8/26発売 麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ

8/26発売の日清「麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ」を食べました!
ご当地ラーメンをカップ化する日清の「麺NIPPON」からの新作です!

8/26発売 麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ

それにしても和歌山ラーメンとは、超王道路線で来ましたね!
ただ気になるのは「行列のできる店の」という表記なのですよね!

もともと日清が出しているカップの和歌山ラーメンというと、
「行列のできる店のラーメン」ブランドが代表なのですよね!(*゚◇゚)

今回の商品名は明らかにそれを意識していることがわかります!

とすると、この商品をきっかけにブランドを移行するのですかね!

ただ「行列のできる店のラーメン」は基本的に300円ぐらいの価格、
こちらの「麺NIPPON」は200円を超えるぐらいの価格帯となるので、
おおよそ70~80円ぐらいは価格が下がることになるのですよね!

そうすると当然ながら製造コストも下がってくるわけですし、
その中でどうクオリティを維持しているかが注目されますね!

8/26発売 麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ(内容物)

◎内容物 - ノンフライ麺だが粉末スープは先入れ方式


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという構成です!

多くの粉末スープは先入れ指定のものを後入れにしたとしても、
基本的に問題は生じないのですが、今回は先入れがオススメです!

とろみ成分が少し入るので、後入れだとダマになりやすいのですね!

8/26発売 麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ(できあがり)

チャーシューは平凡ですが、見た目はなかなか整っていますね!

◎スープ - 太さのある豚骨醤油だが、豚骨の厚みがもう少し欲しいか


まずはスープですが・・・油脂がそこそこ強めの和歌山風豚骨醤油です!(●・ω・)

ベースの豚骨はまったり、骨っぽい豚骨の太さはないですが、
下支えをするという点から見れば十分な厚みは持っています!

醤油ダレは醤油の強さが前面にガンガン立つほどではないですが、
和歌山ラーメンらしく醤油の風味はきちんと感じられますね!

ただし一般的な和歌山ラーメンが醤油が強めなのが多いのに対し、
こちらは明らかに豚骨が主役で、醤油はサブ的な位置付けですね!

そしてもう一つポイントとなっているのは厚めの油脂ですね!(*゚ー゚)

メインは豚脂で、これによって豚の風味とコクを強化してます!
一応は鶏脂も入っているようですが、これはサブ的な感じです!

トータルとしては、一つの和歌山ラーメンとしてよくまとまってますが、
ただそれは「販売価格を考慮すると」という注釈はついてきますね!

以前の「行列のできる店のラーメン」ブランドのときにあった、
「明らかに一段上の高級感」まではさすがに感じられないです!

「あぁ、220円ぐらいの価格相応になったなぁ」という感はありますね!

これについては価格帯が変わったのだから当たり前ではありますし、
300円クラスのクオリティを求めてしまうのは酷なのはわかってますが、
やはり前身がすごかっただけに、どうしても比較はしてしまうのですよね;

もし前身と無関係に出ていたら、もっと素直に評価できたでしょうけど!

「220円ぐらいの和歌山ラーメンとしてはたしかにおいしいけど、
行列の頃と比べると価格とともに味の質も落ちた」感は残りますね!

◎内容物 - できるだけ「行列」シリーズの頃を踏襲


スープの原材料はポークエキス、動物油脂(豚、鶏)、しょうゆ、
チキンエキス、ポーク調味料、糖類、小麦粉、たん白加水分解物、
香辛料、チキン調味料、ポーク調味油、食塩、酵母エキス、植物油脂です!

ほとんどの原材料は並びも含めて「行列」時代とほぼ同じですね!
ただ栄養成分が異なるので、配合が異なるのは間違いないですが!

いずれにしても「行列」時代に培った味をできるだけ継承しつつ、
「麺NIPPON」の価格帯にまとめたと言えることはたしかでしょう!

◎麺 - いかにも「麺NIPPON」らしい細めのやや低加水の麺


麺は「麺NIPPON」らしい、中細のノンフライ麺が採用されてます!(=゚ω゚)

もちもち感は弱く、多少加水が低い粉っぽさも感じる麺ですね!
ただ最大の弱点は、相変わらず麺のほぐれが悪いという点ですが;

このあたりはどうしても日清はなかなか改善されないのですよね!

