3/18発売 らーめん颯人監修 焦がし味噌

3/18発売の明星「らーめん颯人監修 焦がし味噌」を食べました!
明星からの「らーめん颯人監修」商品の第2弾ということになります!

◎「らーめん颯人」について


「らーめん颯人」と言えば、大阪の南森町ではもう超有名店ですね!

自分は今みたいに話題が沸騰する前にも何度か訪問していますが、
人気が急上昇してからは、少しのんびりできた夜営業がなくなり、
昼に長い長い行列を耐えないと訪問できない状態になっています;

ほんといつのまにやらハードルの高い存在になってしまいました!

でもそれだけここのお店の味が認められているということですよね!

「らーめん颯人」というと、大阪のラーメン屋を最も代表する存在である
「カドヤ食堂」の系譜を継いでいるお店としての印象も非常に強いです!

なので、本来のメインである「醤油」や「」は極めて「カドヤ」的で、
動物系を軸に複数の素材を折り重ねた複合的な旨さを魅力としています!

そんなメニューの中で異彩を放っているのが「味噌ラーメン」なのですね!

「味噌ラーメン」だけは、純粋なカドヤ的スタイルを踏襲してるというよりは、
店主さんの出身地である北海道に対する志向が非常に色濃く出てるのですよね!

油脂やスープのバランスなどにはオリジナリティも多く入ってますが、
基本的な調理のスタイルは札幌味噌ラーメン的と言っていいでしょう!

カドヤ的な繊細さと本場札幌的な調理スタイルの2つが融合した、
そのようにして生まれたのが「颯人の味噌」と呼べるでしょう!

その「颯人の味噌」がまず再現されたのが昨年発売のカップ麺で、
スープの良さを再現しつつ、総合力の高さも光った一杯でした!

再現度を高めるためにどんぶり型ノンフライを起用しましたね!

3/18発売 らーめん颯人監修 焦がし味噌

そんな「颯人」のカップ麺ですが、「味噌」は継承されつつも、
商品形態は縦型油揚げ麺と大きな変更がほどこされています!

縦型油揚げ麺はコストが抑えられて気軽に食べられる一方で、
どうしてもどんぶり型ノンフライに比べると質は落ちてきます!

その中で「颯人」の良さをどう表現しているのかに注目ですね!(*゚ー゚)

3/18発売 らーめん颯人監修 焦がし味噌(内容物)

◎内容物 - 後入れ液体スープ入り


内容物として液体スープがフタへと張り付けられています!
またカップの中には様々な具材がどっさり入ってますね!

明星の縦型は具材がかなり充実してることが多いですからね!
これは具材という点についてはまず安心できそうな雰囲気です!

3/18発売 らーめん颯人監修 焦がし味噌(できあがり)

うん、やはり具材はかなり充実した仕上がりになってますね!
最近の明星の縦型店カップは具にはかなり力を入れてます!

◎スープ - 生姜と花椒が映えつつも、深く繊細で厚みのある味噌スープ


液体スープを入れる前のスープは・・・少し花椒の効いた優しい味噌味です!(=゚ω゚)

この時点でもベースとなっている動物系などのコクは伝わり、
ややパンチには欠けるものの花椒の軽い刺激もやってきます!

そこで液体スープを入れると・・・一気に味の個性が化けてきますね!(●・ω・)

まず生姜がガツンと主張を始め、花椒の鮮烈さも一気に増します!
また味噌ダレもはいっているので、味噌の骨格も極めて明確になります!

前半で生姜と花椒がバシッと主張、味噌ダレも濃厚な旨味を与え、
そしてそのベースではしっかりと動物系の旨味が支えている、
さらに一定の油脂によってちょっとした厚みも生まれています!

この液体スープは思っていた以上にいろんな要素が詰まってました!

てっきり縦型系にありがちな普通の調味油かと思っていましたが、
調味油要素もありつつも、深みを持たせた味噌ダレ中心でしたからね!

その味噌ダレにしっかりと生姜や花椒の香味が移されていました!

この花椒・生姜・味噌のバランスだけでも高評価に値するのですが、
それだけだと下支えやスープの深みはどうなんだと思わせれますが、
そこがしっかりしているのがこのスープの大きな見どころなのですよね!

たしかに香味野菜や味噌ダレそのものが前面に出ているスープながら、
タレ勝ちとは思わせない、しっかりしたスープの下支えがあるのです!

しかもそれもどっしりとした濃厚さで支えるのとは少々違っていて、
深みがありながらもふわっと包み込むような感覚があるのですよね!

これこそが「カドヤ直系的なバランス」と言えるかもしれません!

「カドヤ食堂」は複合的な旨味のバランスをすごく大事にしますし、
一見ワイルドに見えるこの「味噌」でもそれが生きてるのでしょう!

なので、個性がはっきりしていながら油脂で押し込む感じもなく、
どこか気品やものすごく上品さを感じさせる内容でもあるのですよね!

ほんとこれはよくできたスープだなぁとうならされてしまいます!

