1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG

1/14発売の東洋水産
「マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG」
を食べました!

「正麺カップ」の「うま辛担担麺」から辛口バージョンが出ました!

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG

「正麺カップ」の担担麺というと「うま辛担担麺」がありますが、
ときどきそのライバル的な存在とするべく新商品が出るのですよね!

過去には黒ごま系の「ごま辛担担麺 黒」であったり、
まったり系の「濃ごま担担麺」が出たことがありました!

ただレギュラーの「うま辛担担麺」はものすごくバランスがいいので、
少々の新作ではその壁に跳ね返されてしまう感じなのですよね!

そこで今回はいつもと違ったタイプの担担麺を出すのではなく、
そのレギュラーの「うま辛担担麺」の変わり種で来ました!

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープは後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG(できあがり)

おっ、明らかにいつもの「うま辛担担麺」より色が赤いですね!
ただビジュアルの方向性自体は極端には変わってないですね!

まずはスープですが・・・明らかに唐辛子系が強まってますね!(●・ω・)

もちろんシンプルに唐辛子の辛さ、花椒の痺れが強まってますが、
体感的には単純に刺激が強まったのとはちょっと違う感触があります!

「うま辛担担麺」の味がそのまま継承されつつ刺激が強まったというより、
唐辛子の風味など、味のうえで香辛料系の厚みが増した感じなのですよね!

唐辛子も花椒も単に刺激を持っているというわけではなく、
それぞれが特有の風味を持っていたりするわけですからね!

なので、そうした香辛料系の風味がやや前面に出ることで、
「うま辛担担麺」特有の風味は多少後ろに下がってますね!

ただ一方でそれを補うためのバランスの調整も多少見えますね!

ごまの濃度であったり、担担麺のベースとなっている要素を
いくぶん高めて全体のバランスを取っている感がありますね!

なので、トータルとして見ると「うま辛担担麺」を継承しつつ、
香辛料系を中心にスープ全体の厚みを一段増してきた印象です!

また今回の主役である辛さですが、決して極端な強さではないです!(*゚◇゚)

もちろん従来の「うま辛担担麺」と比べて唐辛子が3倍、
花椒が2倍となって刺激は明らかに強まっているのですが、
激辛や大辛ではなく、あくまで辛口といった範囲ですね!

なので、極端に辛いものが苦手でなければ大丈夫でしょう!

スープの原材料はみそ、ポークエキス、香味油脂、豚脂、ねりごま、
すりごま、植物油、砂糖、香辛料、食塩、でん粉、しょうゆ、
豆板醤、チキンエキス、たん白加水分解物、酵母エキスです!

基本の「うま辛担担麺」の原材料と比較してみましょう!

[うま辛担担麺]
みそ、ポークエキス、豚脂、ねりごま、砂糖、すりごま、
香味油脂、植物油、食塩、でん粉、しょうゆ、豆板醤、
香辛料、チキンエキス、たん白加水分解物、酵母エキス

香味油脂、香辛料の2つが増えているのがはっきりわかりますね!
他の原材料の量についてはおおむね継承されていると言えそうです!

香味油脂は当然ながら花椒オイル+ラー油的なものでしょうね!

麺はいつもの正麺カップらしいリアル感の高いノンフライ麺です!(`・ω・´)

ほんとコシのリアル感にかけては右に出るものがないですね!
表面のつるみ、のどごし、絶妙のコシと非の打ちどころがないです!

さらに麺のほぐれが良くなれば、さらに言うことはないですね!

担担麺は本来は細めの低加水麺が使われることが多いのですが、
「正麺カップ」は多加水系でありながら担担麺に合うのですよね!

ある意味では担担麺の新しい形を作っている存在とも言えますね!

麺の量は65gで、カロリーは473kcalとなっています!
脂質は20.0gで、ノンフライ麺系としては非常に高いです!

担担麺系はごまの脂質が入るので高くなるのですよね!

基本の「うま辛担担麺」は脂質17.2gで447kcalとなってるので、
スープや油脂をいつもより厚めにしてきてるのがわかりますね!

具材はひき肉、チンゲン菜、ごまという構成になっています!

粒ごまに関しては具材というよりスープの一部に近いですね!

プチプチとした食感と香ばしさがスープを底上げしていて、
練りごまとはまた違った魅力を出すことに貢献しています!

ひき肉は粒も大きめで、ひき肉としての肉の風味、肉感も強く、
担担麺に使われる肉としても十分な満足感を備えています!(=゚ω゚)

そしてチンゲン菜ですが、これは具材の変更があったようですね!

以前は「うま辛担担麺」でもひき肉+ねぎだったのですが、
より担担麺らしくなるようにチンゲン菜になったようです!

チンゲン菜というと、担担麺には欠かせない野菜でもあるので、
これが具材として採用されたのは大きなプラスと言えますね!

辛味や痺れとともに全体の厚みが底上げされた一杯でしたが、
ただ今回の商品を食べているうちにどうしても感じるのが、
「うま辛担担麺」のバランスがいかに良いかなのですよね!(*゚ー゚)

たしかに刺激も厚みも高まっていて一つの担担麺として優秀ながら、
「うま辛担担麺」はやはりいつものバランスのときが一番おいしい、
そのことを感じさせられてしまう仕上がりでもあったのですよね!

「うま辛担担麺」だけを食べるとさらなる刺激が欲しくなる一方、
実際にそうした商品が出たら「うま辛担担麺」の凄味が映し出される、
もしかするとそうしたところまでこの商品の狙いなのかもですね!(゚x/)モギロッ

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これ、ボクも食べました。後日紹介するつもりですが、ストロングを謳うほどの辛さはないものの、さすがマルちゃん正麺です。麺はほかのカップ麺とは違いますね。
苦手な花椒もほんのり香るだけだし(スープの素を入れた瞬間はヤバいと思う香りでしたが…)、ゴマが濃厚でおいしかったですね。
このくらいの辛さと味がいいんだけどなあ。青梗菜は少ないながらも、シャキシャキしておいしかったです。
また、来ますねぇ。
おはようございます。
正麺カップの担担麺はほんとにいつも安定のクオリティ!
安心していただけますね。

今回は「STRONG」&「辛」x3ということで
かなりインパクトのある製品かと思って楽しみだったのですが、
なんかそういうインパクトは思ったよりは
はるかに控えめでちょっと肩透かしという感じでした。

もうちょっとパンチのある味を期待したのですが・・・。
ビジュアルはなかなかでしたがちょっと物足りなかったです。
まぁ、ふつうに美味しいので良かったのですが。
焼き鳥おうじさん、こんばんは!

やっぱり「マルちゃん正麺」シリーズは麺が光ってますよね!

担々麺って、どちらかと言えば低加水の麺が主流なのに、
「マルちゃん正麺」だけは多加水でもハマっていますし、
このあたりは麺のクオリティの高さがものを言ってますね!(=゚ω゚)

今回は全体の刺激を強めてもバランスが取れるように、
ごまや油脂についてもやや濃厚にしてきてましたね!

なので、濃厚さを求める人にも向いていると言えるかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんばんは!

「正麺カップ」は基本の「うま辛担々麺」が非常に強いですが、
ときどき出る特別版も基本的に完成度はどれも高いですよね!

難しいのは「うま辛担々麺」がよくできているだけに、
あまり刺激などを強めてバランスを変えると調和が崩れてしまう、
それゆえにある程度抑えつつ味を調整してきた感じでしたね!(=゚ω゚)

なので、驚きはそれほどないもののまとまりはありましたね!
でもまとまりを求めるなら通常版でいいともなってしまいますが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.