2/18発売 日清焼そば U.F.O. 油そば

2/18発売の「日清焼そば U.F.O. 油そば」を食べました!
「UFO」からレギュラーサイズの「油そば」が登場しました!

2/18発売 日清焼そば U.F.O. 油そば

カップ油そばの市場は2013年と比較して7倍に急拡大したそうですが、
大盛カップ版が大半なので、レギュラー版を発売したとのことです!

たしかに油揚げ麺商品に関しては油そばはほとんどが大盛ですね!
ただノンフライ麺商品の場合はレギュラーサイズだったりしますが!

「UFO」から過去に出たカップ油そばも大盛サイズばかりでしたし!(*゚ー゚)

油揚げ麺でレギュラーサイズというと明星が過去に出してますが、
そのときは期間限定商品だったのですぐに消えちゃったのですよね;

他にも探せばちょくちょくレギュラーサイズ版もありはしますね!
ペヤング 背脂MAX」も油そばと言ってもいい内容のものでしたし!

今回の「UFO」についても定番商品になるかどうかは未知数ですが!

2/18発売 日清焼そば U.F.O. 油そば(内容物)

◎内容物 - 液体ソースのみと非常にシンプル


内容物は液体ダレのみという極めてシンプルな構成となってます!
カップ油そばはふりかけがよくつきますが、この商品にはないですね!

レギュラーサイズのUFOとしては珍しく湯戻し5分なのに注意しましょう!

2/18発売 日清焼そば U.F.O. 油そば(できあがり)

うん、いかにも正統派の油そばといったビジュアルになってますね!

◎タレ - ルーツ志向的なお酢とラー油が強い醤油ダレ


まずはその味ですが・・・うん、古風なタイプの正統派油そばですね!(●・ω・)

油そばって正統派と言ってもいろんなタイプが連想されるのですが、
カップ麺の場合は豚脂を軸に油揚げ麺のスナック感も生かしながら、
ラー油やごま油で香りづけをしたものが比較的多いのですよね!

「多少スナック的で香ばしいワイルドさ」が主流の印象なのですよね!
特にカップ油そばを代表する明星の「ぶぶか」がそうした路線ですね!

それに対して、こちらは現代的な油そばを指向していると言うよりは、
もっとベーシックな、古くから油そばを出していたようなお店を思わせる、
別の言い方をするなら「油そばのルーツ」を感じさせる仕上がりです!

そうしたタイプの味わいは東洋水産の「珍々亭」でも見られるのですが、
それと比べてもこちらは非常に古風な印象を抱かせるのですよね!

昔の油そばって、そのままでも一応は味は整ってはいるのですが、
自分でお酢とラー油を入れて味を調整するタイプが多いですよね!

今でもそうしたスタイルで油そばを提供しているお店は多いですし!

この商品はそうしたタイプの油そばを連想させる味わいなのですよね!(=゚ω゚)

豚脂を中心にシンプルな醤油ダレを合わせ、そこにラー油が入る、
とこのあたりはカップ麺における主流の油そばと近いのですが、
醤油ダレの風味がストレートで、さらにお酢が強いのが特徴です!

ほんといかにも自分でお酢とラー油をかけて仕上げた感があります!

ただ油そばにおけるお酢は味の変化として途中で入れることも多いので、
最初からずっと強く主張してると、後半にやや単調になる面もありますね!

「UFO」の油そばって、なぜか「正統派すぎる」味わいのことが多くて、
「UFOならではの個性」をあえて持たせていない感触があるのですよね!

古風な正統派を指向しつつ、「UFO」だからこそ出せる個性も打ち出す、
というふうにしてくれるともう少し面白そうな感じもするのですけども!

ルーツ志向なのはいいものの、なんだか全体的に普通すぎますからね;

◎タレの原材料 - 豚脂、醤油、お酢、ラー油と軸が明確


タレの原材料はしょうゆ、豚脂、糖類、醸造酢、食塩、香辛料、
香味油、ポーク調味料、粉末しょうゆといった構成となってます!

最初に醤油、豚脂、醸造酢と並んでいるのが非常に印象的ですね!
とりわけこれだけ多めにお酢を入れているのは珍しいと言えます!

そして香味油についてはラー油がメインと言っていいでしょうね!

◎麺 - レギュラーサイズUFOとしては珍しいけっこう太めの麺


麺は5分湯戻しで、やや平打ち気味ながらも厚みもそこそこある油揚げ麺です!

基本の「UFO」の麺はもっちりとした粘り気を特徴としてますが、
こちらはクニッとした質感とプリッとした弾力がやや強めです!

なので、普段の「UFO」の麺とはかなりタイプが違っていますね!(*゚◇゚)

またストレート麺ではなく縮れがついているのも特徴ですね!
このあたりもやや古風な油そばを指向している感じがあります!

最近の「UFO」はときどきこうした食感の麺を使ってきますね!
タレの方向性などによって食感を調整しているのでしょうね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは534kcalとなっています!
脂質は25.4gで、やはり油そばらしく数字はけっこう高めです!

◎具材 - 最近の「UFO」にしてはけっこう具は充実


具材はチャーシューチップとキャベツという組み合わせになっています!
基本的にはいつもの「UFO」と同じ具材と言っていいのではないですかね!

最近の「UFO」の限定商品は具材がひどく少なかったりもしたので、
こうして普通の量の具材が入っているとちょっとホッとしますね!(`・ω・´)

チャーシューチップはごく普通のやや甘めでやわらかいものですが、
それでも肉の風味によって全体の味わいを大きく底上げしてくれます!

キャベツは量はまあまあ普通ですが、なんだかずいぶんと細かいですね!

◎まとめ - 伝統的な油そばを強く意識した超正統派の仕上がり


スナック的でワイルドさを強く打ち出すカップ油そばが多い中、
あえて伝統的な味わいを強く打ち出したあたりは特徴的でしたが、
「普通」ぽさが強く、やや個性が弱いかなと感じる面はありましたね!

ただカップ油そばはどうしても大盛のコンビニ向け商品が多くなりがちなので、
あえてスーパーでの購買層にわかりやすい味で浸透をはかってみるというのも
カップ油そば市場の拡大という点で見ると大事なことなのかもしれないですね!

今後レギュラーサイズのカップ油そばが増えるきっかけになる可能性もありますしね!

豚脂・醤油・お酢・ラー油でわかりやすくまとめた油そばでございました!(゚x/)モギンッ

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
この商品は麺量が90gなので、
通年商品ではないのでしょうかね?

そのわりに内容は通年商品を目指したような
オーソドックス・ベーシックな内容になっていますよね。

最近若者向けのワイルドな油そばに比べて
あえてオーソドックスな内容に仕上げている感じです。
ちょっと物足りないかもですが、飽きない絶妙の味でしたね。
たういさん、こんばんは!

自分はもともと通年商品ではないと思っていたのですが、
スーパーだと明らかにレギュラー商品の棚に並んでいて、
定着させたい意図が感じられる並べ方だったのですよね!(●・ω・)

売れ行きが安定すればレギュラー商品化する狙いなのですかね!
今のところ通常サイズの油そばレギュラー商品ってないですしね!

同じ油そばでもタイプとしては「ぶぶか」と対照的でしたね!

「ぶぶか」がいかにも現代的な油そばを指向してるのに対して、
こちらは少々過度なぐらいに古風な油そばになってましたからね!

そのあたりの方向性がファンをつかめるかどうかでしょうね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.