6/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 油そば

6/17発売の東洋水産「マルちゃん 正麺 カップ 油そば」を食べました!
「正麺カップ」の汁なしシリーズからついに「油そば」が出ました!

6/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 油そば

このところ「正麺カップ」は汁なし商品の開拓に意欲的ですね!

ノンフライ麺を使った商品は古くからいろいろと出ているのですが、
汁なし商品に関してはあまり広がらなかった経緯があるのですよね!

一時期ノンフライ麺の汁なし商品が広がる流れができたこともありましたが、
それも一過性に終わってしまって数年もせずにしぼんでしまいましたからね;

ただここ数年はやっとノンフライ系の汁なし商品が定着しつつあります!(*゚ー゚)

期間限定の商品という枠組みでも新作が見られるようになりましたし、
凄麺・THE」シリーズなどではレギュラー商品も登場してきています!

そんなノンフライ麺の汁なし系で最も成功してるのは「汁なし担担麺」ですね!
レギュラー商品もいくつかあり、なおかつ新作もけっこう頻繁に登場します!

「汁なし担担麺」はねりごまの濃度が大きなカギになってくることから、
本来であればタレでガツンと強烈な濃度を見せつけたいわけですよね!

ですが、油揚げ麺だとどうしても麺の脂質とかぶってしまうため、
タレをヘヴィにすると、全体があまりに重くなりすぎるのですよね!

ここでノンフライ麺を起用すると麺がそうした重さを持たないので、
タレを濃厚路線にしたときにそれがストレートに生きてくるのですよね!

さらに昨今の麻辣ブームが汁なし担担麺の存在をさらに押し上げていて、
ノンフライ麺の汁なし系統としては完全に主流として定着しつつあります!

一方でまだ「焼そば」や「油そば」のジャンルはまだ少し弱いのですよね!

「焼そば」は油揚げ麺で有名シリーズが数多く存在してその壁が分厚く、
「油そば」はゴリゴリに攻めることが望まれるジャンルということもあり、
油揚げ麺の持つ重さとの相性がいいということがあったりしますからね!

しかしながら「焼そば」や「油そば」もノンフライ麺を求める声はあるはずで、
そこを「正麺カップ」シリーズが麺の高いクオリティを武器に攻めてきています!

汁なし商品はスープあり商品よりも麺の質がダイレクトに生きてくるので、
麺をウリとする「正麺カップ」としてはどうしても狙いたいでしょうしね!

このジャンルを制圧することがブランドとしての価値を高めることにもなりますし、
ニーズはあるはずなのにどのメーカーもまだ定着に成功していないジャンルで、
その地位を確保するとそれ自体が大きな価値を持つことになってきますからね!

それだけにここ最近の「正麺カップ」の挑戦は注目に値するものがあります!

6/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 油そば(内容物)

◎内容物 - かやくと液体ダレのみというシンプルスタイル


内容物はかやくと液体ダレのみと非常にシンプルになっています!

「油そば」はジャンク路線の商品も多いだけにマヨがよくついたりしますし、
ふりかけも入ることが多いですが、この商品ではそういう要素はありません!

とにかくシンプルにタレと最低限の具材だけで勝負するという姿勢です!
とすると、これは王道系の「油そば」の味わいが期待できそうですね!

6/17発売 マルちゃん 正麺 カップ 油そば(できあがり)

シンプルながらもきちんと肉具材が入っているのはうれしいですね!

◎タレ - 王道の「東京風汁なし中華そば」系の油そば


まずはタレですが・・・うん、これは間違いなく王道路線の味ですね!(●・ω・)

ラードと植物油脂のコク、チャーシューダレ的な軽い甘みと丸みのある醤油ダレ、
動物系スープの旨味、酢の酸味など、王道系油そばの基本形を押さえています!

タイプ的には懐かしいタイプの中華そばを汁なしにしたような感じですね!
中華そばの醤油ダレに酢と油脂を加えて油そばらしくしたという雰囲気です!

一方できれいにまとまりすぎている感もあって、インパクトはあまりないですね!

このタイプの油そばは比較的よくありますが、攻めている味わいではなく、
むしろ徹底的に守って安定感を重視したような味わいと言っていいですね!

油そばって油脂が多いので、どうしてもヘヴィで人を選ぶ側面がありますが、
この商品は油そばではありながらも、そこまでどっしりとした感じはないです!

実際にこの商品の脂質は13.2gと、油そばとしては非常に低い数字ですしね!
もちろんノンフライ麺だからでもありますが、それを考慮しても少ないです!

そうした油の重さが軽めで、王道的な中華そばの味を指向していることから、
誰も安心して食べられる人を選ばない間口の広い味になっているとも言えますが、
一方で油そばならではのパンチを求めるともう一押し欲しいとも思えてきます!

実際に自分がこの油そばを食べていて一番おいしいと思った瞬間は、
最後に底に少し残った油脂を絡めて食べたときだったのですよね!

この瞬間は「これぞ油そばの旨さ!」とうならされるものがありました!(*゚◇゚)

それは言い換えれば、多少人を選ぶことにはなってしまうかもしれないですが、
油脂の量を増やせばそれだけで爆発力のある味になったということなのですよね!