スープとのバランスで言えば、ややスープ勝ちと言えますね!
強いスープと比べると、麺単体としての主張はやや控えめですし!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは440kcalとなっています!
脂質は16.5gで、そこそこ高めの数字にはなってますね!

行列時代は同じ麺量で脂質18.6gで471kcalだったことから、
やはり今回のリニューアルで厚みがやや下がってるでしょう!

自分の予想としては、豚脂などの動物油脂が減ったというより、
豚骨スープが抱いている乳化油脂が減ったような気がしましたね!

これは感覚的なスープの厚みへと影響したような感がありました!

◎具材 - チャーシュー以外は「行列」を継承


具材はチャーシュー、花かまぼこ、メンマ、ねぎとなってます!

具材の構成自体は「行列」時代の頃と全く変わってないですが、
チャーシューに関しては明らかなコストダウンが見られますね!

今回のものはいかにもカップ麺的なごく普通のものでしたし!(`・ω・´)

一方の花かまぼこについてはけっこう頑張っていますね!
大きめのサイズで、和歌山ラーメンらしい雰囲気が出てます!

メンマもほどよいコリコリ感で量が多く、ねぎもノーマルで、
このあたりは「行列」時代を上手く受け継いでいる感じですね!

◎まとめ - 価格を考えれば上々、でも前作にはやはり劣る


「220円の和歌山ラーメン」として見ればよくできています!
なので、その点では十分に頑張っていると言っていいでしょう!

ただ「行列」シリーズの和歌山ラーメンのファンだった人に対して、
ストレートにオススメできるかというと、そこはやはり躊躇しますね;

「方向性は維持してるが、やはり価格相応の変化はある」ということを、
どうしても感じざるを得ないものとなっているのは否めないところです!

まぁ、70円近くも価格帯が下がれば当然そうはなるでしょうけどもね;

「そこそこの価格」と割り切れば十分に楽しめる和歌山ラーメンでした!(゚x/)モギール

【関連記事】
麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ
麺NIPPON 宮崎辛麺
麺NIPPON 京都金色鶏白湯ラーメン
麺ニッポン 信州王様辛味噌ラーメン
麺ニッポン 長崎ちゃんぽん
麺ニッポン 京都背脂醤油ラーメン
麺ニッポン 博多とんこつラーメン
麺ニッポン 札幌濃厚味噌ラーメン
麺ニッポン 喜多方ラーメン
麺ニッポン 青森濃厚煮干ラーメン
麺ニッポン 函館塩ラーメン
麺ニッポン 尾道ラーメン
麺ニッポン 横浜家系ラーメン
麺ニッポン 八王子ラーメン
麺ニッポン 信州味噌ラーメン
麺ニッポン 近江ちゃんぽん
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
やはり価格なりの部分は感じられますね。
でももう和歌山以外はスポット商品しかなかった
行列シリーズだったのでもうその存在価値は無しと判断したのでしょう。

なんかシリーズ自体もチルド麺ブランドになっているし、
カップ麺のほうは停滞して宙ぶらりんだったので、
この麺NIPPONへの移管は妥当だったと思います。

製品内容もそれなりに良かったと思いますし、
以前の行列を食べた人のほうがおそらく少ないので
比較でクオリティダウンしてもわからないでしょう。
でもせめて行列がお店あったら最後にもう1回食べてみたいものですね。
たういさん、こんばんは!

かつて一つの看板だったブランドが消えるのはさみしいですね;
ただ今後もスポット商品だけはときどき出るのかもしれませんが!(●・ω・)

いつのまにか「行列」も「Spa王」もカップ麺からは消えて、
冷凍食品だったりチルド麺だったりがメインになってますしね;

今はなかなか「行列」の価格帯のカップ麺は厳しいのかもですね;
とはいえ、どうしても「さみしいなぁ」という思いはありますが!

「行列」の和歌山の固定ファンの人はがっかりしてるかもですね!
そうでもない限りは方向性は近いのでおおむね満足できるのですかね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
和歌山のラーメンですか。
おいしそうだね。
よしおさん、こんばんは!

和歌山ラーメンはもうご当地系の中でも有名ですからね!
豚骨醤油ラーメンの代表格といった位置づけですね!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.