和 dining 清乃 なんばラーメン一座店 清乃和歌山ラーメン

「なんばラーメン一座」にある「和 dining 清乃」に行ってきました!

「和 dining 清乃」というと、和歌山の超有名店ですよね!
一時期食べログで全国1位の評価を得ていたこともありますし!

ただ本店が和歌山の有田市なので、非常に遠いのですよね;

その次に近いのが近鉄和歌山なので、行けなくはないものの、
自分にとっては行きたくても行けない最後の砦だったのですよね!

でもそんな「和 dining 清乃」がついに大阪に進出したのですよね!(`・ω・´)

「エディオンなんば」にできた「なんばラーメン一座」に、
他の有名店と同じく出店されることになったのですよね!

今年6月の出来事で、これで「清乃」に行きやすくなりました!
なので、いずれはここに訪問してみようとは思っていたのですよね!

また現在は梅田の堂山にも「清乃」が店舗を出しているのですよね!
今年に入ってから大阪への進出が大幅に進んでいると言えそうです!

どのラーメンがメインなのかは正直わかってなかったのですが、
やはりここは券売機の左上だろうと思って購入してみました!

「清乃和歌山ラーメン」という王道の和歌山ラーメンですね!
新世代の和歌山ラーメンの味をじっくり楽しんでみたいですね!

和 dining 清乃 なんばラーメン一座店 清乃和歌山ラーメン

ということで、「清乃和歌山ラーメン」がやってきました!
和歌山ラーメンとしてはかなりスープの濃さが目立ちますね!

自分はそこまで醤油が強いのが得意ではないということもあり、
この色にはちょっと警戒してしまうところもあったりはします!

◎スープ - 和歌山ラーメンとしてのバランスが極めて秀逸


まずはスープですが・・・おぉ、これは和歌山ラーメンとして秀逸ですね!(●・ω・)

土台となる豚骨スープの厚み、ここはまずしっかり感じられます!
コクを生み出すうえで十分な厚みの豚骨の風味が出ていますね!

またスープの中にはちょっとした肉片も多く見えるのですよね!
これはおそらく豚肉の肉片で、骨と肉の旨味の融合でしょうかね!

強烈な豚骨臭などをアピールするものではないですが、厚みは深く、
全体をどっしり支えるという点では文句なしの豚骨と言えるでしょう!

そしてそこに重なる醤油ダレですが・・・これがまたいいのですよね!(*゚◇゚)

これだけ色が濃いと醤油の個性やキレがものすごく強いのかと思いきや、
醤油の風味は生きつつも、味の鋭さなどはほとんどないのですよね!

醤油の持つ丸みと風味、その中からチラッとキレも覗くような感じですね!

なので分厚い豚骨を醤油の旨味で包み、軽いキレによって軽く引き締める、
これだけ絶妙なバランスで豚骨と醤油が合わさっているのは見事でしたね!

またスープの表面に浮く油脂はなく、油脂は全てスープが抱き込んでます!
これまた表面的な油脂感よりも、総合的な厚みの演出に貢献していますね!

なるほどこれはたしかに新世代の和歌山ラーメンだなと感じさせてくれますし、
何より随所のまとめ方が上手くて、非常にきれいに整えられていると感じました!

◎トッピング - 薄切りレアチャーシューが魅力的


トッピングは薄切りレアチャーシュー、メンマ、青ねぎです!

青ねぎはごく普通の薬味で、そこまで特筆すべきものはなかったですね!
自分としてはこのスープはねぎはもうちょっと少なめでもいい気はしました!

メンマはかなり極太ながら、これをゴリッと食べるのが快感でしたね!(*゚ー゚)

最近はやわらかい穂先メンマなどがラーメン屋の主流になってますが、
あえてこうした材木メンマを打ち出してくるのもいいものなのですよね!

そして薄切りレアチャーシューは大きくて2枚入ってくれていました!

自分は厚みのあるレアチャーシューは少々苦手だったりするので、
このサイズのレアチャーシューはかなり好みに合っていましたね!

少し熱を通してから食べると、自分としてはちょうどいいのですよね!
やわらかく、なおかつ肉らしい風味をしっかりと楽しめますからね!