油脂を増やすだけで完成度が一気に上がるだけのタレの旨さがあるということでもあり、
「よくできているのにピースが1つ足りない」と表現することもできる感じでしたね!

なので、「おいしいけど何だか物足りないなぁ」と思ってしまう場合は、
自分でラー油やラードを追加するというのも1つの手ではあるのでしょうね!

それだけで一気に味が化けて可能性をしっかり秘めてはいますからね!

「正麺カップ」はどうしても万人受けが狙うがゆえに仕方ない面もありますが、
一方で「ここで攻めてくれれば文句なしの一杯だったのに」とも思いますね!

◎タレの原材料


タレの原材料はしょうゆ、豚脂、植物油、ポークエキス、チキンエキス、
香味油脂、醸造酢、砂糖、酵母エキスという組み合わせになっています!

この原材料を見ると、酢以外は普通の中華そばとほぼ変わらないですよね!
いかに王道系の中華そばの路線を忠実になぞっているかが見えてきますね!

◎麺 - 汁なし向けノンフライ麺として文句のないクオリティ


麺は汁なし向けに調整されたやや平打ちよりのノンフライ麺です!

焼そば」や「汁なし担担麺」のときはほぐれが悪く感じましたが、
今回は徐々に改良されてきたのかそうした不満も感じなかったですね!

そうなってしまえば、「正麺カップ」は麺の食感が非常にいいですし、
まさにリアルな中華麺と呼べるだけの質の高いコシを備えているので、
「麺がおいしい油そば」としては文句のないパフォーマンスを見せます!

この麺なら、今後も様々な汁なし系商品にも挑戦していけるでしょう!

そうなると、むしろタレのバランスの取り方こそがカギになるかもですね!(`・ω・´)

「正麺カップ」の汁なしはちょっと守りに入りすぎな印象がありますからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは453kcalとなっています!
脂質は13.2gで、油そばとしてはもう少し多くしてほしいですね!

この「正麺カップ」の汁なし系が偉いのは麺量が90gという点です!

ノンフライ麺はどうしてもコストがかかるので麺量が減りがちですが、
その中で汁なし系商品の標準である90gをきっちり守っていますからね!

「ノンフライ麺の汁なし系は油揚げ麺に比べてボリュームが少ない」、
そうしたことを言わせないだけの麺量を備えているのは大きな武器です!

◎具材 - マルちゃん自慢の豚肉が光る


具材は味付豚肉、なると、ねぎという組み合わせになっています!

やはり主役は東洋水産の武器である味付豚肉でしょうね!(=゚ω゚)

東洋水産の味付豚肉はほんとそのリアル感が素晴らしいのですよね!
食感、風味ともに抜群で、今回はしっかりと量も入っていますね!

ねぎも王道中華そば系油そばにおける薬味としては外せない存在ですし、
なるともそうした雰囲気を高めるうえで大いに貢献してくれていますね!

◎まとめ - パーツは素晴らしく、あと一歩攻めれば確実に名作になる


醤油ダレの質も良く、醤油と酢のバランスなどもよくできていますし、
麺に関してはほぐれも良くなって「さすが正麺カップ」と言えるものとなり、
1つ1つのパーツで見ればかなりよくできているところがたくさんあります!

それだけに油脂の弱さ、これだけが自分としては残念でなりませんね!

もしこの商品がラードを増量して脂質を20gまで引き上げてきたなら、
おそらく自分はもろ手を挙げてこの商品を大絶賛することでしょうね!

東洋水産さん、最初はこの無難な味で定着をはかるのもいいと思いますが、
その後では油脂の旨さが光る真の「油そば」にリニューアルさせてほしいですね!(゚x/)モギュギーン

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
この商品はまさに王道の定番狙いの製品でしたよね。
製品内容も王道でふつうに美味しかったのですが、
なんかオーソドックス過ぎて印象に残らなかったです。
なんかどこかに「これ!」といったものがほしかったですね。

麺は流石に正麺だけにこだわったクオリティの高い麺ですが、
個人的には凄麺の麺のほうが好きかも。
具の安定感は正麺らしくよかったと思います。
たういさん、こんにちは!

ほんとストレートにわかりやすい油そばでしたね!
でもって油脂が強すぎず食べやすさもありました!(●・ω・)

一方で自分のような油そばががっつり好きな層からすると、
「もっと豚脂を!」を思ってしまうところもありましたね!

そうすれば麺がいいだけに一気に化けた気もするのですが、
一般層を狙うとすると、そのラインは取りにくかったのかもですね!

麺は正麺もいいですが、凄麺の汁なしも優秀ですからね!
今回は凄麺の麺だと完全に麺勝ちしたようにも思いますが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
けっこう麺物を食べられてますねぇ。
すごいですねぇ~。味はけっこう変えてるから大丈夫そうですが、同じ麺ものばかりだとあきちゃったりしないですか?
よしおさん、こんばんは!

もともと麺料理全般もカップ麺も好きなのでそこは平気ですね!

ただどうしてもブログネタとしてカップ麺を食べている以上、
多少の義務感があるので、そこが少し負担に感じることはありますね(;゚ω゚)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.