麺と心 7 冷やし鯛塩そば

今年の冷やし第3弾を求めて「麺と心 7」へとやってきました!

一応は7月の月別限定狙いという意味も込めて来たのですが、
今回の冷やしは6月下旬ぐらいから提供が始まりましたね!

ここまで今年の「麺と心 7」の冷やしは、
冷やし中華そば(塩)」と「冷やしラー油肉そば」が出てますが、
今回の第3弾が登場したことで、第2弾の「ラー油肉そば」が外れ、
冷やしは第1弾の「冷やし中華そば(塩)」との2本態勢になりました!

「麺と心 7」では、昨年の8月のレギュラーメニュー改定により、
「鯛だし100%」の「鯛そば(塩)」が新規追加されましたが、
今回の商品はその冷やしバージョンという意味合いも持っています!

ただ自分はノーマル版の「鯛そば(塩)」はいまだに未食なので、
温かいバージョンと比較しながら食べることはできないのですが(;゚ω゚)

麺と心 7 冷やし鯛塩そば

うん、一見するとあまり冷やしっぽく見えないビジュアルですよね!
やや濃厚そうな鯛スープを連想させるような見た目となっています!

◎スープ - 素直で臭みのない鯛スープは冷やしにも合う


まずはスープですが・・・思った以上にストレートな鯛の味わいですね!(●・ω・)

このところややブーム化している鯛の鮮魚系のラーメンではありますが、
どうしても少なからず鮮魚の持っているクセは出るものなのですよね!

しかしながら、このラーメンは鯛の持っている個性は引き出しながらも、
クセや臭みなどは感じさせない、上手く処理されているのがわかります!

このあたりは鮮魚系ラーメンの先駆けにあたるお店ならではでしょうね!
鮮魚のスープの扱いにそれだけ手馴れているということが伝わります!

鮮魚系のスープならあえてガンガンに個性が出るほうがいいこともありますが、
今回は冷やしということで、あまり個性が出ると好き嫌いも分かれそうなので、
冷やしとして受け入れやすいバランスに整えてきたのは良かったと言えますね!

また冷やしラーメンは全体的にすっきりとしたスープになりがちですが、
こちらは鯛白湯ベースなので、一定のまろやかさも持っているのですよね!

冷やしながらも厚みがあり、なおかつ鮮魚系の持つクセや臭みは弱い、
冷やしラーメンの一つの新しい形を提示する一杯と言えるでしょう!(*゚ー゚)

温かいほうの「鯛そば」が鯛100%でスープを取っていることを考えると、
こちらも鯛以外の素材はあえて使わないという方針かもしれないですね!

あるいは使っていてもごくごく少量のみというふうに考えられます!

◎トッピング - 水なすがさわやかさを演出


トッピングはレアチャーシュー、水なす、かいわれ、海苔、ねぎとなってます!

それにしてもこのお店のレアチャーシューはずいぶん変わりましたね!(*゚◇゚)

数ヶ月前まではもっとねっとりとした肉感のレア感の強いものでしたが、
今のレアチャーシューは少しシャクッとしたような質感になっていて、
また表面に炙りが入ることで、香ばしさも持つようになったのですよね!

今回は前回に比べるとやや脂身が多めの部位が使われていますが、
脂身もスッと歯が通り、以前に比べると食べやすさが増しています!

そして水なすはやわらかく、それでいてフルーティーな甘さがあります!
野菜ではありますが、夏向けのフルーツのような感覚も抱かせますね!

これによって「夏のさっぱり系ラーメン」らしさが強まっていますね!

かいわれとねぎの薬味は、全体の味をピシッと引き締める役割ですね!

麺と心 7 冷やし鯛塩そば(麺のアップ)

◎麺 - みずみずしさのあるプリッと弾ける平打ち麺


そして麺ですが・・・実にみずみずしさを感じさせてくれる麺ですね!(`・ω・´)

冷やしらしいプリプリとした質感が強めの麺ではありますが、
過剰にブリブリと暴れる感じはなく、食べやすいラインです!

冷やしに上手く合うように調整しているという感じがしますね!

すすり心地がなめらかで、食べてみるとちょうどいい弾力が楽しめる、
暑い季節にスルスルと勢いよく食べるのに向いた麺と言えるでしょう!

◎まとめ - 冷やしながらもコクがあり、クセはないバランスのいい一杯


単に鯛系の冷やしというだけでなく、スープを白湯系でまとめ、
白湯ならではのコクを与えながらもさっぱりと食べられるという、
他のお店の冷やしにはない独自の個性をしっかりと持ってましたね!

今回はレギュラーメニューの冷やしバージョンという側面もあるので、
このお店の持っている個性が最も素直な形で出ているとも言えそうです!

他ではなかなか味わえない鯛白湯の冷やし、味わってみるのもいいでしょう!(゚x/)モキーキュ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 冷やし鯛塩そば(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー その1(2018年8月)

麺と心 7 メニュー その2(2018年8月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
ほう、鯛だしの冷やし白湯ですか!
これはとても興味深いラーメンですね。

自分も先日の袋麺の冷やしラーメンですっかり冷やしファンになりました。
鯛だしとか繊細なものをスープにした冷やしはとても興味深いです。
ノーマルの塩味のほうでも十分なので食べてみたいです。
たういさん、こんばんは!

魚介系の冷やしラーメンはずいぶんと増えていますが、
白湯で鯛というのはその中でもけっこう珍しいですね!(●・ω・)

やっぱり冷やしは魚介ベースのほうが作りやすいのでしょうね!
油脂も含めて、凝固してしまうリスクがあまりないですからね!

「魚介ベースだけど和風とはちょっと違う」、
このあたりが冷やしラーメンの面白い点ですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
おいしそうだね。
よしおさん、こんにちは!

はい、鯛の旨味がしっかり出てておいしかったです!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.