREMIUM」もけっこう酸味が強めの仕上がりではありましたが、
その方向をよりはっきりさせたのが今回と言っても良さそうです!

麺は中細ぐらいのやや低加水っぽい食感のノンフライ麺です!

食べ始めの頃は小麦の風味が香る少しポソッとした食感ですが、
少し時間が経つとスープとのなじみの良さが映えてきますね!(=゚ω゚)

このあたりの質感はいかにも明星の縦型ノンフライらしいです!
プリプリ感よりはギュッと凝縮したような風味があるのですよね!

今回の商品はスープと麺の一体感が高まったほうがおいしいので、
中盤ぐらいからのしっかりとなじんでからのほうが合いますね!

麺の量は65gで、カロリーは354kcalとなっています!
脂質は7.6gで、かなり軽めの数字となっていますね!

普通の縦型版と比べると麺量は18g多めになっています!

65gでも決してそこまで多い麺量というわけではないですが、
中華三昧の縦型ノーマル版は麺量がやや少なめになってるので、
こちらの縦型ビッグのほうが食べごたえは上がっていますね!

具材はかき卵、チンゲン菜、椎茸という組み合わせです!

かき卵は思っていたよりもきっちりと多めに入ってますね!

ただ食感がふわふわしてるので具材として目立つというよりは、
スープの一部として酸味のシャープさを緩和する役割を見せます!

自然に麺に絡んだり、スープを飲んだときに自然と入る感じですね!(`・ω・´)

チンゲン菜についてもそこそこ量が多く、存在感はありますね!

また茎の部分がけっこう入っていて、意外と太さもあるので、
チンゲン菜らしいシャキシャキとした食感も楽しめますね!

この商品の中で最も具材らしい具材として目立っていますね!

椎茸は小さめですが、やはり酸辣湯麺には欠かせない存在ですね!

スープに旨味を加えるという効果もしっかりと発揮していますし、
なおかつ具として食べたときにもいい旨味を感じることができます!

酸辣湯麺の核である酸味を中心に据えてしっかりと主張させたうえで、
ごま油の香味、ほどよいピリ辛、椎茸や貝の旨味、そして強めのとろみと、
「これぞ酸辣湯麺」と呼ぶことのできる仕上がりになっていましたね!

まぎれもない本格派の酸辣湯麺と言っていいだけの完成度がありました!

酸辣湯麺を食べたいときには迷わずオススメできる一杯でございました!(゚x/)モニュッ

【関連記事】
中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺
中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば
中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺
中華三昧PREMIUM 濃厚担々麺
中華三昧PREMIUM 芳醇醤油広東麺
中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺
中華三昧 麻辣火鍋拉麺
中華三昧 海鮮塩タンメン
中華三昧PREMIUM 赤坂榮林 酸辣湯麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺
中華三昧PREMIUM 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺
中華三昧 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧 四川風麻婆麺
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
この製品はBIGカップだったのですか。
なんかこのタテ型のシリーズはデザインがあまりにも似通っている上に
製品名も長いのでどれがどれかもう区別がつかなくなっていますww

今回は酸辣湯麺なんですね。
なんか酸辣湯麺って夏場のイメージなのですが、
もう通年の人気メニューという感じですね。
麺もノンフライ麺で酸味やごま油の風味も楽しめ
なかなかいい商品という感じですね。
たういさん、こんにちは!

通常の縦型がレギュラー販売されている商品が、
さらに縦型ビッグでも出るというのは面白いですよね!

販路を広げることで認知度を高めたいのでしょうけども!
そうすることでレギュラー版の売り上げにも反映するかもですし!(●・ω・)

そういえば中華三昧が縦型ビッグを出すのは珍しいですね!
縦型レギュラーかどんぶり型のどちらかというイメージですし!

酸辣湯はあえて肌寒くなってきたから出した感もありますね!
ほっこりと体が温まるようなメニューでもありますからね!

味という点ではこの中華三昧の酸辣湯麺は間違いないですよ!
さすがは元祖のお店が監修してるというだけはあります!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.