ちなみに商品名は「焦がし味噌」となってはいるのですが、
実店舗では別に「焦がし」をアピールしたりはしてないですし、
このカップ麺においてもいかにもな「焦がし」感は特にないです!

なので、マー油などの焦がし要素は求めないほうが無難ですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚・鶏エキス、みそ、豚脂、食塩、デキストリン、
糖類、香辛料、粉末油脂、酵母粉末、酵母エキス、たん白加水分解物、
香味油、醸造酢、香味調味料という組み合わせになっています!

動物系のエキスをしっかり固め、豚脂を合わせるというあたりは、
たしかに北海道の札幌味噌系を指向していることが見えてきます!

ただそれに比べるとずいぶんと繊細さを感じさせるスープですが!

ここで昨年のどんぶり型ノンフライ版と比較してみましょう!

[らーめん颯人監修 濃厚香味焦がし味噌(どんぶり型ノンフライ)]


みそ、豚・鶏エキス、豚脂、食塩、糖類、香辛料、香味油、
粉末油脂、酵母粉末、酵母エキス、たん白加水分解物、
揚げねぎ、醸造酢、植物油脂、塩麹、香味調味料

みそと動物系要素が逆転し、香味油が少々弱まって、
焦がしの演出をしていた「揚げねぎ」が消えてますね!

なので、「焦がし」っぽさが前回より減ったのも理解できますね!

◎麺 - スープとの相性は悪くないが、普通の油揚げ麺


麺はやや平打ち系ながらも厚みのある油揚げ麺となっています!

イメージで言うなら、東洋水産の「本気盛」系に近いですが、
無骨な印象という点で言うなら、こちらのほうがやや優しいです!

食べ始めこそちょっと麺が立っているような感じになりますが、
1分もすれば穏やかになり、スープなじみも良くなってくるので、
それほどスープを邪魔することもなく普通に食べることができます!

ただスープ単体が極めて秀逸なので、比較的良質な油揚げ麺でも、
「それでももったいないなぁ」と感じるのは否めないところです!

たしかにこの状態でも十分にクオリティの高い商品なのですが、
この麺だと「突き抜けた商品」に達するには少々壁はありますね!(*゚◇゚)

ただノンフライ麺に関しては前回の商品ですでに使っているので、
気軽に店の雰囲気を伝えるという点ではこれもアリとは思いますが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は75gで、カロリーは444kcalとなっています!
脂質は18.5gで、麺量を考えればちょっと高めですかね!

◎具材 - 質・量ともにしっかりと充実


具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎとなっています!

明星の縦型店カップは全体的に具の充実度が高いですね!

チャーシューチップはやわらかく甘めの平凡なものですが、
肉感は十分あり、何より肉の量が多いのが高く評価できます!

たとえ普通の具材でも量で満足させることはできますからね!

そしてメンマですが、これも質・量ともに文句はありませんね!(`・ω・´)

明星はメンマに優れている会社で、サイズも大きく食感もリアルで、
コリコリとした食感をこれだけしっかり楽しめれば十分ですね!

ねぎは量は普通ですが、内容はしっかりとリアル系のものです!

◎まとめ - 麺が多少足を引っ張るものの、スープの完成度は極めて高い


麺はやはりノンフライ麺のほうが合っているなぁとは思いつつ、
それでも引き込んでくるだけのスープの完成度にはうなりました!

このあたりはさすがは「らーめん颯人監修」だと思わされますね!

ピシッと香味が立ち、なおかつ味噌の風味もスープ深みもある、
そんな味噌ラーメンを求めるなら迷わずオススメできる一杯です!(゚x/)モキウー

【関連記事】
らーめん颯人監修 焦がし味噌
らーめん颯人監修 濃厚香味焦がし味噌
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
かーとさんの記事見て以前の商品や大阪のお店だと思い出しました。
しかしそんなすごい行列とは超有名店なのですね~!
お店のラーメンを食べてみたいです~。
そしてある意味このお店ではちょっと異色の味噌味なんですね。
液体スープがよくできている製品は
投入したらほんとに全体の表情が変わること多いですね。
具もたっぷりの感じなのでスルーせず食べておけばよかったです。
たういさん、こんばんは!

あ、そういえばたういさんはこの商品はスルーでしたか!

自分の家の近くのファミマではすごい扱われ方をしてましたね!
棚の一番上を自作巨大ポップつきで完全に占拠していましたし!

「颯人」はカップ麺を通じてさらに知名度を上げた気もしますね!(●・ω・)

味噌の人気も高いでしょうし、醤油や塩も非常に安定感があるので、
今はもう大阪を代表するお店の1つと言っていい存在でしょうね!

麺が東洋水産の本気盛っぽいのは多少弱点ではありますが、
それでもスープの質の高さはしっかり伝わってきましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
焦がし味噌ですか。
いい味になってそうだなぁ(^。^)
よしおさん、こんばんは!

スープに関しては個性的でいい味に仕上がってましたね!
麺は普通ながらも、スープは十分納得のいく内容だと思います!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.