◎麺 - ごくごくノーマルな中細のストレート麺


今回ミスして、麺の写真を撮るのを忘れるという失態をしました;
どうもこのところ勘が鈍ってしまっているところがあるようですね;

集中力がいろいろと欠けてしまい気味な状態なのかもしれません;

今回スープとトッピングは自分としてはかなり優秀に感じましたが、
ちょっと気になったのが今回のこの麺だったりしたのですよね!(=゚ω゚)

麺の太さは中ぐらいのストレートで、加水はやや低めだったのですが、
どうも食べてるときに麺のかんすい臭がいやに目立っていたのですよね!

特に前半はそれによってスープとのなじみがずいぶん阻害されていて、
麺そのものとそのかんすいの風味がやや前面に出過ぎていたのですね!

時間が経ってくると麺とスープがなじんでかんすい臭は後ろに下がりましたが、
その頃には麺の食感はゆるんでいるので、結局麺の良さを楽しめる感じはなく、
これが「清乃」の麺なのかなぁ、と思ってしまうところはありましたね!

これだけのお店だったら普通は麺だけがここまで浮いたりしないでしょうし、
麺の食感などもスープに比べると一段弱いような印象を抱いたことから、
「これが本来の形なのかなぁ」と思ってしまうところはありました!

スープと具材が優秀だっただけに、ここは少々残念ではありましたね!

◎まとめ - 和歌山ラーメンの新世代らしい濃厚豚骨醤油


やはり何と言ってもスープのバランス感の高さにうなりましたね!

和歌山ラーメンの特色である豚骨と醤油、これをどう合わせるか、
その合わせ方としては間違いなく高水準のバランス感がありました!

豚骨の強い下支えに、醤油の風味を生かした醤油のまとめ方であるなど、
このあたりはこの「清乃」ならではと言っていいものを随所に感じました!

今は混雑もあまりないので、気軽に足を運んでみてはいかがでしょう!(゚x/)モッキルー

[メニュー]
和 dining 清乃 なんばラーメン一座店 券売機


お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区難波3-2-18 エディオンなんば本店 9F
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 
チャーシューおいしそう。
メンマはコリコリしてておいしそう。
こんにちは!!
「なんばラーメン一座」話題になってますよね。
オープン直後はスゴい人だったみたいですし、
ラーメンブロガーさんの記事も各店すごく盛り上がっていましたね!
さすがに今は落ち着いたのですか・・・。
難波なら行きやすいので一度訪れてみたいです。

清乃さんは近鉄百貨店のお店に行きましたが、
たしかにとても美味しいラーメンでしたね。
ビジュアルはかなり濃くて味も濃そうに思いましたが、
味わってみるとそんなことなく実に美味しかったです。
久しぶりに食べたくなりました。
よしおさん、こんばんは!

チャーシューは薄めでやわらかいので非常に食べやすかったです!
薄いと食べごたえが弱まりますが、サイズが大きく満足度も上々でした!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんばんは!

一座ができたときにはすごく話題になってましたね!

なんせ「清乃」と「和海」という関西を代表する2店が
どちらも入るというのはすごいことでもありましたからね!(●・ω・)

ただ難しいのはこうしたラーメン横丁的な企画は
最初は人気が爆発するのですが収束も早いのですよね;

なので自分が行ったときは最後までお店の客は自分達だけでした;

逆に「和海」などはもっとたくさん入ってはいましたが!

和歌山ラーメン以外もあるので、それもねらい目ですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
こんにちわ~

これですね!

あたしはネギましでいただいたのでビジュアルがネギでした(笑)

ラーメン一座
このお店って固定店なんでしょうか。
期間で変わるタイプのお店なんでしょうか?

以前なんばパークスにあったラーメン横丁みたいなのもなくなりましたね。
泉北のも。。。

一座がなくなる前にうかがいたいです(笑)
まうさん、こんにちは!

まさか見事に「清乃」のラーメンでかぶるとは思わなかったですね!
お店の場所は違えど、ちょうど似たようなタイミングで食べてますしね!(●・ω・)

「ラーメン一座」は固定なのか期間限定タイプなのかは謎ですね;

ただこの「清乃」と「和海」の2つは間違いなく看板にはなるので、
この2店舗に関してはできるだけ継続されるのではと思われますが!

>一座がなくなる前にうかがいたいです(笑)

実はここが一番の心配どころだったりするのですけどもね;苦笑

こういうところって、できてすぐはかなり話題になりますが、
時間が経つとあっという間に閑散としてくることが多いですしね;

なんせ今回の訪問時に関してもお世辞にも混んでなかったですし;

ただ同時にエレベーターに乗った10人ぐらいはみんなこの階目当てで、
それなりの注目を集めているのは間違いないみたいなのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.